ひもじい人を助ける - Aquarius

ひもじい人を助ける 




漫画家のやなせたかし氏は戦争の体験で一番辛かったのはひもじいことで、それがアンパンマンというキャラクターを作るきっかけだったと語っています。

「世界中にはひもじい子ども、飢えた人がたくさんいる。もし、正義の味方なのだったら、まずひもじい人を助けるほうが先じゃないか。それが、ヒーローとして正しいのではないかと思ったわけです。」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110527/1035910/?P=5

ベンジャミン・クレーム氏によると、マイトレーヤはヒーローして飢餓を撲滅しませんが、マイトレーヤのエネルギーによって、私たちがその問題に取り組むよう鼓舞されるとのことです。

「大宣言の日」の後のマイトレーヤの第一の優先事項は飢えている人を助けることです。
http://www.sharejapan.org/maitreya/mai_02_01.html

食料不足という説がありますが、世界の食料は過剰気味であるのが現実であるようです。

1977の時点で、食料は世界の倉庫の中で腐敗しているとマイトレーヤは指摘されていますが、それからその状況は変わっていないようです。

画像は来年神戸にオープンするアンパンマン博物館のサイトから↓
http://www.kobe-anpanman.jp/
スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・時事問題  ジャンル: 政治・経済

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/825-40cb58dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top