スピリチャルな危機に陥っている - Aquarius

スピリチャルな危機に陥っている 

にほんブログ村の「のんびり行こうぜトーナメント」に参加します。

人の歩く速度が速くなったように感じると桜井章一氏は著書「努力しない生き方」で書いています。

10年、15年前と比べても速くなった印象で、「社会の変化のスピードとビジネス社会の競争の激化」と関係していると桜井氏は見ています。

「忙しいからだけではない。今の人たちは不安も焦りも強いので、前へ進もう、進もうという気持ちが強くなって歩きを速めているんだと思う」と述べています。

以前に比べて速度が速くなったという実感は私にはありませんが、群衆の中にいると殺気立った雰囲気が増したようにも思います。

前へ進もうという気持ちは「もっと、もっと」の欲望と同じで、物質主義の競争社会に特有のものなのかもしれません。

「走るように仕事をしたり生活するのはいいことではない。走ってばかりいると精神は消耗して、失敗も多くなる」と桜井氏は言っています。

確かに効率とスピードを優先した結果起きる事故は多く、事故にならなくても、個々の生活への悪影響は大きいと思います。

人類はスピリチャルな危機に陥っている、と覚者方は言われていますが、知らず知らず、負担を抱えているのです。

日常生活において「のんびり行こう」と心がけ、ゆっくり歩いたりすることは大事です。

でも覚者方が言われている通り、社会システムそのものが変わらない限り、根本解決にはならないでしょう。

桜井氏は「勝つ」ことが至上の目的になれば、「手段を選ばなくなり、おのずと仕事でも人生でも卑しく汚いものが入ってくる」と言っています。

社会を変えて、卑しく汚いものを取り除いていく必要があります。
スポンサーサイト

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/933-5911b3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top