2015年05月 - Aquarius

光の十字架や光の模様 



マイトレヤーの出現を予告する徴に光の十字架や光の模様があります。

上は2013年10月に撮影された米ジョージア州のアトランタにあるホテルの写真です。

壁の光の模様はマイトレーヤが宇宙の兄弟たちとの協働によって顕されたことをべンジャミン・クレーム氏の師は確認されています。

http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2015/2015-03.htm

下は東京のひばりが丘の西友の窓に現れた光の十字架の写真です。



写真はこちらのブログより↓
http://plaza.rakuten.co.jp/rishikesh/2000/

キリスト教徒がわずかしかいない日本にも十字架のサインが現れていたのですね。

マイトレヤーの出現を予告するサインであることは間違いないと思います。



ユーチューブに動画がありました↓
https://www.youtube.com/watch?v=xwX-K9iCIew
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

真夏日 



上の記事は下記サイトより
http://www.sankei.com/west/news/150529/wst1505290082-n1.html

今日も暑いです。

5月からこんなに暑くなるのは異常です。

インドでは熱中症や日射病で1100人を超える死者が出ているとのことです。

ニューデリーなどでは気温が45度を超えるらしいです。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015052701000728.html

人間のせいで自然がバランスを失ってしまいました。

「日ごとの気候の変動は、惑星が病んでおり、その均衡を取り戻すために即刻、熟練した看護が必要であることを、疑いの余地なく証明している」とベンジャミン・クレームの師である覚者は言われています。

地球環境を回復させるには老若男女、すべての人が力を合わせる必要があるのことです。

「地球は産みの苦しみの中にある」と題したメッセージの中でも自然の回復と救済、そして簡素な生き方と分かち合いの必要性を覚者は説かれています。

「人間は地球を荒らし、汚染し、そして自分自身の住む環境をひどく破壊した。いま自分たちが傷つけたところのものを救済することを最優先と見なし、自分たちの病んだ惑星を健康に戻さなければならない。
惑星に対する要求を簡素化し、簡素さの美を学び、分かち合いの歓びを学ばなければならない。」

http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/ahwpdf/txjxnq/i1c3bl

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

光の姿 

下の写真はメキシコの教会で撮影されたものです。

聖母マリアの形をした光が聖礼典の隣に現れています。



こちらの写真では聖母が左側のピンク色の三日月形の光のほうを向いています。

どんな意味があるのでしょうか。


こちらでは聖母が十字架の前で祈っているようです。


光の姿は聖母であった覚者によって顕されたとベンジャミン・クレームの師は確認されています。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/kxz1kf/wc8q03

写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2015/2015-04.htm


=========

明日は名古屋で石川道子氏による講演会があります。

ウインクあいち 大ホールで午後6時から始まります。

http://www.sharejapan.org/info/event.html

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

最大の障害 


にほんブログ村の「平和 ~peace~トーナメント」に参加します。

戦争は何の問題も解決しない。

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者はこう言われています。

戦争は混乱を生むだけで、人類の進歩の妨げになる。

地球の資源は略奪され、人間のエーテル体は悪影響を受ける。

イデオロギーや大義が戦争の原因になっている現在、私たちは国のリーダーたちを注意深く選ぶ必要があると覚者は言われています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/33116k/60wbw5/ydrmlg

でもイデオロギーの違いより大きい危険要因であるのが経済格差であるとのことです。

「金持ちと貧乏人の生活様式の間の隔たり、富める国と貧困な国の生活様式の間の隔たりはますます拡大しており、それが今日、平和の達成に最大の障害となっている」と覚者は指摘されています。

問題なのは先進開発国の自己満足感と貪欲であるとのこと。

真の平和を得るには分かち合いを実践し、正義と信頼がある世の中をつくらなければならないとのことです。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/si5n7k/yitdsf/ppomer

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

長く観察できなかったUFO 




上の写真は太陽・太陽圏観測衛星(SOHO)がとらえたものです。

太陽の下に写っている物体は巨大な宇宙船であることをベンジャミン・クレームの師である覚者が確認されています。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/kxz1kf/wc8q03

NASAはUFOの存在を否定し、UFOの映像を「自然にできた傷とか不適切な処理の結果」だと言っていますが、UFOは存在します!

多くの人が日常的に目撃していると思います。

先週に続き、私のUFO目撃談ですが、数年前、繁華街を歩いていたある夜、高いビルの上のほうに小さい白い光が10個くらい浮遊しているのを見ました。

窓の近くにふわふわと、まるでホタルのように軽やかに動いていました。

上の階の部屋からはどのように見えるのだろうと、強い好奇心に駆られましたね。

そばから見てもまぶしい白い光なのか、それとも宇宙船の輪郭をしているのか。

その時は用事があったので、長く観察することはできませんでした。

上層部はおそらくホテルだったと思いますが、光に気づき、じっくり眺めた宿泊客はいたのでしょうか。

========

本日、大阪で石川道子氏による講演があります。

中央公会堂の大集会室で2時スタートです。

http://www.sharejapan.org/info/event.html

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

新しい時代の祈り 

以前にも当ブログで触れたことがありますが、マイトレーヤは「新しい時代の祈り」を人類に与えられました。

新しい時代の祈りは偉大なマントラ(言霊)であり、是認の言葉であるとのことです。

神と自分は分離したものではなく、一体であることを自覚するための言葉。

ベンジャミン・クレーム氏は次のように述べています。

「マイトレーヤによって与えられた「新しい時代の祈り」は実際には、呼びかけ的な効果を持つ是認であり、人間と神は一つであり、そこに分離はないということをわれわれが認めるようになるための強力な道具でありましょう。自分は宇宙の創造主であることを断言することによって、(究極的に)われは神なり、真の実在なりという意識に入ることができるのです。」

新しい時代の祈り

わたしは宇宙の創造主である。
わたしは宇宙の父にして母である。
すべてがわたしから来る。
すべてがわたしに戻る。
心と生気と肉体はわたしの宮殿である。
真我はそのなかにわたしの至高の存在と生成を実現する。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/pzytyf/p854v3/cd6dt1

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

サンディエゴのUFO 



先日私が見たUFOとちょっと似ているUFOののビデオがユーチューブにありました↓
https://www.youtube.com/watch?v=FBKBs2QMzzM

アメリカのサンディエゴで撮影されたそうです。

動き方は全然違いますが、色がオレンジで、複数が同時に現れたことが共通しています。

ビデオのUFOははっきりした楕円形で、中心に白い光が見えますが、私が見たUFOは小さい丸で、全体がぼんやりしたオレンジでした。

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

浮遊するオレンジ色の光 

この前(ゴールデンウィーク中)、久しぶりにUFOを見ました。

夜、家の窓を開けたら、オレンジ色の光が空に浮かんでいたのです。

数キロしか離れていないように感じました。

ゆっくり横に動き、たまに停止していました。

大きくなったり、小さくなったりしましたが、気が付くと同じようなオレンジ色の光が他に二つ現れ、連携しているようにお互いに近づいたり離れたりしていました。

消えたと思うと数秒後はちょっと離れたところでまた現れたりしていましたが、いつの間にかもう一つ増えていて、全部で4つの光が同時に見える瞬間もありました。

しばらくすると一つずつ小さくなり、水平に進みながら消えていきました。

最後の光が遠くで小さくなるのを見届けてから窓を閉めました。

15分くらいのちょっとした天体ショーでした。

大気を「掃除」している宇宙船だったのでしょうか。

ベンジャミン・クレーム氏によると宇宙の兄弟たちは原発から出る放射能の汚染などの環境汚染を中和しています。

=========

本日東京で、石川道子氏による講演会があります。

「なかのZERO大ホール」で2時から始まります。

http://www.sharejapan.org/info/event.html#tokyo

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

競争から共創へ 



写真は下記サイトより
http://www.greenery-niigata.or.jp/news/public/detail/ID/48/td/

「カラミーラッド」というイベントがアメリカから上陸し、ブームになっているようです。

色とりどりの粉をかけられながら5キロ走るレースですが、タイムは計らず、勝者はいないとのこと。

参加者はグループでお揃いの衣装を着るのだそうです。

カラフルな粉をかけるのはヒンドゥー教の「ホーリー祭」から来ているらしいです。

「Color Me Rad」 の Rad は「いかした」という意味なのだとか。

グループの絆を確認し合うこうしたイベントの消費が広がっていると新聞に書いてありました。

消費のトレンドが「見えや地位を隣人と競い合う消費から仲間と価値を共創する消費へ」変化しているので、企業は発想を転換する必要があるとのこと。

隣人と競うのではなく、仲間と楽しい時間を共有する。

「カラミーラッド」はアクエリアスの時代にふさわしいイベントであるように感じます。

これまでは企業は何を売ろうとする時、競争意識をあおるところがありました。

「ライバルに差をつける」「周りに差をつける」という言葉は今でも多くの広告に使われています。

でもアクエリアスの時代は協力の時代。

人に差をつけたいと思うこと自体がどんどんなくなり、消費の形も変わっていくでしょう。

競争から共創へ。

社会のあらゆる面でこの変化の流れが見られるはずです。

============

5月16日(土)には石川道子氏による講演会が東京であります。
http://www.sharejapan.org/info/event.html

[edit]

△top of page

沖縄の講演 



本日、沖縄で石川道子氏による講演会があります。

浦添市てだこホールの大ホールで午後2時よりスタートです。
http://www.sharejapan.org/info/event.html

ゴールデンウィーク中に講演会の広告が新聞に載っていましたね。

抜け出すのが大変な怪しい団体に勧誘されるかもしれないという不安は持たなくて大丈夫です。

本人の意に反する行為はありません。

マイトレーヤは無害であることの必要性、正しい人間関係をつくることの必要性を説いています。

自由意志を尊重するのが大前提です。

これから「大宣言の日」の奇跡が起きてもマイトレーヤがキリスト(世界教師)であることを信じない人は出てくるらしいですが、それは問題ではありません。

マイトレーヤは信者を必要としていないとのことです。

信じない人は救われないとか、何か悪いことが起きるとか、そのようなことはありません。

マイトレーヤの身分をどう認識するかより、分かち合いの社会をつくりたいと思うかどうかが重要であるとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

石川道子氏による特別講演 



石川道子氏による特別講演が沖縄、東京、大阪、名古屋で行われます。

予定はこちらのページにあります↓
http://www.sharejapan.org/info/event.html

入場無料で、出入り自由です。

勧誘や寄付の要請はありませんので、ご安心ください。

講演会の日の翌日は伝導瞑想会があります。

ビデオ上映会などのイベント情報はこちら↓
http://sharejp.info/

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

ビブーティとアムリット 





写真はサイババの写真とヒンドゥー教の神であるガネーシャの絵です。

ビブーティ(聖灰)とアムリット(黒っぽい、香り高いはちみつのようなもの)が流れていますが、こちらはサイババによる奇跡であることをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/j540f8/pzytyf/p854v3/p6sngi

サイババは肉体を離れましたが、現在もマイトレーヤと共に世界の再生のために働いています。

お二人とも偉大なアバターです。

サイババは宇宙レベルでのキリスト原理を体現し、マイトレーヤは惑星レベルでのキリスト原理を体現しているとのことです。

ベンジャミン・クレーム氏が一般向けの講演会で話す時は、サイババとマイトレーヤお二人がクレーム氏をオーバーシャドウしています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/rwhnd8/6g7xbj/25bbp6

写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2015/2015-03.htm

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

アイディアを支持する人は増える 

政府と政府のコントロール下にあるマスコミは民衆の声を無視するか、けなしているとベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は言われています。

もちろん日本も例外ではなく、状況はひどくなっています。

自民党はマスコミに圧力をかけ、NHKや国内の大手メディアはほとんど言いなりになっています。

安倍政権は外国のメディアからは報道と言論の自由がない独裁政権と見られているほどです。

http://snn.getnews.jp/archives/482040

ただ報道が規制されても、マイトレーヤのメッセージを抑え込むことはできません。

マイトレーヤのアイディアを支持し、反応する人はこれから世界中で増え続けるとクレーム氏は言っています。

いつか日本のメディアにもマイトレーヤは出演されます。

アベノミクスのマイナス面が明らかになった頃、あるいはその前になるのでしょうか。

現在マイトレーヤは中国におられます。

これまでの中国でのインタビューは合計15回で、視聴者の反応は賛同と反対が入り混じったものであったとのことです。

シェア・インターナショナルの最新号のQ&Aはこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/j540f8/kxz1kf/locys5

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page