2013年06月 - Aquarius

「未来からの生還」 

にほんブログ村の「第2回 原作付の映画トーナメント」にエントリーします。

Saved by the Light」 という映画がありますが、こちらは同名の本が原作です。

臨死体験をしたダニオン・ブリンクリー氏が書いたこの本と続編はアメリカでベストセラーになりました。






日本語版のタイトルは「未来からの生還」です。

ユーチューブのこちら↓の動画にはブリンクリー氏が電話に出て、雷に打たれるシーンがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=zo92QAC69Mc

この時死んでしまうわけですが、体は動かなくてもしっかりと意識はありました。

上からすべてを眺めていて、「死んだ」という感覚は全くなかったのです。

臨死体験によってブリンクリー氏は劇的に変わりました。

暴力的でけんか好きだったのが、誰にもやさしくなり、スピリチャルな世界に関心を持つようになりました。

知らずに超能力も身に着けていました。

その変貌ぶりには驚かされます。

私は映画のほうは見ていないのですが、この本を紹介したくてトーナメントに参加しました。

「見てから読むか、読んでから見るか」という悩みがあれば、これに関してはまず読むことをお勧めします。

下記のブログに本の詳しい紹介があります。

http://plaza.rakuten.co.jp/cyousenrekishi/diary/200901300000/
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

飛行機型UFO 

にほんブログ村の「飛行機トーナメント」に参加します。

一昨日の夜、家の近くで怪しい光がほとんど停止している状態で空に浮いていました。

赤と白にゆっくり点滅していましたが、くっきりした楕円形で、飛行機ではないと思いましたね。

いかにも飛行機でないものはUFOと判断しやすいです。

でもUFOの中には飛行機型というのもあるようです。

飛行機型UFOについてはベンジャミン・クレーム氏のコメントを読んだ記憶はありませんが、実際にあるのではないかと私は思っています。

昼間、何度かそれらしいものを見たことがありますから。

決定的に変わっていたというわけではなく、機体の色や速度や光の点滅の仕方で、なんとなく不自然に感じただけですが。

こちら↓は撮影者が飛行機型UFOだと思って撮った動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=K4vSMZFeTUo
片方の翼の光が消えていますが、ビデオの最後のほうでは両方に光が付いています。



こちら↓も撮影者がフェイクプレーンと見なした飛行体のビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=QaCk6HVqcXQ

フェイクだとわかりくいのは、異星人たちがそれなりに本物に見えるよう工夫しているからだと思います。

テーマ: 宇宙・科学・技術  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

真珠の涙を流す仏像 



にほんブログ村の「真珠トーナメント」に参加します。

チベットのお寺にある仏像は小さな真珠の涙を流すようです。

ベンジャミン・クレーム氏の師によると、真珠はマイトレーヤによって顕されました。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/rwhnd8/6g7xbj/od8dgd

血や涙を流す宗教像に比べて、真珠の涙というのはどこか華やかな感じがします。

きっと信者たちは大事に真珠を保管しているのでしょう。

ユーチューブで探しましたが、動画は見つかりませんでした。

奇跡が起きている瞬間を捉えた動画はさすがに少ないです。

でもマレーシアの口を動かす仏像の動画は結構数多く撮られています。

2011年2月に目撃されたこの現象はイエス覚者が起こした奇跡であるとのことです。

仏像はかすかに瞬きもしているようです。

http://www.youtube.com/watch?v=zRwEBl3qjEI

http://www.youtube.com/watch?v=eSB22UQ6WLg

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

お弁当のプラスチックの葉っぱはいらない 



写真はこちらから

にほんブログ村の「弁当大好きトーナメント」にエントリーします。

コンビニやスーパーで買うお弁当やお惣菜についてくるプラスチックの葉っぱが気になります。

「バラン」といって、仕切りの役目があるらしいですが、あれは私には不要なものにしか見えませ~ん。

小さすぎたり、妙なところに隠れていたりして、役に立っていない場合が多く、第一、仕切りがなくてもよいお弁当が多いのです。

このプラスチックの葉っぱが大量に生産されて、毎日大量のゴミになっているのがとても無駄に感じます。

お弁当に彩りを添える役目もあるらしいですが、それならなら本物の野菜が一番だと思います。

どうしもバランがいる場合はこちら↓にあるような食べられるものにしてほしいです。
http://www.bellemaison.jp/100/pr/4412013H/970664/

まあ、手作りのお弁当の場合は仕切りないものが手間がかからなくていいと思いますが。

金子 由紀子氏のシンプルな「どんぶり弁当」が参考になります。
http://allabout.co.jp/contents/sp_disaster01_c/1214/60580/index/

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

人類と覚者たちの関係 

にほんブログ村の「関係について(2)トーナメント」に参加します。

このブログの最大の関心ごとですが、間もなく世界教師マイトレーヤと覚者方のグループが公に現れます。

私たちが新しい社会をつくれるよう、助言を与えるため、覚者方は来られました。

人類の歴史の中では今が一番悪い時期であるようですが、これからはすべてがよくなります。

「覚者たちは簡素な喜びに満ちた生活をする方法を、あなたがたに示すだろう。彼らは同じ道をかつて歩いたので、その道路をよく知っている。子供のように信頼しきって、彼らにその道を教えてもらいなさい。その迷路を一歩一歩案内してもらいなさい」とマイトレーヤは言われています。

覚者方とともに私たちは生きることになります。

これはアトランティスの時代以来、はじめてのことになります。

今まで覚者方と接触できるのは数少ない弟子たちに限られていましたが、今度は一般大衆が覚者方が共に働くことが可能になるのです。

「覚着たちがその存在を世界のすべての視野の中に確立するとき、人類と覚者たちの関係に大きな変化が起こるだろう。」と覚者は言われています。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/si5n7k/vep55f/o1e3tg

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

生まれつき 



実験によって、赤ちゃんが弱い立場の人に同情する気持ちがあることがわかったようです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG13014_T10C13A6CR0000/

「支え合う心は生まれつきとも考えられる」とのこと。

社会のあらゆる場面で競争が繰り広げられていますが、生まれた時は支え合いたいと思っているのですね。

赤ちゃんの純粋な気持ちを思うと、「競争は善」とする風潮は不自然なのだとしみじみ思います。

写真撮影:工藤隆蔵氏
http://www.ashinari.com/

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

アーストラリアのUFO 

お椀型UFOの動画がユーチューブにありました。

先月、アーストラリアで撮影されたものらしいですが、底の部分がここまで鮮明に見えるのはちょっと珍しいかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=q_0BOu-0Hag



オーストラリアでは、3年前にスパイラル型のUFOが目撃されていますが、こちらはマイトレーヤの出現を告げる「星」です。

(ノルウエーで目撃されたスパイラル型のUFOも同じ「星」です。)

ノルウエーのときと同様、多くの人がビデオを撮っています。

こちらは2010年6月5日に撮影された動画です↓

https://www.youtube.com/watch?v=Vf7DA5Uve4Q

https://www.youtube.com/watch?v=0XdbkpqtE0Y&NR=1&feature=endscreen

翌日のニュース番組で取り上げられました。

https://www.youtube.com/watch?v=7Ch9NGj3lnw


テーマ: 宇宙・科学・技術  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

協力の時代 



上の文章は下記のサイトからです。
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200706009

日本は「中長期的」に見ると「負け組」の国であるようです。
http://www.nikkei.com/article/DGKDASGM3001A_Q3A530C1EB2000/

ビジネスの世界では相変わらず「勝ち負け」の視点で物事を分析していますが、このような研究はマイトレーヤと覚者方が現れてからは減少するのではないでしょうか。

これからのアクエリアスの時代は競争ではなく、協力の時代です。

いかに協力して公平な世の中をつくるかが大きなテーマになるはずです。

船井幸雄氏のように、競争は善ではないことに気づき、会社の経営者もコンサルタントも手法を変えるようになると思います。

国際援助も、覚者方の助言のおかげで、劇的に効果のあるものになるらしいです。

「比較的非常に短期間で、とてつもない変容を達成できることが知られるだろう。貧困な人々への大量の援助プログラムが、例えばアフリカや南アメリカの諸国に奇跡を成し遂げるだろう」とベンジャミン・クレーム氏の師である覚者は言われています。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/ljbue8/mxae7w/bsm788/9skjek

覚者方はあらゆる分野で人類にアドバイスを与える予定です。

「目標は、すべての分野にできるだけ近く働き、できるだけ早く一般大衆と共に働くことである」とのことです。

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

反原発デモ 

今日は札幌で石川道子氏の講演会があります。
http://www.sharejapan.org/info/event.html
=========

にほんブログ村の「反原発(22)トーナメント」にエントリーします。

覚者方も「反原発」であると以前書きましたが、http://shalona.blog5.fc2.com/blog-entry-759.htmlデモに参加され、人々に元気を与えることもあるようです。

下の写真に写っているのは2011年4月、東京の反原発デモで目撃されたイエス覚者です。

以下は シェア・インターナショナル誌からの抜粋です。

編集長殿
2011年4月10日に、私は東京の高円寺での反核デモに出かけました。二人の男性が私の注意を引きました。一人は緑、黄、赤のキャップを被って、バンドの演奏していた音楽に合わせて繰り返し飛んだり跳ねたりして、楽しげに「原発を止めろ! 原発を止めろ!」と声を上げていました。彼を見ていると、とても元気づけられました。
同じデモ行進で、私はもう一人、ひときわ印象的で、マスクを着けた大柄の男性を見かけました。特に私の注意を引いたのは、彼がとても大きな声で叫び続けていた言葉でした。「情報を集めろ! 真実を知る勇気を持て!」
この男性たちは特別な方でしたか。
H.A.
日本、東京
【ベンジャミン・クレームの師は、その男性が実際に二人とも、二つの異なった『扮装』のイエス覚者であったことを確認した】


http://sharejapan.org/sinews/magazines/rwhnd8/6g7xbj/1mrwkk

写真はこちのページより↓
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2011/2011-06.htm

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

巨大な天使 



写真はNASAのカメラに写った巨大な天使(デーヴァ)です。

映像はニューヨークのタイムス・スクエアにある電光掲示板にも映し出されたとのこと。
http://sharejapan.org/sinews/current_issue_index/magazines/ljbue8/r684ez/xh4l0x

写真はこちらのページより↓
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2013/2013-04.htm

昨年の10月と今年の2月にNASAのカメラが捉えたとのことですが、クレーム氏の師である覚者は2回とも同じ天使であったことを確認しています。

地球の半分の大きさ(!)もある巨大なデーヴァであるとのことです。

=====

6月8日(土)に札幌で石川道子氏の講演会があります。
http://www.sharejapan.org/info/event.html

テーマ: 宇宙・科学・技術  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

波動に敏感 

ベンジャミン・クレーム氏の本を読んで知ったことですが、自然界にはデーヴァ(deva)あるいは天使と呼ばれる存在があります。

デーヴァたちは波動に敏感です。

人々が競って、世の中に緊張が生じると、バランスを崩してしまうとのことです。

人間が平衡を欠くとき、デーヴァ界も平衡を欠く、とクレーム氏の師である覚者は東日本大震災直後のメッセージの中でも指摘されています。

自然災害が起きると、慈愛深い神などいるのだろうか、と私たちは疑いたくなる気持ちになりますが、実際には人間にも責任があるとのことです。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/rwhnd8/kxz1kf/tr7ht1/592gi1

戦争や政治や経済における危機は自然の破壊力に拍車をかけてしまうとのことです。

「もし人類がそのような惑星的破壊に彼ら自身の関わりを理解するならば、その出来事を防止するのに大きな役割を果たすことができる」と覚者は言われています。

研究者が災害と被害の予測したとしても、私たちは予防することもできるのです。

テーマ: 宇宙・科学・技術  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

ジャズを水に聞かせると。。 



にほんブログ村の「ジャズファン集合 トーナメント」に参加します。

自然界もジャズは好きなようです。

「水は答えを知っている」の著者江本勝氏が行った実験で、ジャズを聞かせた水にはきれいな結晶ができました。

下の写真はバッド・パウエルの「クレオパトラの夢」を聞かせた後の水です。



やはりジャズには癒し効果があるのですね。

「クレオパトラの夢」の曲はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=_YKLYC-PKj8

反面、ヘビーメタルは自然界には好まれないようです。

ヘビメタを聞かせた場合、結晶はできなかったとのこと。

下記のブログにそのときの写真があります。
http://ameblo.jp/leapforlife/entry-11470006398.html

「クレオパトラの夢」を聞いた水にできた結晶の写真は下記のブログからです。
http://tukkomi.takara-bune.net/emoto/mizuha01.html

こちらのブログは江本氏の実験に懐疑的ですが、もちろん私は実験を信じています。

何事にも波動があり、お互い影響し合っています。

私たちの念は非常に大事で、人間がバランスのとれた思考をすれば、自然界の秩序は保たれる、と覚者は言われています。

テーマ: 自然科学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page