2016年01月 - Aquarius

日本もできる事をやるべき 

ハイデマリー・シュベルマー氏は自分の人生のテーマは「豊かな世界の中での貧困」だとインタビューで話しています。

子供の頃、東プロシアからドイツに逃げた時、難民として味わった不条理が原点のようです。

何も待っていないという理由だけで、なぜ突然価値のない人間として扱われるのか理解できなかったと言っています。

今でも世界中で多くの難民がつらい思いをしているはずです。

残念なことにドイツなどで難民への反感が強まっているようですが、どうにか乗り越えて、受け入れなくてはいけません。

覚者方から見れば「難民」と「経済移民」の識別は無意味なことらしいです。

こちらのQ&Aで、覚者方はそのような区別はされてないとベンジャミン・クレーム氏は言っています。



http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/c6gix5/j4zywf/locys5

クレーム氏によると、難民問題に関しては今とは全く違うアプローチが必要です。

人の命の尊重が一番大事であることを政治家は忘れがちであるようです。

「すべての国が、その大きさと能力に応じて、一定数の難民の割り当てを受け入れるべき」であるとのこと。



http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/r63ukg/iugsub/locys5

日本もできる事をやるべきです。
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

お金を使わない生活 



高収入の仕事を辞めて、財産をすべて処分し、お金を使わない生活を20年近く続けている女性がいます。

ドイツに住むハイデマリー・シュベルマー氏です。

もともとは一年間で終えるつもりの実験だったらしいですが、快適なライフスタイルが気に入り、1996年以来、続けいてるそうです。
http://www.epochtimes.jp/jp/2015/07/html/d54848.html

シェア・インターナショナルのインタビュー記事はこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/p854v3/y2cbly

はじめの頃は大変だったようですが、次第に人の輪が広がり、かけがいのない多くの経験を積んだとのこと。

消費や競争ではない形で人と関わり合い、思いやりや創造性を実感できるようになったと語っています。

お金や持ちものに縛られず、スピリチャルに生きている姿には勇気づけられます。

ただ、以前にも当ブログで書きましたが、お金そのものに害はありません。

これからの社会にもお金は存在するとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

害があるのは文明まで滅ぼす商業主義です。

シュベルマー氏は生き方を通して商業主義に異を唱えているのだと思います。

写真は下記サイトより
https://note.mu/tokotonstudio/n/n40013901986e

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

食べ物に現れるハートや顔 

border=

面白い野菜の切り口の写真を集めたサイトがありました。

http://matome.naver.jp/odai/2137204549754967701

いろいろな顔の表情とハート形。

多くはただの偶然なのかもしれませんが、中には「もしかして、徴?」と思えるものもあります。

ハロウィーンのお化けのような顔は違うと思いますが。。

ネギの切り口のハートを見て思い出すのはシェア・インターナショナルのサイトに載っていたマカロンのハートです。

2013年5月、スイスのジュネーブで、ある家族がマカロンの作り方を習う講習会に参加し、焼きあがったマカロンを裏返したところ、ハートの形があるのを見て、驚いたとのこと。

ハートの形を現されたのはイエス覚者であったことをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。

http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2013/2013-07.htm



チョコレートのお菓子にイエスの顔が現れるという2009年3月に起きた現象はかなり話題になったらしいです。

オランダ人が食べていたキットカットにトリノの聖骸布そっくりのイエスの顔がありました。

これはマイトレーヤによる奇跡であることをクレーム氏の師は確認されています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/ahjzfl-1/vep55f/fs0liy/fs0liy

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

「人類にとっての凶兆」 



写真は下記サイトより
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5944

人の命と健康より企業の利益が優先されるのが商業主義。

利益を得るという目的のために人間の安全、健康、命が犠牲になります。

そして商業主義は自然環境の破壊にもつながります。

2015年の世界の平均気温が過去最高を更新したらしいですが、地球温暖化は人間が「儲け」を追求した結果です。

「長年の間、毎年、毎年、大昔の原始林の巨大な領域から、純粋に商業的利益のためにいのちを与える樹木が切り払われてきた。商業至上主義が人間の喉元をさらに締めつけていくにつれ、それはまさに人類にとっての凶兆である。」とベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は指摘されています。

自然環境を回復するには計画されていることより、はるかに多くのことをもっと短期間にやらないと、取り返しのつかない状況になってしまうらしいです。

最大に見積もっても、あと10年、15年しかないとのこと。

大規模な取り組みと、より簡素に生き、より簡素なやり方で仕事をする「劇的な」生活様式の変化が必要であるとのことです。

「商業至上主義の呪い」と題したメッセージはこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/ahjzfl-1/vep55f/famtk9/rvg3vt

[edit]

△top of page

法王の胸像から滴る油 



上はベルギーのリーデケルケという町に住む女性の写真です。

手に持っているのはローマ法王2世の胸像と、それから滴る油を受け取るための容器。

約3年前、像から不思議な治癒力のある油がポタポタ落ちるようになったとのこと。

女性の兄(あるいは弟)が約5年前に病気になり、片方の足が動かなくなっていましたが、油を使ったところ、突然動かせるようになり、医者もびっくりしたようです。

この3年の間に、女性の家を訪れて治癒された人は少なくとも200人いるそうです。

胸像の隣に置かれている聖母マリアの像からも油がにじみ出て、時々、胸にあるバラから血が滴るとのことです。

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者によると、ヨハネ・パウロ2世の胸像から出る油はイエス覚者による奇跡です。

マリア像の油と血の現象は聖母マリアだった覚者が起こされたとのことです。

http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2015/2015-11.htm

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

恐ろしい商業主義 




バス事故が相次ぐのは過当競争によって、安全対策がなおざりにされているためであるらしいです。

規制しても、激しい競争のため、現場での法令違反が絶えないと報じられています。

人の健康と命より、儲けることを重視する企業はあらゆる業界に存在します。

商業主義の恐ろしいところです。

覚者方によると、商業主義の支配する社会で、人間は人間らしく生きることはできません。

商業市場主義は盲目な(つまり悪魔的な)市場フォースに従うので、究極的には文明を滅ぼすようです。

実際、私たちは自滅寸前のところまで行ってしまったらしいです。

2007年のメッセージで、ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は「人間はまさに死を弄んだ」と指摘されています。

覚者方によって助けられ、「危うい脱出」をしたとのことです。

多大な負担を覚者方かけながら、助けられたことさえに気づかず、私たちは相変わらず物質的な生き方に浸っているとのこと。

でもこれからマイトレーヤが現れ、人類はスピリチャルに成長すると覚者は言われています。

目から目隠しが落ち、光が見えるようになるとのこと。

「人々はマイトレーヤと彼のグループの覚者たちを熱心に見習おうとし、そうして彼らの機構や規範を浄化するだろう」

マイトレーヤと覚者方の助言を得て、新しい、シンプルな機構を作り、競争と緊張のない、安心できる社会をつくるようになるとのことです。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/si5n7k/t1vhdg/fnni4f

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

メキシコ、コスタリカで目撃されたUFO 



写真はシェア・インターナショナルのサイトより↓
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2015/2015-11.htm

2015年9月11日、メキシコのユカタン州でUFOが目撃されました。

写真では茶色で、キノコらしい形をしていますが、目撃された時は青色の光だったようです。

最初は一直線に動いていたのが、ジグザグの動きになり、2分後には消えたとのこと。

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者によると、こちらは火星からの宇宙船です。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/fkmww5/y79s7c/rrgw6l

下の写真は2015年9月15日、コスタリカで目撃された虹色の円盤型の雲。

複数の都市で目撃され、「神様からのサインのようだ」と思った人もいたらしいです。

動画がこちらのサイトにあります↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200858.html

こちらの雲は火星からの宇宙船であることをクレーム氏の師は確認されています。


虹色の雲といえば、2014年11月3日、オーストラリア全土で目撃された珍しい雲がありました。

どこの惑星から来たかについては言及されていませんが、複数のUFOによって雲がそのような形になったとクレーム氏の師は言われています。



写真はシェア・インターナショナルのサイトより↓
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2014/2014-12.htm

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

早ければ一年後 

マイトレーヤが世界中にテレパシーで話される「大宣言の日」は早ければ2017年1月になる可能性があるようです。

以前、当ブログでも書きましたが、2015年4月、サンディエゴのイベントのパレードに看板を持っている男性が現れました。

看板の片面には「マイトレーヤはやって来る」と書かれ、反対側には「2017年の1月に」と書かれていたとのこと。

この男性はイエス覚者の代弁者であったことをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。

目撃した人がシェア・インターナショナルに出した手紙はこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/yitdsf/83xflm

2015年の半ば頃に、別の読者が「大宣言の日」は2017年1月に起こるでしょうか、と聞いていますが、それまでの1年半の間にマイトレーヤのエネルギーとアイディアに人類が良い反応を示せば、あり得るとクレーム氏は答えています。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/t1vhdg/xchu67

早ければ来年の1月に前代未聞の大奇跡が待ち受けているのです!

人間が啓示を拝受する時が迫っているとクレーム氏の師は言われています。

私たちは新しい知識に熱中し、「あたかも一夜にしてと思えるほど、急速に成長する」 とのことです。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/yitdsf/hb3881/7hh2no

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

株式崩壊が最終段階まで来た時 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

年が明けてから、世界の株価が落ちていますね。

覚者方によると、株式市場の崩壊は必然です。

今年、経済システムが壊れる可能性は十分にあります。

でも崩壊は新しい社会が始まるために必要な現象であり、心配はいりません。

これからより良い経済システム、より良い社会ができるのです!

ベンジャミン・クレーム氏によると、世界的な株式崩壊が最終段階まで来たことがはっきりした時、マイトレーヤは公に出現されます。

アメリカのテレビに現れ、世界中の人が生中継でマイトレーヤを拝見することになります。

「わたしの到来は、人の心に変化への願いを、より良きものへの願いを喚び起こす」とマイトレーヤは言われています。

マイトレーヤと覚者方の公の出現で、世の中は大きく変貌します。

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は次のように言われています。

「わたしたちの顔が知られるとき、それは世界を一変させる変化の時の始まりを意味するだろう。変化は一度にすべて起こるのではない。しかし間もなく、正義と自由のための最初の確固とした強打が加えられ、年月を経るにつれて勢いを増していくだろう。やがてすべてが刷新され、世界中の人間はより澄んだ、より健全な空気を吸うであろう。」

http://sharejapan.org/sinews/magazines/rwhnd8/vep55f/gyln8i

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page