扉が開いた - Aquarius

扉が開いた 

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者がパリのテロに触れたメッセージを出されています。

http://sharejapan.org/sinews/

「フランスの国民にとって痛ましいことであったけれど、パリにおける最近の悲劇はマイトレーヤにとって、それまでの場合よりも、いっそう速やかに行動する道を開いた。
非常に多くに人々にとって悲劇であるけれど、それはマイトレーヤの両手を解き放った。
このことを念頭において、彼の顕現のための用意を整えなさい。」

パリのテロはマイトレーヤの公の出現を速める効果があったそうです。

Q&Aのコーナーでベンジャミン・クレーム氏は、悲劇がなければもっと長いあいだ閉ざされていたはず扉が開いたと述べています。

それは世の中に起きている様々な問題に対して人類が祈願の叫びを発しているから。

宗教がある人は神に祈り、神を信じない人も「助けて!」と心の中で叫んでいるのですね。

(クレーム氏の師である覚者によると、助けを求める人類の叫びがあるレベルまでの大きさに達すると、覚者方は必ず応えられます。)

扉が開いたはもう一つの理由はテロ事件に対して、十分に多くの人が「愛と和合と寛容」の反応を示したからだそうです。

以前に比べ、「和合」という概念を私たちはより理解するようになっているとのこと。

2001年のニューヨークのテロの時より、今回の人々の反応のほうが成熟しているというブログ記事を最近読みましたが、その通りなのでしょう。

「人類は正しい種類の変化への用意があることを示した」ようです。

クレーム氏の師が以前言われたように、世界は新しい啓示を受ける用意ができているのです。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/c6gix5/nnltus
スポンサーサイト

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1514-331f3944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top