2014年10月 - Aquarius

UFOに見える雲 




先週は富士山に「笠雲」がかかり、さらに雲がいくつも重なる「つるし雲」が近くに浮かんでいたらしいです。
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2014102202000094.html

富士山付近にはこのような雲が頻繁に見られるらしいですが、多くの場合、UFOであると思います。

今年の8月、中国で目撃された「UFO過ぎるUFO雲」も宇宙船だったのではないでしょうか。
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201408_post_4591.html



2012年8月、ぐるぐる回転していた北海道の雲も、いかにも宇宙船。
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p2c5673ea98378844c5a075d0b6b33b76

下の写真は米カリフォルニア州のシャスタ山ですが、雲は木星から来た宇宙船であることをベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は確認されています。

宇宙船は人間の目には一般的には見えないエーテル物質で出来ているとのことです。

はっきりと見えている時は異星人が宇宙船の振動率を下げている時であるらしいです。



写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2014/2014-03.htm
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

「印刷」でつくる家 



写真は下記サイトより
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20141008/272304/

3Dプリンターで家をつくる実験が世界中で行われいてるらしいです。

オランダでは伝統的な住宅の「カナルハウス」を建てるプロジェクトが始まったのとのこと。

「印刷」された家は早く完成し、コストも安く、廃棄物がほとんど出ないから、エコでもあるらしいです。

この技術で複雑な模様も作れるとのことですから、このような↓装飾レリーフも簡単に作れるようになるのでしょう。



写真は下記サイトより
http://item.rakuten.co.jp/bagus1/673/

これからは個人の好みに合わせてつくる時代になるのでしょうか。

すべてが印刷だと、ぬくもりがなく、遊園地にあるようなペラペラのレプリカみたくなってしまう感じもします。

例えば日本の民家を3Dプリンターでつくった場合、木やかやぶき屋根などの天然素材の風情はなかなか出せないと思います。

でも天然の建材を併用したりすれば、それなりに雰囲気が出るかもしれません。

実用化されれば、部屋の中の仕切りの壁や、子供の遊び用の小さな家など、いろいろ用途が広がりそうです。

早く住宅を供給できるところが何よりの強みですね。

「すべての者のための適切な住宅や宿」はマイトレーヤの優先事項の一つですが、これを実現するのに役立ちそうです。

マイトレーヤの優先事項はこちら↓
http://www.sharejapan.org/maitreya/mai_02_01.htm

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

今夏のミステリーサークル 



インターネットを見ていたら、こんなすっきりした柄のミステリーサークルがありました。

今年の7月、イギリスで発見されたとのこと。
http://www.cropcircleconnector.com/2014/foresthill/foresthill2014a.html

異星人たちはどんな意味を込めたのでしょうか。

動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=ZEKmWSZvkio#t=15

下のミステリーサークルの意味はちゃんとわかるようです。



こちらのブログ http://ameblo.jp/elohim-tyoko/entry-11874705311.html によると、モールス信号でNO MORE WAR と書かれているのだそうです。

話題を集めたあのドイツのミステリーサークルは火星からの宇宙船によって作られたとのことです。

ベンジャミン・クレームの師である覚者が確認されています。

http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/k58mg8/nav5kx/8c0nmr



写真は下記サイトより
http://www.thelocal.de/galleries/news/bavarian-crop-circle-puzzles-crowds-raisting/3

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

ストレスとエボラ出血熱 



上のQ&Aはこちらのサイトより↓
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/k58mg8/nav5kx/xchu67

人間が強い緊張とストレスを感じていると、インフルエンザや伝染病が発生するとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

エボラ出血熱の広がりの主な原因は戦争でしょうが、日常生活のストレスも関係がありそうです。

戦争のない国でも暴力的な環境は多く存在します。

昨日は小学校でのいじめの暴行の件数が過去最多になったというニュースがありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000084-san-soci

苦しい思いをしている大人も大勢います。

職場のパワハラ相談は過去最高です。

妊娠や出産が理由で嫌がらせを受けている女性も増えています。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/31/power-harassment_n_5422321.html

このようにいじめが増えているのは「裂開の剣」の作用なのでしょう。

クレーム氏によると、裂開の剣は善と悪のすべてを刺激します。

「悪」のほうが目につきやすいですが、同時に「善」も刺激されています。

最終的に善が勝つとのことです。

善の勝利を確実にするために、マイトレーヤは力を操作されているとのこと。

「大宣言の日」に私たちは正しい選択をし、破滅の道を進まずに済むとのことです。

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

新しい時代 



にほんブログ村の「新しい時代トーナメント」に参加します。

これから飢餓と貧困がなくなります。

分かち合って、協力する社会になります。

スラム街がなくなり、街が美しく生まれ変わります。

交通機関は静かになります。

仕事が減り、休日が増えます。

エコでシンプルな生活が一般的になります。

途方もなく進化された覚者方から生き方を学ぶようになります。

今までにない文化が開花します。

「祝宴へようこそ」と覚者は言われています。

「新しい啓示がもたらされ、偉大なる主、マイトレーヤご自身が先導される」とのことです。

ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者の最新のメッセージはこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/k58mg8/nav5kx/pdfwqx

写真はGODという種の文字が現れたナス。

イエス覚者による奇跡であることをクレーム氏の師は確認されています。
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/k58mg8/nav5kx/8c0nmr

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

自称マイトレーヤ 

この前も書きましたが、ベンジャミン・クレーム氏によると、自分がマイトレーヤ(世界教師、キリスト)だと思い込んでいる人たちはたくさんいます。

自称マイトレーヤの人物に会った人からの質問がこちらのQ&Aのページに載っています。(4番目の質問)
http://sharejapan.org/sinews/magazines/si5n7k/r63ukg/0peuhf

その男性はまわりのみんなに対してフレンドリーで、眼が輝いていたとのことで、質問者はマイトレーヤである可能性を感じたようですが、偽マイトレーヤだったとベンジャミン・クレーム氏は答えています。

本物のマイトレーヤとイエス覚者はそのイベントに「ファミリア」として出席されていたとのこと。

もし「私はマイトレーヤ」という人に出会ったら、マイトレーヤでないことは確かです。

マイトレーヤは「大宣言の日」まで名乗ることはないとクレーム氏は言っています。

普通の人間として現れて、マイトレーヤの名前は一切使われないとのことです。

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

9月の雲 


にほんブログ村の「空と雲 42トーナメント」に参加します。

先月末、刷毛で描いたような、薄い雲が数多く空に浮かんでいました。

繊細な感じの、奇妙な形の雲をあれほどいっぱい見るのは久しぶりというより、初めのことだったように思います。

印象的だったのは日が暮れる頃見た大きな雲。

スコットランドのネス湖の怪物のような動物が羽ばたいているように見えました。


テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

ロボットと余暇 



写真は下記サイトより
http://news.ameba.jp/20140503-346/

にほんブログ村の「ロボット トーナメント」に参加します。

これからますますロボットは活用されるようになるらしいです。

現在のよりずっと洗練されたものが開発されるとのこと。

仕事は機械にまかせ、解放された人間はクリエイティブな思考と行動が可能になる。

ロボットや新しい技術によって人間の仕事がなくなることを心配する必要はないようです。

「人間は働かねばならない、さもなくば飢える」というのはこれまでの競争社会の古い諺で、これからの時代には当てはまらない、と覚者は言われています。

これからは協力の時代になり、生活の必需品を得るのに困らない、思いやりのある社会になるとのことです。

そんな社会を築くにははまず、分かち合うことが大前提。

「余暇が鍵である。そして余暇を確保するために、人は分かち合わねばならない」と覚者は言われています。

余暇の中で人間は学び、訓練し、成長するようになるとのことです。



ベンジャミン・クレーム氏の師である覚者のメッセージはこちらにあります↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/ljbue8/pnv97m/fysck4

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

未来の自動車 



風変りな電気自動車の写真はこちらより↓
http://www.japanfs.org/ja/news/archives/news_id030100.html

にほんブログ村の「未来の自動車トーナメント」にエントリーです。

ベンジャミン・クレーム氏によると(クレーム氏は情報は師である覚者から得ています)、これからは電気自動車が一般的になります。

もうガソリンはいらなくなると思うだけでうれしくなりますね。

車の排気ガスと騒音の悩みはなくなり、ずっと快適になるはずです。

電気自動車がしばらくメーンになりますが、いずれ車は常温核融合のエネルギーで走るようなるらしいです。

地球のすべてのエネルギーの需要を満たす核融合の技術が近い将来、開発されるとのこと。

そしてずっと先のことらしいですが、車は太陽のエネルギーで動きます。

太陽のエネルギーを直接使う「光の科学」という高度な技術を、覚者方が人類に与える日が来るとのことです。

その時は自動車の形は三角や円など、UFOに似た形になっているのでしょうか。

車が進化すると、究極的には小さな宇宙船になるような気がします。。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page