マリアという女性に会う - Aquarius

マリアという女性に会う 

Mary_Međugorje

写真は下記サイトより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%81%AE%E8%81%96%E6%AF%8D

「素晴らしき哉、人生!」という映画では守護天使が普通の男性として主人公の前に現れました。

事実は小説よりも奇なりで、実際に天使は人間の姿で私たちの前に現れることがあるようです。

ベンジャミン・クレーム氏によると、私たちが天使と呼んでいる存在は実は覚者方です。

覚者方は老若男女、様々な姿で現れることができるとのこと。

「平和の吟遊詩人」ジェームズ・トワイマン氏はボスニア紛争中のバルカン半島で、聖母マリアであった覚者に会ったようです。

トワイマン氏のインタビュー記事はこちら↓
http://mgz.sharejapan.org/2016/09/misc/212

ベオグラードの平和デモに参加した際、マリアという、セルビア人と思われる美しい女性に会ったとのこと。

一週間後、丘に平和のポールを立てるめ、ボスニア・ヘルツェゴビナ地域にあるメジュゴリエという町に赴くと、その女性に再会しました。

人里離れた丘の道を彼女が歩いていたのです。

セルビア人がボスニア・ヘルツェゴビナ地域にいるはずがないので、普通の人間ではないとトワイマン氏は直感したようです。

マリアは地球に平和をもたらすためには聖なる女性性が重要であることを話したらしいです。

ジーンズとブラウス姿でしたが、どこか普通ではない雰囲気があり、これは神秘体験なんだ、とトワイマン氏は思ったとのこと。

それまでその地域に行くと不思議な体験をしていたので、驚きではなかったようです。

メジュゴリエは1981年に6人の子供が聖母マリアの幻影を見るようになったことで巡礼地になった町。

現在も聖母マリアは大人になった6人の前に現れ、「頻繁に祈りを捧げるように」、「罪の償いをするように」などのメッセージを伝えているようです。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1888-d4341dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top