単なる道具にすぎないお金 - Aquarius

単なる道具にすぎないお金 

今日の新聞に「お金に換算すれば、世の中が見えてくる」「あなた自身の価値は、いくらになるのか」などの文言が並んだ本の広告がありました。

人気の本らしいですが、「世の中が見えてくる」という言葉に私はひっかかりましたね。

仕組みが理解できるという意味なのでしょうが、お金に換算するようになると、多くのことが「見えなくなる」ことがあります。

過去30年に市場原理主義の傾向が強まったと政治哲学者のマイケル・サンデル氏は指摘していますが、これは私たちがいろんなことに盲目になっていたからではないでしょうか。

害に気づかないうちに、教育や医療などの分野にまで市場の価値観をはびこらせてしまった。

サンデル氏が言うように、行き過ぎた市場主義を是正する必要があります。

投資やお金の増やし方に関する本は「大宣言の日」まで売れ続けるのかもしれませんが、「大宣言の日」の後は確実に世の中が変わり、お金の位置づけも変わります。

すでにお金の見方が変わってきているとベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は最新のメッセージで言われています。

単なる道具にすぎないお金の奴隷になってしまったことに多くの人が気づいていると指摘されています。

そして今までとは違う生き方があるのではないか、という思いが広がっているとのことです。

それは「すべての者が恩恵を受け、成長することができ、すべての者のより大きな利益のために自分たちの才能とアイディアを顕現することができる生き方」です。

このような生き方を可能にするのは「分かち合い」の実践です。

「分かち合いの原則は人間の苦難に対する素晴らしい答えである。公正な分かち合いは、この世界をあっという間に変容させるだろう。」と覚者は言われています。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/ljbue8/nav5kx/rhbud9
スポンサーサイト

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://shalona.blog5.fc2.com/tb.php/1023-f4696250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top