必要最低限のモノで - Aquarius

必要最低限のモノで 


画像はアマゾンのサイトより

アメリカ人の消費は50年前に比べて2倍に増え、平均的な家にはおよそ30万個のモノがある。

そんなことがミニマリストのジョシュア・ベッカー氏の本「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」に書いてあるようです。

http://tokumoto.jp/2016/12/20140/

アメリカだけでなく、先進国の多くの家庭にはモノが溢れています。

そしてお店や倉庫もモノで満杯。

ベンジャミン・クレーム氏によると、これは「狂気じみた商業主義」の現れです。

例えば東京などでは、各フロアに電化製品が所せましと並んでいる商業ビルがありますが、これは健全な光景ではないようです。

便利でないモノの生産は停止し、倉庫や店舗に商品をたくさん置くのをやめたほうがよいとクレーム氏は言っています。

生活がモノとテクノロジーでいっぱいになると、人間はどう生きるべきかがわからなくなるそうです。

「生きる術」を見失ってしまうのです。

簡素化とは必要最低限のモノで最高に豊かな人生を楽しむこと。

充実した人生を送るにはシンプルであることが必要。

クレーム氏によると、新しいアクエリアスの時代には、皆がこのことを理解し、生活はずっとシンプルになるそうです。

「簡素化の中には大きな幸福があるため、未来はより幸福な時代になるでしょう」とクレーム氏は述べています。



http://mgz.sharejapan.org/wp-content/bn201607/sinews/magazines/swl9d8/60wbw5/yol3zq/cdd28f.html

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/2090-71a57fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top