世界教師の日本語 - Aquarius
FC2ブログ

世界教師の日本語 

ベンジャミン・クレーム氏によると、マイトレーヤがテレビを通して人類に話しかける「大宣言の日」に、人々はそれぞれの国の言葉でテレパシーのメッセージを受け取ります。

私は言葉のテレパシーというのを経験したことがないので、これにはとても興味がありますね~

イメージが湧いてくるとか、ある事実を知らされる前に、既に「知っている」ということは経験したことがあり、それらも一種のテレパシーだったのかもしれないと思いますが、言葉が頭の中で聞こえるというテレパシーは経験したことがありません。

マイトレーヤのメッセージはフランス人にはフランス語、イタリア人にはイタリア語、日本人には日本語になって聞こえるわけですが、一人一人に合わせて「関西の人は関西弁で聞こえる可能性もある?」なんて今まで考えたりしていました。

でも「理性のゆらぎ」を読んで、マイトレーヤの日本語は標準語である可能性が非常に高いと思うようになりました。

なぜならば、青山圭秀氏によると、サイババが日本人(関西の人)に話したとき、「標準語以上の美しい、完璧な日本語」であったからです!

サイババがそのようなきれいな日本語なら、マイトレヤーも同じなのでは、と思います。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/585-551612c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top