人の信仰 - Aquarius

人の信仰 



上の文章は下記サイトより
http://sharejapan.org/sinews/magazines/33116k/vep55f/05agdq/xchu67

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は5年前のメッセージでキリスト教とイスラム教の間にある溝について触れています。

「キリスト教もイスラム教も原理主義信奉者たちが原理主義信奉者たちはますます好戦的であり、対決の温度をさらにいっそう危険なレベルに持ち上げる。
特に、イスラム教のテロリズムは、伝統的なイスラムの信仰と全く矛盾して、平和な世界への試みに対して、新しい次元をもたらした。」と指摘されています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/swl9d8/t1vhdg/jfsnsz/7hs1lr

二つの宗教の溝は深いですが、おそらく信者たちにはあまり知られないことがあります。

それはモハメッドにコーランを与えたのはイエス覚者であるとのこと。

イエス覚者がモハメッドを「通して働いた」とのことです。

経典がイエス覚者から来ているのなら、イスラム教は本来、キリスト教の教えと共通することが多いはずです。

(まあ、突きつめると、どの宗教にも共通の真理があるということになりますが。)

でも原理主義者たちは共通点より違いしか見ないようです。

どうか対立がひどくなりませんように。

違和感を覚えるのは週刊誌シャルリ・エブドを英雄扱いする欧米の風潮です。

この週刊誌紙は果たしてヒーローでしょうか。

憎しみを買う風刺画を繰り返し載せ、悪い因を作りました。

「人の信仰を挑発したり、侮辱したり、笑いものにするべきではない」とローマ法王が述べている通りだと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1315-2d61481b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top