ジャケットに現れた手形 - Aquarius
FC2ブログ

ジャケットに現れた手形 



写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2018/2018-01.htm

上は2017年4月2日、オランダのH.K.氏の夫のジャケットに現れた手形です。

一見、誰かがチョークの付いた手を肩に置いたように見えますが、マイトレーヤの手形だと思われます。

白い模様にH.K.氏が気づいたのは夫が夜の10時過ぎに帰宅した時でした。

夫はそれまで入院中のH.K.氏の弟(兄かもしれませんが、弟と推測します)を見舞っていました。

弟は2017年2月末から消化管ガンの重い症状が現れ、死を覚悟していました。

夫が帰宅するちょっと前に弟のために徴を与えてください、とH.K.氏はマイトレーヤに祈っていたとのこと。

これまでずっと弟は「良い人間」であったのだから、怖がる必要がないことを示すサインをください、とお願いしたそうです。

弟はマイトレーヤのことは信じていましたが、死期が近づき、自分の魂がどこに行くかが気がかりだったようです。

17年前、何かに中毒(薬物中毒でしょうか)になっていた時期があったので、自分は「良い人間」ではなかったかもしれないと悩んでいたとのこと。

H.K.氏と夫は何度も安心させようとしたものの、弟の不安は消えなかったようです。

ジャケットにあるのはシミではなく、マイトレーヤの手形であるとH.K.氏は直感し、すぐに写真を撮ったようです。

それから15分以内に手形はゆっくりと消えていったとのこと。

翌日の月曜日、印刷した写真を持って、H.K.氏は夫と一緒に病院へ行きました。

写真を見て、マイトレーヤの手形であると認識した弟は泣いたそうです。

二日後、弟は穏やかにあの世へ旅立ったとのことです。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/2219-d988473c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top