バッグもビーガンで - Aquarius

バッグもビーガンで 

今日は日本ブログ村の「イタリアなトーナメント」のために記事を書きま~す。

イタリアは高級バッグのブランドが多いですね。

私が知っているのは(持っているのではなく!)プラダ、グッチ、フルラ、ボッテガ・ヴェネタ。

すべて革製品メーカーとして始まったブランドで、今でもレザー物が強みです。

革ほど丈夫でしなやかなで、バッグや靴に適した素材は長い間存在しなかったから、革製品の伝統が続いたのは必然です。

その伝統と職人の技に敬意の念を持ちますが、耐久性に優れたいろいろな素材が開発された今、革にこだわる必要は全くなくなったと思います。

革には独特の良さがあることは確かです。

生きていた動物の「気」を含んでいる分、人工皮革にはない温かさもあります。

でも皮革製品のために年間10億頭の動物の命が奪われていることを考えると、わざわざレザーを買う気にはもう、なれないです。

http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200707051410134

高級バッグのブランドにとって一番儲かるのが革製品であると聞いたことがありますが、その通りなのかもしれません。

希少な動物の皮を使ったレア革商品は驚くほど高額です。

希少性がなくても本革であれば、メーカーとしては高い値段をつけやすいのでしょうが、発想を変える時期に来ていると思います。

プラダのビニールバッグなどありますが、もっといろいろな素材に挑戦して「脱革」を図ってほしい。

これからはビーガンなライフスタイルが広がる気配です。

http://www.veganjapan.net/vegan.html

伝統に縛られず、高級バッグブランドも早くビーガンになってほしいです。
スポンサーサイト

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/687-3a422684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top