マイトレーヤを受け入れることができなければ - Aquarius

マイトレーヤを受け入れることができなければ 

「大宣言の日」の奇跡が起きたとき、マイトレーヤの存在を疑うことはできなくなりますが、全員が喜ぶかというと、そうではないようです。

大多数の人が喜んでいる間、マイトレーヤが「反キリスト」だと思っている人は不安な気持ちでテレパシーを聞くでしょう、とベンジャミン・クレーム氏は言っています。

「反キリスト」に対する強い警戒心を持つクリスチャンはマイトレーヤが間違った方向に世の中を導くことを懸念しています。

キリスト教以外の様々な宗教の信者の中にもマイトレーヤを受け入れない人がいるとのことです。

もちろん、マイトレーヤをキリスト(世界教師)であると認める必要はありません。

覚者方にとって人間の自由意志は神聖なものです。

マイトレーヤや覚者方に賛同しない場合は、何か悪いことが降りかかりますか、という質問に対して、そんなことはありません、とクレーム氏は答えています。

マイトレーヤは邪魔な人を取り除きますか、という質問もありますが(!)そんなことをする人は世界教師ではないとのことです。

ただマイトレーヤの提唱される分かち合いに基づいた社会の変革を受け入れなければ、もったいないことになるとのことです。

「彼らは傍らに立って状況を見守り、歴史上初めて世界の変容に参加するという、与えられた機会を失うでしょう」とクレーム氏は述べています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/33116k/r63ukg/xchu67
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/970-e078acff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top