信者や信奉者はいらない - Aquarius

信者や信奉者はいらない 

シェア・ジャパンの下記サイトに書いてある通り、マイトレーヤは仏教徒が待ち望んでいる弥勒菩薩であり、ユダヤ教徒が待ち望んでいるメシアです。
http://sharejapan.org/share/share02

イスラム教徒にとってはイマム・マーディであり、ヒンズー教徒にとってはクリシュナです。

でもベンジャミン・クレーム氏によると、マイトレーヤは宗教のリーダーや教祖として来られたのではありません。

信者や信奉者は不要とのことです。

マイトレーヤは教師、助言者として、人類に生き方を教えるために来らたとのこと。

どうすれば分かち合いを実践する、自由で公平な社会をつくれるか。

どうすればスピリチャル(霊的)な政治と経済を実現できるか。

(スピリチャルな政治・経済という表現に違和感を覚える人もいるかもしれませんが、すべての現象は結局、心の在り方と関係しています。)

偉大な教師としてマイトレーヤは助言を与えて下さるとのことです。

スピリチャルであることは大事ですが、特に宗教を持つ必要はありません。

宗教がなくても、スピリチャルに生きることは可能であるとのことです。

また極端にいえば、マイトレーヤーが世界教師であることさえ信じなくもいいとのこと。

分かち合いと協力の世の中をつくりたいという気持ちがあれば、それだけで十分なのだそうです。

マイトレーヤーの身分を認識することより、マイトレーヤが提唱される内容に共感することのほうがずっと大事であるようです。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1796-b4092f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top