「続・未来からの生還」 - Aquarius

「続・未来からの生還」 



「続・未来からの生還」に書いてあることですが、ダニオン・ブリンクリー氏は臨死体験で得た超能力をギャンプルに利用した時期がありました。

ゲームやレースなどの結果を予知できるので、ギャンプルする人たちの間で引っ張りだこになったのです。

ところが、ギャンプラーたちは儲けたお金の半分は困った人に寄付すると事前に約束していても、実際儲かった後は自分のものにしてしまいます。

賭け事に超能力を利用したくないと考えたブリンクリー氏は、やがてホスピスでカウンセリングをするようになりました。

死期が近い患者にあの世の話をし、心の準備の手助けをするボランディアの仕事です。

これが自分の使命だと感じ、30年たった今でもブリンクリー氏は仕事を続けています。

人々の過去や心の中を読むことができるので、患者の人生を一緒に振り返るときに非常に役にたちます。

重要なポイントがすべて映像とし視えるので、患者のほうからたくさん説明しなくても、よくわかるのです。

そしてブリンクリー氏自身が一度死んでいるので、あの世の話には説得力あり、怖がっていた患者も心穏やかになれます。

ホスピスにいる患者たちは率直に自分の気持ちや「死」や「あの世」について語り合える相手を求めているとのことです。

スピリチャルなカウンセリングをすることによって自分自身も癒されるとブリンクリー氏は言っています。

人間は肉体だけではなく、霊的な存在であることを改めて確認でき、この世の悩みも小さく見えてくるとのことです。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/964-21bf8ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top