チャンスを与える - Aquarius
FC2ブログ

チャンスを与える 


イラストは下記サイトより
http://www.drawingskill.com/art/29751

イギリスで子供の投獄の廃止運動をしているデイビッド・スコット博士のインタビュー記事が下記サイトにあります。

https://mgz.sharejapan.org/2019/05/politics_etc/1363

刑務所に送るのではなく、チャンスを与えるべきだと訴えています。

スコット博士によると、施設に入れられた子供たちの多くは幼い頃から暴力や危害などを経験しています。

家族の愛を知らないため、彼らはとても傷つきやすく、生き抜いていくための知恵を身に着けていないとのこと。

施設に入れられると、普通の生活を送ることは今後ないと思い、子供たちは希望を失うそうです。

「希望のない感覚を生み出す」刑務所は有害な場所で、そこにいると子供たちは薬物使用、自傷行為、自殺といった行動に走ってしまうとのこと。

イギリスでは子供の終身刑が非常に多いようですが、これは共同事業法という法律があるからだそうです。

この法律では、子供のグループが犯罪のことを知りながら、それを阻止しようとしなかったかった場合に、起訴されるとのこと。

「重大な犯罪を犯した人物を知っていただけで」何百人もの子供たちが終身刑の判決を受けているようです。

非人間的な刑務所を廃止し、代わりに、魂を持つ存在として子供に接し、愛情と援助を与えるべきだとスコット博士は言っています。

そのような世の中になるためには、経済的不平等を生む現在の資本主義社会ではなく、協力を基盤とする社会の実現が必要だとのことです。

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/2505-85ddef4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top