変化への願望 - Aquarius

変化への願望 

最新号のシェア・インターナショナルには「変化への恐れを克服する」と題したベンジャミン・クレーム氏の師である覚者からのメッセージが載っています。

2001年1月にクレーム氏にテレパシーで伝えたものですが、今読み返すのにふさわしいメッセージとして再掲載されたようです。

「大宣言の日」の後、私たちはマイトレーヤの助言を頼りにできるのは事実だけれども、世の中を変える作業をするのはあくまでも人間であることを覚者は念を押されています。

マイトレーヤが人間の事柄に介入できる度合いは法によって制限されているとのことです。

「法はフォース(力)の使用を禁じるということを人は知るべきである。人間の自由意志が侵害されてはならない。かくして、人間のみが変化への決断をしなければならない。」と言われています。

マイトレーヤのアイディアに賛同しない人はいるかもしれませんが、反対派を無理やり動かすことはできません。

世の中を変えるには変容を望む人が行動してなくてはいけない。

大切なのは、変化への願望が私たちの心の中にあることだとクレーム氏の覚者は言われています。

そのためにはまず恐れを追い払わう必要があります。

覚者方から見れば、人間は恐怖に縛られいます。

「恐怖が人間のすべての行動と思考に浸透している」

変化への恐れがあるため、私たちは現実を直視せず、時代遅れのシステムにしがみつき、緊急な問題を解決できずにいるとのこと。

でもマイトレーヤの助けにより、人類は変化への恐れを克服できるようなります。

マイトレーヤに共鳴する何十億もの人々によって、新しい世界はつくられるとのことです。
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/r63ukg/284w1e
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1475-30d38eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top