「天使」を目の当たりにする - Aquarius

「天使」を目の当たりにする 


画像は下記サイトより
http://maroonweekly.com/company-angels-seven-rediscovered-tiffany-windows

転生の必要がなくなるほど進化された覚者方の一団の長がマイトレーヤです。

マイトレーヤは「キリスト」という職務に就任されています。

覚者方のグループのリーダーのことをキリスト、あるいは世界教師といいます。

ベンジャミン・クレーム氏によると、アトランティスの時代には覚者方は僧王であり、神のような存在でした。

(アトランティス文明は神話ではなく、実在したのです!)

アトランティスが破壊した時、覚者方は山脈や砂漠に引退され、背後から人類を導いて来られました。

覚者方は人間の前に現れる時は天使として現れることがあったようです。

聖書の中に出てくる天使の多くも覚者方だったのかもしれません。

でもこれからは覚者方は私たちと変わらない人間の姿で現れます。

「大宣言の日」に私たちはマイトレーヤを拝見することになり、その後は覚者方も拝見することになります。

覚者方がグループとして人間の社会に戻られるのは98,000年ぶりであるとのこと。

「あなたがたがわたしたちを見るとき、新しい時が、新しい時代が始まったことを知るであろう、分かち合いと正義と愛と同胞愛の時代であり、神の法の時代である」とマイトレーヤは言われています。

アトランティスの時と同じように、覚者方は人間と共に公に働かれるようになるとのことです。

日常生活の中での「天使」を目の当たりにして、私たちが影響を受けないはずはありません。

「わたしの覚者たちは愛と喜びしか知らない。同じように、我が友よ、それはあなたがたの受け継ぐ資産であるだろう」とマイトレーヤは言われています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/si5n7k/vep55f/o1e3tg
スポンサーサイト

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1519-29e0dded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top