荒野のアート - Aquarius

荒野のアート 



にほんブログ村の「荒野・・ トーナメント」にエントリーします。

数年前、ペルーのナスカの地上絵に似ている絵が中東の荒野でたくさん発見されました。

http://rocketnews24.com/2011/09/20/131756/

ベンジャミン・クレームの師である覚者によると、こちらは2、000年前の宇宙船を描いた古代の絵です。

誰が描いたかについては覚者は言及されていませんが、異星人ではなく、人間だったのでしょうか。

絵は数千個もあるらしいので、人間がつくったのであれば、その根気に驚きます。



荒野のアートで、人間の手による作品でないのが確かなものがあります。

オーストラリアにある「マリーマン」と呼ばれる世界最大の地上絵です。

場所はアデレードの北にある砂漠で、男性の絵の長さは約3キロ、線の幅は35メートルもあるとのこと。

こちらはマイトレーヤが描いたものであるとクレーム氏は述べています。

片手に持っているのはブーメランであるとのこと。

絵はマイトレーヤが描きましたが、実際に線を地面に掘ったのは異星人(スペースブラザーズ)であるとのことです。

ミステリーサークルをつくるように、意外に簡単にできてしまうのかもしれません。

こちらの絵が発見されたのは1998年らしいですから、作られたのはその年だったのでしょうか。

画像は下記のサイトより
(Google Map へのリンクがありますが、表示されないようです)
http://www.businessnewsline.com/biztech/200702211546000090.html
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1145-7f917eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top