途切れない命 - Aquarius

途切れない命 


写真は下記サイトより
http://www.bss.jp/util/entry/9276.html

この前、テレビでオペラ歌手の岡本知高氏が不思議な体験について語っていました。

コンサートで歌っていると、最後のほうは酸欠状態になって、自分の体から離れて、宙に浮くのだそうです。

歌っている感覚はあるらしいのですが、同時にステージ上の自分や観客を見下ろしているとのこと。

このままだったら気持ちいいだろうなあと思うらしいです。

同じ番組に出ていた江原啓之氏はそれは臨死体験だと言っていました。

臨死体験者は岡本氏のように肉体から離れ、上から下を観察していることが多いようですね。

ベッドで寝ている自分の姿を見たり、部屋の中の人の動きを眺めていたり。

天井の照明器具がホコリをかぶっていることに気づいたという人の話を読んだ時、生きている時と変わらないのだと感心したことがあります。

肉体がなくても周りを見て、認識し、感じることができる。

生きているときと同じように意識があるのなら、死は怖くないはずです。

マイトレーヤは次のように言われています。
「万有の中の生命は絶対である。創造(被造物)においては、それはいつも相対的である。だから人は死に出会ったとき泣くべきではない。それは何か恐ろしい、嫌なことではない。彼らの友人や愛した人々は単に彼らの故郷へ帰ったのである。」

これから人間は故郷のことをしっかり記憶しながら生まれようになるとのことです。

あの世の思い出を持ちながら生きることが可能になるのです。

命は途切れないことを知り、死の恐怖はなくなるとベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は言われています。



http://sharejapan.org/sinews/magazines/lutefl/kxz1kf/3hhiid/r7dugh
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1658-7e58118f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top