ジェームズ・トワイマン氏 - Aquarius

ジェームズ・トワイマン氏 



写真は下記サイトより
http://www.thegatewaypundit.com/2016/01/oregon-folk-singer-heading-to-syria-to-sing-songs-of-peace-to-isis/

シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)に向けて平和の歌をうたった歌手がいます。

米オレゴン州出身のフォークシンガー、ジェームズ・トワイマン氏です。

2016年2月1日、ISが支配する地域に隣接する町にユダヤ教、キリスト教とイスラム教のリーダーと共に赴き、平和の祈りを歌いました。

同じ時間帯に世界中の人々が平和を祈ったらしいです。

この「世界同期瞑想」を予告する動画がユーチューブに投稿されています↓
https://www.youtube.com/watch?v=R34hJE1i7B4

広島の平和コンサートなど、トワイマン氏は日本にも何度か来ているようです。

シェア・インターナショナルのインタビュー記事はこちら↓
http://mgz.sharejapan.org/2016/09/misc/212

1994年、トワイマン氏は12の主な宗教の平和の祈りが書かれた一枚の紙を友人に渡されました。

読んでいるうちに言葉につけるメロディーが頭に浮かび、1時間以内に12曲が完成。

驚くほどすんなりと作曲できたのはその時だけだったらしいですが、「平和の吟遊詩人」になるきっかけでした。

1998年には祈りの力を実感する出来事がありました。

サダム・フセインの招待で、イラクでコンサートを行う際、無事を祈る何百万人もの人のエネルギーが送られて来るのを感じたとのこと。

それからは世界の紛争地で祈りや瞑想のイベントを行い、ほとんど毎回、何かしら良いことが起きるようです。

例えばシリアで祈りと瞑想を行った1週間後はミュンヘンで和平交渉が始まったとのこと。

ある状況に対して、大勢の人が一斉にポジティブに意識を集中すれば、エネルギーが生じる。

それは単に大きな力ではなく、宇宙における最強の力になると信じているとトワイマン氏は語っています。

2017年はそれが実証される年になるだろうと予想しています。
スポンサーサイト

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1884-c1bb1d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top