米国のベストセラー本 - Aquarius

米国のベストセラー本 




臨死体験で天国を見てきた少年の話がアメリカでベストセラー本になっているようです。
少年は今11歳ですが、臨死体験したのは4歳の誕生日前。
昔亡くなった曽祖父や母親の流産でこの世に生を受けなかった姉に会ってきたとのことです。
曽祖父や姉のことは天国へ行って初めて知ったらしいです。
http://globe.asahi.com/bestseller/110703/01_01.html

少年と家族がテレビ出演した時の動画がこちらのブログにあります。
http://longtailworld.blogspot.com/2011/03/boy-who-says-he-visited-heaven-tody.html

天国も死後の世界もない、と断言する物理学者ホーキング氏
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2800427/7226101
と同じ意見の人も多いかもしれませんが、魂が不滅であることを心のどこかで知っている人も多いはず。

ただ、確信を持てない時もあるから、ベンジャミン・クレーム氏が言うように、人間は自分の意識や存在が無になることを恐れ、死を怖がるのですね。
怖がらなくていい、人の意識がゼロになることはない、と安心感を与えてくれるのが臨死体験の人の話だと思います。

神や天国を信じなくても、宗教があってもなくても、必ず死後はあの世へ行く。
亡くなった大切な人たちにも再会できる。
ホーキング氏もいつかこの世を離れた時、思いがけない展開に驚き、そして喜ぶのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/626-060c4da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top