処刑されたのはサダム・フセインのいとこ - Aquarius

処刑されたのはサダム・フセインのいとこ 

イラク元大統領のサダム・フセインに替え玉がいた、といううわさはネットでは以前から流れていたのですね。
「彼が拘束された直後からネットの世界では常識でした・・・。」とこちらのブログに書いてあります。
http://kenchan.hamazo.tv/e239026.html

ベンジャミン・クレーム氏によるとサダム・フセインには少なくとも3人の替え玉がいたようです。
2人はいとこで、1人は親しい友人だったとのこと。
http://www.share-international.org/media/dec2003.htm

処刑されてしまったのはいとこだったようです。 http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2005/nov_05.htm
洗脳を受けていたので、最後まで自分がサダム・フセインであると思い込んでいたようです。
(洗脳に関してはシエア・インターナショナルのQ&Aコーナーのどこかにありました。)

本物のサダム・フセインは爆撃で負傷し、2003年3月20日のイラクへの最初の爆撃で負傷し、2日後に死んだそうです。

なぜ替え玉が必要だったのかはっきりしませんが、元大統領の死を長期間、イラク国民に知らせないようにする策略があったのではないか、とクレーム氏は推測しています。
スポンサーサイト

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/313-74d2c698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top