これから起きること - Aquarius

これから起きること 



画像は下記サイトより
http://www.cinra.net/news/gallery/58122/2

昨日の夕刊に「神々のたそがれ」という映画の批評記事がありました。

中世の文明がある地球にそっくりの惑星に「正しい文化的発展をもたらす手助け」をするため、地球の科学者集団が派遣される話らしいです。

惑星の人から神様と呼ばれながら、右往左往するばかりの科学者は「神様でいることはつらい」と嘆く。

無意味な争いと殺し合いが続く、暗い映画であるようです。

原作は「神様はつらい」という映画で、「人間は悪を本当に克服できるのか」という問いがあるとのこと。

この記事を読んで、マイトレーヤと覚者方のことを思いました。

映画の中の科学者集団と違い、覚者方の一団は力不足で右往左往するということは絶対ありません。

マイトレーヤはものすごいパワーの持ち主です。

これまでマイトレーヤほどの力を備えた教師はいなかったとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

覚者方は欠点が一つもない、まさに神様のような方々。

(でも人々から崇められることは望んでおられないとのことです。)

「正しい文化的発展」ができるよう、私たちを導いてくださいます。

そして私たちはいずれ悪を克服します。

これから起きることはちょっとSF映画のように聞こえるかもしれませんが、現実はフィクションよりずっと素晴らしいのです!
スポンサーサイト

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1350-e462d997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top