2015年06月 - Aquarius

変化は訪れるだろう 



画像はNHKのサイトより↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150624/k10010125681000.html

18年ぶりに株価が上場し、昨日の新聞には「株しかない」という本の広告が出ていました。

「株式投資は一度きりの人生を大きく変えることのできる圧倒的にして最高峰の兵器だ」とのこと(!)

「2020年に日経平均は4万円超えをめざす」と予想しています。

一方で、バブルがはじけることを予想する専門家もいます。

アメリカの利上げによって「株価の大幅な調整が起こりうる」と予想する記事はこちら↓
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150625-00074621-toyo-nb&p=1

「日銀を除いた官制の買いが2015年末にも尽きる」可能性があり、海外投資家が日本株の売りに転じるかもしれないとのことです。

何度か当ブログで書いていますが、覚者方に見えているのは株の暴落。

「今年の終わりに近づくにつれて、人々は世界の様々な地域に変化の始まりを見るだろう」とベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は今年のはじめのメッセージで言われています。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/ndshrf/ys7drq/upwvvz

「人々は至るところで変化を待っており、変化は訪れるだろう――歓迎するにしろ、しないにしろ」

訪れる変化とは「国際経済制度の際だった崩壊」のことで、第4四半期に起こる可能性は大体あたっているとベンジャミン・クレーム氏はこちらのQ&Aで述べています。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/pzytyf/p854v3/locys5

今のシステムが壊れるのは恐ろしいことや悪いことではありません。

古いものがなくなることによって、ようやくアクエリアスの時代にふさわしい公平な制度をつくることができます。

「有害だと見られていたことが、終わりには有益なこととして見られるだろう」「恐れることはない、すべてが最善のためなのであるから」とクレーム氏の師は言われています。
スポンサーサイト

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

空を飛んでいたスーパーマン 



写真はこちらのサイトより↓
http://curazy.com/archives/36955

正義と真実を愛するスーパーマンはさわやかな正統派スーパーヒーロ。

8年前のことですが、ルーマニアで、スーパーマンそっくりの人がの空を飛んでいるのが目撃されました。

こちらのブログで紹介されています↓
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou/e/7b115700e62cdb553f3150250bb207ac

こちらがシェア・インターショナルの記事↓


http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2007/dec_07.htm

2007年9月、ジェミニという村で、立ったままの姿で家を上を飛んでいるのを約20人の村人が見たとのことです。

スーパーマンのテカテカした青い衣装を着て、地上から100ヤード(約94メートル)離れところを、音や煙を出さず、ゆっくりと飛んでいたそうです。

これは幻覚ではありません。

マイトレーヤによって顕された現象であることをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。

世の中にマイトレーヤがおられることを示すためのサインであるとのことです。

スーパーマンが飛んでいたというとちょっと笑い話のようですが、実際に見た人はおかしさは感じず、ただただ不思議に感じたのではないかと想像します。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

惑星を救え 



法王がスーパーヒーローとして描かれている動画がありました↓
https://www.youtube.com/watch?t=60&v=76BtP1GInlc

ブラジルの環境保護団によって作られたようです。

ハフィントンポストの記事はこちら↓
http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/17/pope-francis-climate-change-fighting-superhero-_n_7608722.html

もちろん現実には環境問題はヒーローに任せるものではなく、地球に生きている人全員が力を合わせて解決するもの。

「すべての男女が、子供が、この仕事に彼らの役割を果たさなければならない」とクレーム氏の師である覚者は言われています。

覚者の環境に関するメッセージはこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/c6gix5/pc576z/f53nfj

動画では法王がイエスに励まされていますが、同じような感じで、私たちは皆、「まさに時間はない。 われわれの惑星を救え!」とマイトレーヤと覚者方からエールを受けているように感じます。

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

インスピレーション 



写真はこちらのサイトより↓
http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/19/the-pope-and-japan_n_5690409.html

ローマ法王フランシスコはマイトレーヤからインスピレーションを受けている人です。

シェア・インターナショナルのQ&Aで「フランシス法王が様々な演説で貪欲、世界の強力な経済的勢力、社会の多くの豊かな分野にとってはいまだに魅力的な純粋な資本主義について反対しているのは、覚者によって印象付けられ鼓舞されているからですか?」という質問に対し、法王は、マイトレーヤによって鼓舞されているとベンジャミン・クレーム氏は答えています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/k58mg8/fmxykh/ys7drq/xchu67

貧困撲滅、環境保護、平和の実現。

法王フランシスコが訴えていることは覚者方が人類が取り組まなくてはいけないと言われている課題に重なり合います。

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

中国で合計19回のインタビュー 

マイトレーヤは中国で合計19回インタビューを受けたとのことです。

北京語で話されているのでしょうか。

広東語を使われることもあるのでしょうか。

テレビに出演されるたびにマイトレーヤの祝福が視聴者に与えられているようです。

視聴者の多くはマイトレーヤが偉大な霊的存在であることを直観しているとのこと。

マイトレーヤを見てすぐに彼に愛を感じたり、インスピレーションと希望を感じる人もいるのとこです。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/vep55f/xchu67

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

サイババからのサイン 



写真はカナダ、エドモントンの家で撮影されたもの。

サイババの写真やイエスの肖像画にビブーティ(聖灰)とアムリット(黒っぽい、香り高いはちみつのようなもの)が流れいます。

サイババによって顕されたことをベンジャミン・クレーム氏の師は確認されています。
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/vep55f/xh4l0x

マイトレーヤとサイババは偉大なアバターで、世界の再生のために共同して働いているとのことです。

クレーム氏はお二人にオーバーシャドウされることがあります。

サイババに関するシェア・インターナショナルの記事はこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/rwhnd8/6g7xbj/25bbp6

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

淀屋橋付近のビル 



写真はシェア・インターナショナルより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2015/2015-05.htm

昨年11月、大阪の淀屋橋付近のビルに現れた光の模様です。

マイトレーヤと宇宙の兄弟たちによって現されたとのことです。
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/vep55f/xh4l0x

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

強い人がやらないこと 



精神的に強い人がやらないことリストというのを見つけました↓
http://matome.naver.jp/odai/2140303058893085901

英語の原文はこちら↓
http://www.lifehack.org/articles/communication/13-things-mentally-strong-people-dont.html

自己憐憫に浸らない、人にコントロールされない、変化を恐れない、自分がコントロールできないことにエネルギーを使わない、皆に好かれようとしない、リスクを恐れない、過去の思い出に浸らない、同じ過ちを繰り返さない、他人の成功を妬まない、失敗してもあきらめない、独りでいることを恐れない、世の中が自分に何かを与えるべきだと思っていない、すぐに結果が現れることを期待しない。

ハードルは高いですが、少しでも実践できれば、覚者方が説く「無害」に生きることにつながると思います。

マイナスなことにエネルギーを使わない。

自分にも人にも害を与えない。

パワハラ相談が過去最多になったというニュースがありましたが http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000132-jij-pol
当然ながら精神的に強い人はパワハラ・セクハラをしません。

いじめをする人は自分が強いと思い込んでいる場合が多いですが、実は弱い人です。

被害に遭っている人はこのことを忘れないでほしいと思います。

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

西日本の光、ノルウェーの光 



画像はユーチューブより↓
https://www.youtube.com/watch?v=UQarJ-iDrlk

昨年の11月3日、西日本で目撃され、話題になった光はUFOでした。

金星からの宇宙船であることをベンジャミン・クレームの師である覚者は確認されています。
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/vep55f/xh4l0x

この光は多くの人が見たようです。ツイッターのつぶやきなどはこちら↓
http://matome.naver.jp/odai/2141502253745666001

下はノルウェーのサンマンジャーで撮影されたビデオからの画像です。



明るい物体が色を変えながら移動していたとのことですが、こちらはマイトレーヤの「星」であるとのこと。

「星」はあらゆる宗教の信者が待望している偉大な教師の出現を告げています。

実際は星ではなく、宇宙船です。

2000年前、イエスが誕生した時も宇宙船の「星」は現れました。

色がコロコロ変わったり、目立つような明るい光であれば「星」である可能性があります。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

肉体は滅びても 

テレビ番組表の「亡き夫が帰ってきた?相次ぐ謎のよみがえり」という言葉にひかれ、この前、「所さん!大変ですよ」を見ました。

霊の現象を取り上げるのかと思っていたら、全く違う内容でした。

亡くなった人そっくりの「遺人形」を作ったり、音声記録から故人の声を再現してスピーチを作ったりする事例を紹介していました。

パソコン上で故人と「会話」する研究もあるとのことです。

アメリカでは実在の女性をモデルにしたBina48 というロボットが開発され、本人のように会話できるとのこと。

将来的には亡くなった人のデータを元にしたロボットとひ孫などが話せるようになるらしいです。

そして番組の最後に出てきた映像はアメリカで冷凍保存されている遺体のカプセル。

亡くなった人との再会を取り上げた番組http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0823/
を見た時は感動しましたが、今回は複雑な気持ちになりました。

記憶を残しておきたいという遺族の切実な気持ちはわかる気がします。

私にも五感で感じとる何かが欲しいと強く思う日がくるかもしれません。

でもそれだけでは得られる慰めが限られているようにも感じます。

失った悲しみや死に対する恐怖を最終的に和らげるのは輪廻転生とあの世のことを少しでも信じることだと思います。

肉体は滅びても、魂は永遠。

それを信じなければ、(知らなければ) 本当に癒されることは難しいのではないでしょうか。

矢作直樹氏が「魂が永遠のものであるという仕組みを理解できないと、多くのストレスや悩み事はいつまで経っても解消しにくいのではないでしょうか」と言っていますが、その通りだと思います。

ちなみに冷凍保存した肉体に魂は戻らないとベンジャミン・クレーム氏の本に書いてあったように記憶しています。

また胎内の赤ちゃんになって新しい人生を始めるとのことです。

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

3つの動画 



イギリスの建物に現れた光の十字架の動画がユーチューブにありました。
https://www.youtube.com/watch?v=Hc9JKQ0NSIE

撮影者が住むところにはこのような光が頻繁に現れるようです。

こちらの動画も同じ人が撮ったものです。
https://www.youtube.com/watch?v=zydj_hVCOJY

こちらの動画は無駄に長いのですが、前半の部分に映っている光の模様は興味深いです。
https://www.youtube.com/watch?v=600kBliLDro



2つのうちの一つが突然上のほうに行って、消えてしまいます。

ビデオカメラが回っているからこそ、動いたかのようです。

世界中に現れる光の模様はマイトレーヤが宇宙の兄弟たち(宇宙人)との協働で顕されているとのことですので、こちらも例外ではないと思います。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page