ヨハネのイコン - Aquarius

ヨハネのイコン 



写真は下記サイトより
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3566403/Thousands-flock-Chicago-church-painting-St-John-Baptist-miraculously-sweat.html

米イリノイ州のギリシャ正教会にある洗礼者ヨハネの絵(イコン)が「汗を流している」と話題になっています。

実際は汗ではなく、香りのある油のようで、信者たちはミルラであると信じているようです。

ミルラはイエスが誕生した時、東方の三賢者が持参した贈り物の一つですね。

2015年7月からイコンが油を流すようになったとのこと。

現象について教会は公表はしなかったようですが、口コミで広がり、何千人もの人が教会を訪れているらしいです。

教区のソティリオス・ディミトリオウ師はイコンの油に浸した綿ボールを教区民と巡礼者たちに配っているとのこと。

油を受け取った人の中にはガンなどの病気が治ったという人もいるようです。



ディミトリオウ師自身、神経損傷により、祭壇の前や事務室で気絶することが頻繁にあったようですが、イコンから油が流れるようになってから健康が回復したとのこと。

油はヨハネの後光、翼、手とあごひげから流れていて、目からは流れていないとのこと。

これはイコンが悲しみではなく、喜びをもたらすということを意味しているとディミトリオウ師は言っています。

イコンから流れる油はイエス覚者による奇跡であることをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/yz1th8/yitdsf/hb3881/p6sngi

スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1726-58f87f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top