ベンジャミン・クレーム氏 - Aquarius

ベンジャミン・クレーム氏 



シェア・インターナショナルのサイトにベンジャミン・クレーム氏が他界されたというお知らせが出ています。

10月24日、ロンドンの自宅で、家族に見守られながら、安からに息を引き取ったとのことです。

長い間、体調が悪かったようです。

クレーム氏が日本で最後に講演を行ったのは2010年であったと思います。

翌年には海外講演を中止するよう医師と覚者に助言されたようです。

それまでクレーム氏は1979年より、マイトレーヤと覚者の出現を知らせるため、世界中を回って講演活動を続けていました。

結果として、世界で約3600万人が「大宣言の日」の話を知っています。

クレーム氏は肉体から解放されて、自由になるのが楽しみと著書の中かシェアのサイトで言っていたように記憶しています。

シェア・インターナショナルのQ&Aで読者の「あなたがいなくなったら、どうなるのですか」という質問に対し、「また戻ってきます」と答えていたのも印象的です。

また生まれ変わった時、世の中は大きく変わっていることでしょう。

「大宣言の日」は地球に生きている人が経験するものであって、別の次元では経験できないとクレーム氏は言っていたと思います。

それでもこれから歴史的な大奇跡が起きた時、クレーム氏は何らかの形で知ることになるような気もします。

画像はユーチューブの動画より
https://www.youtube.com/watch?v=RTt7K5SWnTU
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1811-c7215e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top