クリスマスの賛美歌 - Aquarius

クリスマスの賛美歌 

ベンジャミン・クレーム氏の話を知ってからはクリスマスの賛美歌を聞いたりする時の気持ちが変わりました。
以前はナザレのイエスの誕生は2000年前のはるか昔のおとぎ話であるように感じていたのですが、今はその2000年前のことがこの時代に再び起こるということに不思議なワクワク感を覚えます。
2000年に一度の奇跡に立ち会えるというのはすごいことです。

「いざ歌え、いざ祝え、うれしきこの宵
神の御子現れぬ いざほめたたえよ」
「今日しも御子は 生まれたまいぬ
よろずの民よ いさみて歌え」

以前こんな歌詞を聞くと、「神の御子と同じ時代に生まれ、実際見ることができた人は幸せだったな~」
なんて思っていましたが、今は「キリストがあと数年で再来される!」という嬉しさがあります。

これ以上の good news はないです。
(キリストといっても、もちろんキリスト教以外の宗教で語られる「偉大な方」と同一人物です。)

まさに、よろずの民よ いさみて歌え! です。
スポンサーサイト

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/230-68b90800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top