複数の機能 - Aquarius

複数の機能 



写真:AkinoAnn氏
http://www.ashinari.com/

一つの物で何通りかの使い方をしている人のブログ記事がありました。↓
http://mottosimplelife.hateblo.jp/entry/2015/08/28/070000

大きいステンレスのザルは水切りカゴとして使う。

すり鉢はボウルや丼ぶりとして使う。

台所はモノが増えやすいので、少しでもすっきりするには、このような工夫は大切なのでしょうね。

ミニマリストのクラタマキコ氏はやかんを使わず、鍋でお湯を沸かすらしいですが、私も鍋でお湯を沸かして、直接ティーバッグを入れることがあります。

(たくさんお湯を沸かす時はやかんを使うので、モノは減ってはいないのですが。)

あと水切りは小麦粉のふるいとして、大きなガラスボウルはケーキカバーとして使っています。

白い八角形のプラスチック鉢はくず入れとして使っています。

代用といえば、そんなささやかなことしかできていませんが、あとは使い終わったジャムの空きピンなどを使い、新しいビンや箱などの容器はなるべく買わないようにしています。

それぞれの用途に専用のモノが必要だという考え方をしないほうが、モノは増えないのかもしれまんせん。

この前、イケアが複数の機能を持った家具を開発しているという新聞記事がありました。

家具を減らしたいと考える人が増えているからなのだそうです。

衣服を掛けやすい椅子や、食卓を兼ねる勉強机など、いろいろ考案しているらしいです。

(個人的にあればいいいなと思うのはアイロンボードになる机や布団を収納できるソファです。)

ベンジャミン・クレーム氏によると、これからは生活様式は今よりずっと簡素になります。

イケアなどのメーカーも変わりつつあり、確実にシンプルライフ志向が強まっていることを実感します。
スポンサーサイト

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1670-5ff06281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top