「死者は生きている」 - Aquarius

「死者は生きている」 



この前、和田惟一郎氏著の「死者は生きている」を読みました。

本のカバーの絵がお化け屋敷の内部のようで、ちょっと不気味なのですが、内容はちゃんとしています。

コナン・ドイルと心霊現象研究協会(SPR)について詳しく書いてあります。

第1次世界大戦が勃発して初めてドイルは心霊主義者であることを明かしたとのことです。

ドイルは心霊現象が19世紀以降多く見られるようになったのは高級霊界からのメッセージだと考えたようです。

「人類が真理に目覚めなければ、もっと恐ろしい破滅が人類に起こるという警告」として受け止めたとのこと。

ドイルの時代から一世紀たっても、核兵器により破滅の可能性はまだあるわけですね。

覚者が言っておられるように「人類は存亡の岐路」に立っています。
スポンサーサイト

テーマ: 生きる  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/743-3dac55b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top