人間がキリストを直接見るとき - Aquarius
FC2ブログ

人間がキリストを直接見るとき 


写真は下記サイトより
https://positiveheartbeat.com/2017/12/17/the-virtues-of-the-sermon-on-the-mount/

マイトレーヤはキリストです。

キリストとは覚者方の長のことで、役職名です。

2千年前、ナザレのイエスは、キリストであるマイトレーヤにオーバシャドウされました。

キリストが弟子のイエスを通して世に現れたのです。

今回、マイトレーヤは弟子を通さず、ご自分でつくられた体で戻られました。

イエスのことを当時知る人は限られていたようですが、これからのアクエリアスの時代、皆がマイトレーヤのことを世界教師として認識するようになるようです。

ベンジャミン・クレーム氏によると、「大宣言の日」には世界中の人がマイトレーヤのメッセージを聞きます。

マイトレーヤのことを知らなくても、キリストであることを信じなくても、誰もがテレパシーで聞くとのこと。

「大宣言の日」にマイトレーヤはテレビに出演されるとのことですが、その後も、メディアに登場されるのではないでしょうか。

クレーム氏の師であった覚者によると、マイトレーヤを見て、私たちの考え方は変わり、自分たちで世の中の問題を解決していこうという心構えになるようです。

「人間がキリストを直接見るとき、彼らは速やかに人生とその問題に対して新しい態度を採択するだろう。様々な問題は人間がつくり出したものであり、人間自身の内に存在し、無慈悲な神のせいでも、心ない偶然の結果でもないことを理解するだろう」」と言われています。

私たちは責任感を持ち、すべての人のために行動したいという気持ちになるとのこと。

現在は想像しがたいですが、社会は自己中心的ではなくなり、協力と思いやりと信頼がある社会になるらしいです。

このような社会が実現するのは人間が自ら動いた時です。

キリストや覚者方が超能力で世界を一変させるわけではありません。

マイトレーヤは教師として、私たちに助言を下さるとのこと。

「わたしの役割は、あなたがたに道を示し、可能性を描くことのみである。新しい世界は、人間自身によってつくり上げられねばならない」とマイトレーヤは言われています。

http://mgz.sharejapan.org/2017/11/selection/739

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/2138-e843f4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top