マイトレーヤにオーバーシャドウされる - Aquarius

マイトレーヤにオーバーシャドウされる 



写真はShare International より
http://www.share-international.org/maitreya/Ma_approach.htm

「憑依」というと、怖いイメージがありますが、江原啓之氏によると、悪いことばかりではありません。

高いレベルの霊に憑依されると、創造的エネルギーを授かるらしいです。

優れた芸術家は高級霊の憑依によって恩恵を受けている場合が多いとのこと。

このようなポジティブな憑依はなんとなく「オーバーシャドウ」に似ているように感じるのですが、どうなのでしょうか。

下記の語彙集によるとオーバーシャドウとは「師(覚者又は智恵の大師方)の意識が一時的に弟子の肉体、感情体、メンタル体に入り、それらを通して働く自発的、協力的過程」です。
http://www.sharejapan.org/awt/awt_05.html

ベンジャミン・クレーム氏によると、これから起きる「大宣言の日」には、全人類はマイトレーヤによってメンタルにオーバーシャドウされます。

上の写真は2002年8月6日、サンフランシスコの講演会で、クレーム氏がマイトレーヤにオーバーシャドウされている時のものです。

写真の左側に開襟シャツを着ている人物がマイトレーヤであることをクレーム氏の師である覚者は確認されています。

2001年9月26日、アムステルダムの講演会で撮影された下の写真と似ています。



こちらの写真では、クレーム氏と通訳者の間に正面を向いた人の姿がぼんやりと見えます。

クレーム氏がネクタイを締めているのに対し、襟の開いたシャツを身に着けていますが、この第3の人物はマイトレーヤであるとのことです。

講演会でクレーム氏がマイトレーヤにオーバーシャドウされることによって、聴衆は祝福され、エネルギーを受けるようです。

オーバーシャドウの時はマイトレーヤから発される光は強く、光を見ることができる人が見ていると、クレーム氏の姿は消えてしまうらしいです。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1718-3e534061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top