二つのグループ - Aquarius

二つのグループ 



一昨日の新聞に対照的な本の広告が並んでいました。

一つは五木寛之氏の著書「親鸞」。

反対のページには石原慎太郎氏の「エゴの力」。

それぞれ全く違う読者層を狙っているようです。

覚者方によると、世の中は二つのグループに分かれています。

一つのグループは過去のパイシス(双魚宮)の時代の「強力な個人性」の特徴があるとのこと。

石原氏の「エゴの力」を好むタイプでしょう。

もう一つのグループはアクエリアス(宝瓶宮)の時代の特徴があるとのこと。

親鸞の生き方に関心があるタイプだと思います。

二つのグループはだいたい同じ大きさであるとのことですが、「パイシス派」が増えたとしたら大変です。

「強力な個人性」が今は私たちの未来を脅かす「最大の脅威」になってしまっているからです。

幸い、これからは「アクエリアス派」の数が多くなるらしいです。

人類は一つで、生き延びるには全員の利益のために共に働くしか方法がない。

多くの人がこのことに気付きつつあるとベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は言われています。

この目覚めが「未来の調和への道を示している」とのことです。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/k58mg8/nav5kx/iugsub/pdfwqx
スポンサーサイト

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1286-0eb4449c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top