2014年09月 - Aquarius

脅威 



写真は下記サイトより
http://jp.wsj.com/news/articles/SB11758925124099914582604580168680288220728

先週のニューヨークでの温暖化防止デモでは過去最高の40万人が行進したとのこと。

今まで環境保全に熱心でなかったアメリカに、これだけの人々が繰り出し、危機感を表したことにピープルパワーを感じます。

ピープルパワーはこれから非常に強くなるとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

覚者方は「S.O.P. Save Our Planet!」のスローガンが世界中で使われることを期待されているとのことですが、ニューヨークでのデモでは「Urgent, Save our planet!」というプラカードを掲げた人もいたとのこと。

「われわれの惑星を救え」と題した2年前のメッセージで、クレーム氏の師である覚者は戦争と環境問題は人類が直面する最大の問題だと指摘されています。

小さな争いでも、多くの国が巻き込まれることにより、大規模で長期の戦争に発展にしてしまう。

「武器が存在するかぎり、それは使用されるだろう」と言われています。

戦争を放棄しなければ、人間の生存そのものが危ういとのこと。

もう一つの脅威は環境汚染。

病んだ惑星を回復させるための時間はあまり残されていないとのことです。

覚者のメッセージはこちら↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/c6gix5/pc576z/f53nfj
スポンサーサイト

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

にせ予言者 


画像は下記サイトより
http://throughawindshield.wordpress.com/2012/09/13/beware-of-the-wolf-in-sheeps-clothing/

にほんブログ村の「二(多)重人格トーナメント」に参加します。

聖者のように振る舞いながら、実は詐欺師。

そんな二重人格の「にせ予言者」について聖書は警告しています。

マタイによる福音書に「にせ予言者を警戒せよ。彼らは、羊の衣を着て、あなたがたのところに来るが、そのうち側は強欲なおおかみである」とあります。

「にせキリストたちや、にせ予言者たちが起こって、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば選民をも惑わそうとするだろう」とも書かれています。

この警告があるので、ベンジャミン・クレーム氏がマイトレーヤの出現の話をすると、多くのキリスト教徒は不安な気持ちになります。

マイトレーヤが奇跡を起こしていること、間もなく出現するということは信じるけれど、実は仮面をかぶっている偽のキリストなのではないか、と疑うのです。

実際、「にせ予言者」は世の中に数多く存在するとクレーム氏は言っています。

自分がキリストだと思い込んでいる人はたくさんいて、中には知名度が高く、信者を集めている人たちもいるとのこと。

マイトレーヤがキリストで、人類の教師であるということを皆がわかるのは「大宣言の日」になるだろうとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

世界規模のオーバーシャドウとテレパシーの奇跡が起きるからです。

14歳以上のなら誰でもマイトレーヤからの言葉をテレパシーで聞きます。

そしてその日以降、マイトレーヤの愛と叡智、人類のために働く姿を人々は目の当たりにして、疑いの余地はなくなるとのことです。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

生きる力 



にほんブログ村の「感謝のトーナメント」に参加します。

画家のたけ氏は病気になって、深い絶望に陥った時、「ありがとう」と思い続けたようです。

感謝することによりマイナスエネルギーを跳ね返し、生きるパワーを得た。

「ありがとう」と思えば、良い波動が自分の心だけでなく、体のエレメンタルにも伝わるのだと思います。

エレメンタルは自然界にも肉体界にも存在するとのことです。

(漢字にすると、エレメンタルは「自然霊」「精霊」になるのでしょか)

こちらのサイトでは体にどこか悪い所があれば、「いつも、いつも、ありがとう」、「今まで、どうもありがとう」といたわることをすすめています↓
http://www.ne.jp/asahi/aquarius/messenger/aquarius_027.htm

「ありがとうプロジェクト」の活動をしているたけ氏の写真はこちらのサイトより↓
http://prema.binchoutan.com/seminar/2009/02/20090328.html

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

ストレスの影響 



上の文章はこちらのサイトより↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/ahjzfl-1/t1vhdg/xnsmj9/s0gkne

にほんブログ村の「ストレストーナメント」に参加します。

ストレスは病気のもと。

ストレスが大きければ、広い地域にも広がります。

戦争が起きるなど、人間が極度のストレスを感じる状況ではインフルエンザや国際的疫病が流行するとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

エボラ出血熱が今広がっているのも戦争とストレスが原因なのでしょう。

人間が緊張してパランスを崩すと、健康に関わるエレメンタルもパランスを崩し、疫病が生じるとのことです。

私たちのストレスは病気だけでなく、異常気象も生みます。

この20-30年間、気象がおかしくなったのもエレメンタルが人間の悪影響を受けたためです。

本来それほど危なくない台風が大型化してしまったり、地震がより激しいものなってしまうのも人間の間違った思考や行動が原因。

私たちは自然を切り離して感えがちだけれど、すべては有機的に結びついているとクレーム氏は言っています。

自然が勝手に暴走しているのではなく、私たちが間違った生き方をしているから、自然も歪んでしまっている。

逆にいうと私たちが争いをやめ、ストレスがないような社会をつくれば、自然も破壊的にはならないということです。

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

木目に龍 



写真は下記サイトより
http://iseshima.keizai.biz/headline/photo/446/

雲ほど一般的でないかもしれませんが、木の木目に現れる龍の形というのもあるらしいです。

何年か前、テレビで神社かお寺の床に現れた龍の姿を見たことがあります。

木目が偶然そのような模様になったとは思えないほど、のびのびとした体がくっきりと見えました。

場所はどこだったのでしょうか? 

そのようなお寺や神社をご存じの方、是非お教え下さい!

テレビで見たのとは違いますが、三重県の松尾観音寺の床に龍の顔が浮かび上がっているようです。

2006年頃から参拝者が気が付いたとのこと。

こちらも覚者方からのサインである可能性は高いと思います。

シェア・インターナショナルのサイトには神社で起きた奇跡に関する話はほとんど載っていないようですが、神社で撮った写真がありました。

白い線はマイトレーヤからの光の祝福であるとのことです。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/33116k/60wbw5/light_blessings0612_bthumb.jpg/view

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

不思議な雲 



にほんブログ村の「空と雲 40トーナメント」に参加します。

龍の形をした雲は多くの人が目撃するようですね。

写真はこちらのサイトより↓
http://grapee.jp/10057

同じサイトにある天使の形の雲は魔法のように浮かび上がったとのこと。


撮影した女性の母親の命日だったとか。
http://gossip-news.jp/490

こちらの写真はイギリスで撮影されたものですが、神の顔のようだと話題になったようです。



http://www.express.co.uk/news/uk/490625/Bearded-figure-peeks-through-clouds-in-Norfolk

不思議な雲の多くは覚者方が顕された可能性が高いと思います。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

新しいボトル 



画像は下記サイトより
http://jp.freepik.com/

にほんブログ村の「OLD or NEWトーナメント」に参加します。

これからは世界規模で変革が始まります。

OLDではなく、NEWなものへの意識が高まります。

このままではいけないとが思っているからこそ、多くのアメリカ人がオバマ大統領が発したChange の言葉にが共感しました。

これからはマイトレーヤの言葉に世界中の人々が共感し、動き出すわけですから、すごい勢いになるはずです。

マイトレーヤは次のように言われています。

「わたしの到来は変化を予告する。同様に、古い機構の喪失への悲しみを予告する。
しかし、わが友よ、古い瓶は割られなければならない――新しいワインにはより良いものが相応しい」。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/fkmww5/yvun8e

古い考えや古いシステムはアクエリアスの時代にはそぐわない。

新しいワインには新しい瓶が必要。

今ままでのやり方が好きな人は変化に抵抗を感じるかもしれません。

たとえば、これからは競争ではなく、協調によって世の中が動くようになるので、競うことに生きがいを感じる人は寂しさを味わうでしょう。

すべてが変わりますが、古くても良いものは保たれるとのことです。

そして私たちが困惑するほどのスピードで変化は起きないとのこと。

「人間自身が変化の速度と規模を決めなければならない。このようにして自由意志は侵害されないだろう」と覚者は言われています。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

手作りアイス 



にほんブログ村の「おいしいアイス 3 トーナメント」に参加します。

今年はアイス作りを再開しました。

数年前まで電動アイスクリームメーカーを使っていたのですが、音が気になって、作らなくなっていたのです。

でもアイスクリームメーカーがなくても、簡単に作れることにようやく気づき、今夏は思いつくままに作ってみました。

一番簡単なのはカルピスを凍らせるだけのアイス。

クックパッドにもレシピがありました↓ 
http://cookpad.com/recipe/1703897

ヘルシーなのは手作り野菜ジュースやフルーツジュースで作ったアイス。

プラスチック容器に流し、冷凍庫に入れ、完全に固まる前に1、2回フォークやナイフで砕きます。

缶詰のマンゴ、桃、パイナップルなどをミキサーにかけたものもおいしいアイスになりますね。

缶詰のフルーツは甘いので、レモン汁とお酒(ラム酒がおすすめ)を加えると丁度よくなります。

アイスクリームメーカーはもう必要ないかもと思っていましたが、冷やす機能は使えるので、取っておくことにしました。

(写真は上部のミキサーを外したアイスクリームメーカーで豆乳とマンゴ味カルピスを混ぜているところ。)

今まで試した中で一番よかったのはラムレーズンです。

ラム酒につけたレーズンとお砂糖を加えた生クリームを混ぜるだけで、濃厚なアイスが出来ます。

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page