世の終わりではなく、新しい時代が始まる - Aquarius

世の終わりではなく、新しい時代が始まる  



にほんブログ村の「2012年12月「終末の日」その時あなたは…トーナメント」に参加します。

2012年12月21が「地球が滅びる日」だと思ってフランスの小さな村に大勢の人たちが殺到したようです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121129-00000001-pseven-int

「終末の日」が来たら、心穏やかに過ごしたいものです。

その日は実際には遠い未来のことで、それまで人類は今より大きく成長し、死の恐怖を克服しているので、スムーズに地球を離れることができるようです。

終末論は西暦2000年になる時も話題になりましたね。

2012年の終末論も全くのファンタジーだとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

マヤ人のカレンダーが2012年で終わっているのはマヤ人が病死してしまったからであり、2012年に重要な意味はないとのことです。




世の終わりどころか、これから2350年続く黄金の時代が始まります。

はるかに進化した覚者方と共に暮らすAquarius(宝瓶宮)の時代です。

「正式」な新時代の幕開けはマイトレーヤがテレパシーで世界中の人々にメッセージを送る「大宣言の日」になるようです。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/swl9d8/fkmww5/nu99he
スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・時事問題  ジャンル: 政治・経済

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/835-62a10c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top