キリストの再臨 - Aquarius
FC2ブログ

キリストの再臨 


画像はこちらのサイトより

キリストが再臨するのは人々の心の中においてであって、人間として再び現れるのではないと思う人は結構いるようです。

ベンジャミン・クレーム氏によると、欧米のクリスチャンの中には「再臨」とはキリスト原理が人類に現れることだと解釈する人がいます。

この考え方は全く間違っているとは言えないようです。

キリスト原理が実際に人々に現れていることとキリストの再臨は結びついているからです。

下記サイトにある最初の質問への答えで、クレーム氏はキリスト原理、キリスト意識が今、世界中で何百万もの人々に目覚めていると述べています。

https://mgz.sharejapan.org/2017/05/q-and-a/518

「それがキリストがこの世に戻って来ることを可能にした」とのこと。

でもキリストの再臨は肉体での再臨であることを知るのが重要であるようです。

1934年に出版された「キリストの再臨」というアリス・ベイリーがジュワル・クール覚者からのテレパシーで書いた本があります。

この本の中にある「再臨」という言葉は、肉体を持ったキリストの再臨であることをジュワル・クール覚者は強調されているとクレーム氏は指摘しています。

マイトレーヤは1977年ご自分でつくられた肉体で戻られ、現在、ロンドンを拠点とされているとのこと。

キリストとは覚者方のグループの長を指し、マイトレーヤはキリストという役職に就かれています。

マイトレーヤは2,000年前、ナザレのイエスをオーバーシャドウされ、当時のイエスは現在、イエス覚者です。

キリストが戻られたことを世界中の人がテレパシーで知るのが「大宣言の日」です。

この大奇跡に関するクレーム氏の説明は下記サイトにあります。

https://sharejapan.org/share/share13

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/2581-203c5335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top