あの世で生きている - Aquarius

あの世で生きている 

震災から一年がたちます。
あのとき、時間が止まって、すべてが終わったように感じたとしても、この世を去った人たちは別次元の中で生きています。
それぞれの人生は続いています。
そしていつか、大切な人と故郷で再会できます。
このスピリチャルな真実を忘れないように胸に留めておけば、生き抜く力になると思います。

江原啓之氏は「スピリチャル セルフ・カウンセリング」という本で死別に関して次のように言っています。

「事故や病気で親しい人を亡くすという経験は、誰にも訪れます。やさしかった祖父母、楽しい時間を過ごした友だちと死別する悲しみは、言葉に尽くせないものでしょう。けれど、スピリチャルな考え方をすれば、死は決して悲しいことではありません。たましいがこの世での経験を終えて、故郷に戻ったということです。向こうの世界では、拍手で迎えられているのです。」

「親しい人の死に直面した時は、悲しみと寂しさでいっぱいになってしまうと思います。けれど、いつまでも悲しまないでください。起きた現象を正しく受け入れられるかどうかで、人生の幸・不幸は決まります。」

「あなたがその人の死を間近で見るということには意味があります。「生きる」とはどういうことか。何のために自分は生きているのか。それをもう一度、考えてみなさい、というメッセージなのです。」

「人はみな、いつかは死を迎え、故郷へ帰る存在です。あなたの悲しみも成長も、いつもガイド・スピリットが見持ってくれています。」
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/673-4aa9edff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top