死者の映像 - Aquarius

死者の映像 

亡くなった有名人の映像を使ってテレビコマーシャルを使うのはよくない、という意見を最近新聞のコラムで読みました。
「人生で一度も言ったことのない広告のセリフを言わせるのは失礼」だし、故人にはCMを拒否する権利がないからこそ、生前の映像のCM利用はやめるべきだ、と作家の清水義範氏が書いていました。
なるほど。そう言われてみればそうですね。
私も今まで何となく、そういう広告を見るとどこかで腑に落ちないところがあったのですが、やはり亡くなった人の意向を確認できないことが問題なのでしょうね。
たとえ遺族などがOKを出しても、本人がどう考えていたかは普通は確かめられませんからね。
ただ、あの世へ行った人は自分の映像をCMなどで使うな、と強く反発する人は実際あまりいないのではないか、とも思うんです。
この世のことにそれほど関与しなくなるのではないでしょうか。
余程悪い風に映像を使わってしまう場合は別として、怒ることもないような気がします。
でも確かに、コマーシャルやフィクションなどの映画では故人の映像ではなく、そっくりさんに演じてもらう方が良いと思います。 
清水氏のように「死んだ人の映像を勝手に使うのは冒とくだ」とまでは思いませんが。
スポンサーサイト

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/80-23d8ffbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top