2016年04月 - Aquarius

シンプルライフを目指す 





画像はアマゾンより

ミニマリストのクラタマキコ氏が人気であることを今日の新聞で知りました。

クラタ氏の家にはマットがないらしいです。(マットは汚れの温床になるから)

やかんもない。(やかんは洗いにくいため、お湯は鍋で沸かすとのこと)

台所のシンクに水切りカゴも三角コーナーもない。(食器と生ごみは出しっぱなしにしないから)

またクローゼットや靴入れ、食器棚などに扉がない。(常に持ちものを見える状態にしておくため)

持ちものは定期的に見直し、一年使わなかったものは手放すそうです。

勝間和代氏も最近、シンプルライフ系の本を出しています。



画像はアマゾンより

アマゾンのカスタマーレビューによると、この本で勝間氏は家事の重要性を説いているらしいです。

「断捨離や家事の効率化が幸せに結びつく」と題したレビューには次のように書いてあります。

「女性の社会進出を妨げるものとか性役割分業の文脈で語られたりの風潮の中、勝間さん自身も重要視されてこなかったと正直に述べています」

無償労働である家事があまり評価されてこなかったのは社会の価値観が物質主義的であるからでしょう。

でもこれからは社会がガラリと変わり、重要視されてこなかったものが重要視されるようになるはずです。

そしてミニマリストとまでいかなくても、モノが溢れないシンプルライフを目指す人が増えるのだと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

飛躍 



写真は下記サイトより
https://www.flickr.com/photos/maria-/875537256

日本人が幼児化しているとか、人間が後退していると心配する人がいるようですが、心配はいらないようです。

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者によれば、人類は全体としては前進しています。

そしてこれからは大きく飛躍します。

古い考え方や古いやり方を止め、新しい考え方で、新しい社会を作るようになるとのこと。

「人間の心(ハート)は、彼らの最高の志向に形を与え、いまだ未知なる未来へ喜んで進んでいく用意があることを、過去の過ちを正しそして上昇への長い梯子を再び登りはじめる用意があることを、わたしたちは知っている」と覚者は言われています。

大計画に沿って私たちは運命づけられた道を歩んでいるとのことです。

「宇宙の光はかつてなかったほどに人間を照らしており、その生活を単純化するように鼓舞している。それによって人は、悲しいかな、見失ってしまったその本源との関係を再び確立していく。」 

モノを減らし、簡素にすることとで、よりスピリチャルに生きることが可能になるのですね。

物質主義を抜け出すということだと思います。

私たちに変わる能力があることを覚者方は確信されているとクレーム氏の師は言われています。

輝かしい未来が近づいていることを覚者方は喜んでおられるとのことです。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/yz1th8/pzytyf/wx5sa0/dlc29b

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

火星の宇宙船 



写真は下記サイトより
http://www.shareintl.org/magazine/old_issues/2015/2015-11.htm

上の写真はNASAのカメラが2015年9月16日に捉えたものです。

流れ星のような形の白い物体は火星の宇宙船であるようです。

下の2015年9月30日の写真にある白い物体も火星の宇宙船であることをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。



右に伸びている細長いものは兵器を連想させるかもしれますが、実際は調査か何かのための装置でしょう。

たとえSF映画に出てくる戦闘機に見えたとしても、地球にやってくるUFOが戦闘機であるはずがないと思います。

他の惑星の人たち(スペースブラーザーズ)は平和的で全く無害な人たちであるらしいです。

下の2015年5月7日に撮影された写真にも火星の宇宙船が映っています。



何とこちらはアメリカの国土面積の大きさがあるようです。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/yitdsf/a6q4v6

キリストの再臨を告げる「星」の宇宙船の大きさが5つのフットボールスタジアム分もあると知った時は驚きでしたが、アメリカほど大きい宇宙船があるとは!

端から端まで行くのが一つの旅になりそうですが、火星人たちには瞬時に移動できる技術があるのでしょうか。

テーマ: 宇宙・科学・技術  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

ウクライナの空 





写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2016/2016-01.htm

昨年、平和の徴と思われる不思議な光がウクライナで多くの人によって目撃されました。

白い光が現れたのは2015年10月30日、紛争が続くクリミア半島のセヴァストポリの上空です。

動画で見ると、十字架がふわふわと飛んでいるようです。

ユーチューブの動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=OWYpVPVseQ0

これはマイトレーヤが現された徴であることをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。

ウクライナでは2014年7月7日、イエスの顔の形をした雲の目撃報告があったようです。
http://beforeitsnews.com/beyond-science/2014/08/jesus-face-in-clouds-appears-over-crimea-ukraine-say-sky-watchers-2447148.html

もし写真が本物ならば、覚者による徴だと思います。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

朝日の写真 



上はハワイの朝日の写真です。

鳥か天使の形をした巨大な彫刻がそびえ立っているように見えますが、撮った時は普通のピンク色の太陽だったらしいです。

このイメージを写真に現されたのはイエス覚者であるとのこと。

アメリカのミシガン州で撮影された下の写真もイエス覚者による徴であるとのことです。

撮影者は撮った後に十字架の形に気づいたようです。



http://sharejapan.org/sinews/magazines/yz1th8/ndshrf/ys7drq/p2bbeq

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

一体性(ワンネス)の時代 


ダライ・ラマの写真は下記サイトより
http://www.dalailamajapanese.com/news/post/1135--3
フランシス法王の写真はこちらより


人類史上最大の奇跡「大宣言の日」はいつ起きるのか。

この質問をベンジャミン・クレーム氏は数えきれないほど受けているらしいです。

でもクレーム氏によれば、私たちのような時間の感覚がなく、過去も未来も見ることができる覚者方にとって「大宣言の日」はもう起きたも同然。

そして大奇跡の後のアクエリアスの時代の様子も覚者方には見えています。

「ようこそ、新しい時代へようこそ、一体性(ワンネス)の時代へようこそ」とクレーム氏の師である覚者は1月のメッセージで言われています。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/yz1th8/ahwpdf/yhja28

これからは人種や宗教や文化の違いに関係なく、世界中の人が大きな家族と誰もが思える時代になるようです。

人類は皆、兄弟姉妹だとダライ・ラマとフランシスコ法王は説いていますが、お二人について、「到来する御方の名において彼らを喜んで受け入れなさい」と覚者は言われています。

一つの家族として生きて、はじめて平和が訪れます。

皆を兄弟と思わなければ、世の中からテロや紛争はなくなりません。

下の文章はマイトレーヤの言葉ですが、兄弟愛を実践しなければ、私たちに未来はないとのことです。



http://sharejapan.org/sinews/magazines/swl9d8/t1vhdg/jfsnsz/y0t4kb

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

新たな段階 

マイトレーヤは日本でもインタビューを受けたとのことです。

シェア・インターナショナルの1月号のQ&A で、この数カ月間、日本、インドネシア、ベトナム、マレーシア、インドのテレビに出演されたとベンジャミン・クレーム氏は述べています。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/yz1th8/ndshrf/ys7drq/locys5

以前はいつ頃、どの国で何回インタビューを受けたかが載っていましたが、このところ、そのような情報はなくなりました。

昨年9月のQ&Aで「シェア・インターナショナルの先月号以来、何回出演しましたか?」という質問に対し、「彼は多くの異なった前線で同時に働いておられるので、それを言うのは困難です。」とクレーム氏は答えています。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/r63ukg/locys5

同じ質問が最新の3月号にありますが、答えは次の通り。
「それを測る方法はありません。彼はあちこちを移動され、必要と反応のあるところに助言を与え、人類を救助しておられます。」
http://sharejapan.org/sinews/magazines/yz1th8/pzytyf/wx5sa0/locys5

一つの国に長く留まることなく(以前は数カ月から一年まで一つの国におられました)臨機応変に様々な国のメディアに出演されているとのこと。

確かなのはマイトレーヤの出現が「再び新たな段階に入った」ことです。

「大宣言の日」が一歩ずつ近づいてきています!

[edit]

△top of page

祈りで治る 



画像は下記サイトより
http://matome.naver.jp/odai/2142032026382075901

ベンジャミン・クレーム氏によると、トラコテの水のような治癒の水はこれから世界で777カ所で発見されます。

日本でも「奇跡の水」がどこかで発見されるのでしょう。

多くの病気がこの治癒の水によって治るとのことです。

だからといって、クレーム氏が病院での治療を否定しているわけでは、もちろん、ありません。

例えば手術が必要なら、当然手術を受けるべきです。

世界中の病院で、大きな手術が行われる場合、覚者がお一人立ち会っている、とクレーム氏は述べています。

非常に難しい手術が奇跡的に成功した場合、覚者方の助けがあることが多いようです。

病気になった時、忘れてならないのは祈りの力。

祈ると効果があるのは本当らしいです。

クレーム氏によると、祈りはエネルギーを喚起し、そのエネルギーが体の中に入り、細胞の質を変えるのだそうです。

また一般的にいうとグループで祈ったほうが一人で祈るより効果があるとのことです。

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

病気を治したいと思った時 

病気を治したいと思った時、治癒水を入手するのはもちろん大事だと思いますが、それしか方法がないとうわけではありません。

マイトレーヤに直接助けを求めることもできます。

マイトレーヤの手の写真を見るか、その上に手を置くことにより、マイトレーヤの癒しと助けを喚起できるとのことです。

http://sharejapan.org/signs/si_02.html

不思議な奇跡が起きることもあります。

あるニュージーランドの女性は写真を通して助けを求め、大変珍しい形で薬を与えられました。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/ljbue8/p854v3/5bh

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

タンザニアの奇跡の水 



写真は下記サイトより
http://jatatours.intafrica.com/habari109.html

タンザニアのロリオンドでは「奇跡の水」を求める人で長い行列ができるらしいです。

こちらはトラコテの水とは違い、井戸の水ではなく、木の根を使った飲み物。

「バブー」というあだ名の司教がカランガのすももの木の根を煮込んでつくっています。

エイズや癌など様々な病気に効くとのことで、4、000台の車が55キロの行列(!)を成した時もあったらしいです。

ベンジャミン・クレーム氏によると、夢の中で木のことをバブー氏に伝えた「神」はマイトレーヤであったとのこと。



http://sharejapan.org/sinews/magazines/ljbue8/p854v3/wx5sa0/xchu67

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

トラコテの水を買うなら 



画像は下記サイトより
http://www.analatte.com/lattespecial/65/spot2.html

「トラコテの水」を検索して当ブログを訪れる方が時々いるようなので書きますが、トラコテの水の錠剤はイギリスのエインズワースで買うのが一番安心だと思います。

エインズワースのホームページはこちら↓
http://www.ainsworths.com/

この治癒水は「アクエリアス星座からの宇宙エネルギーによってマイトレーヤが磁化されたもの」であるとのことです。

1992年にメキシコのトラコテが発見され、同年、ベンジャミン・クレーム氏がホメオパシーのレメディにしてもらい、世界中で何千人もの人が恩恵にあずかっているとのことです。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/si5n7k/04zpzf/1y51lg



ユーチューブに動画がありました↓(画質が粗いですが)
https://www.youtube.com/watch?v=P1hxAzyEsKs

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page