未来仏 - Aquarius

未来仏 



写真はウィキメディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E5%8B%92%E8%8F%A9%E8%96%A9

この前、テレビをつけながら他のことをしていたら、弥勒菩薩の話をしているのが聞こえてきました。

弥勒菩薩が現れるのは56億年後だから、「絶対会えない」と誰かが言っていました。

確かに、56億年後というのはあまりにも遠い未来で、会える実感はありません。

実際は未来仏が現れるのは、遅くとも数年後と聞いたら、仏教徒は驚くでしょう。

ベンジャミン・クレーム氏の話を聞いたことがある日本のお坊さんはどのくらいいるのでしょうか。

クレーム氏の師である覚者によると、マイトレーヤがもうすぐ公に現れるという話を聞いた人は世界で約3,600万人います。

3分の1にあたる1,200万から1,300万人が話を信じているとのこと。

3分の1は「わからない」と思っているが、心は開いているとのこと。(信じられないけれど、本当だったらいいなと感じているということですね。)

残りの3分の1は全く受け入れていないとのこと。

世界の人口が73億人であるのに対し、マイトレーヤの出現の話を聞いたことがあるのは3,600万人。

少ないように見えますが、世界中の人が全員、前もって知る必要はないようです。

いずれ、マイトレーヤはテレパシーによって全人類に語りかけます。

ただ、クレーム氏によると、マイトレヤーの出現の話を聞いて、本当だと思った場合、他の人に伝えることは重要です。

100%信じていなくてもいいとのこと。

10%でも、20%でも「ありうるかもしれない」と思ったら、周りに伝えることが大切であるようです。

可能性を語るだけでも、期待感が高まり、マイトレーヤの出現を早めることができるとのことです。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1783-7ed39ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top