2012年11月 - Aquarius

UFOの数々 



ユーチューブにあるこちらのビデオはいつ放送されたテレビ番組なのかわかりませんが、世界の数々のUFOが紹介されています。↓
https://www.youtube.com/watch?v=Jx2zwbI8bHE

当ブログでリンクを張ったものの、http://shalona.blog5.fc2.com/blog-entry-608.html後でなくなっていた動画も含まれています。

あの中国の動画はCGのようでありながら、本物のようでもあり、気になります!

イスラエルで目撃されたUFOはシェアが発表している通り、世界教師マイトレーヤの徴です。四つある「星」のうちの一つです。
http://www.sharejapan.org/info/news_2011feb.pdf

ブラジルのUFOには驚きました。

人間が作った飛行機にはない素早い、直線的な動きです。
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

「真実のサイババ」 



青山圭秀氏の「真実のサイババ」http://www.art-sci.jp/aoyama/book/index.htmを読みました。

サイババが語った言葉が伝えられています。

真実の言葉ばかりですが、ちょっとハッとさせられたのは、不幸にもプラス面があるという指摘です。

「惨めさはひとに内省を促し、識別心を起こし、自らを正し、さらに悪い事態への注意を促す。そうしてひとは、怠惰とうぬぼれから抜け出すことができる。」

逆に幸福にはマイナス面があるとのこと。

「幸せは、自分が人間として何をすべきかを忘れさせる。利己主義を助長し、そのための罪に陥る。」

また小我を超えることができれば最高に幸福になれる、とサイババは説いています。

これはあらゆる宗教が究極的に教えていることですね。

「最高の幸せはシャンティ、つまり内側の平安である。それをどうやって得るのか。自分が生まれ死んだりすることのないアートマン(真我)であり、喜んだり悲しんだり、浮いたり沈んだりすることもないことを知ることによってである。」

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

マイトレーヤの手 



マイトレーヤの手の写真からマイトレーヤの助けを得ることができます。

http://sharejapan.org/signs/si_02.html

手を見つめて、必要なことをお願いすればいいとのことです。

写真の上に手をおいただけで、体の痛みが治ったという例もあるようです。

こちらに大きな画像があります。↓
http://www.share-international.org/maitreya/images/Maitreyahand2.jpg

私は印刷されたカードをベンジャミン・クレーム氏の講演会で買いましたが、
マイトレーヤの指は長く、背の高い方の手のように感じます。

テーマ: 暮らし・生活  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

4年後は。。 



バラク・オバマ氏はアメリカ最後の大統領になるかもしれない、とベンジャミン・クレーム氏は言っています。

「年長の賢明な政治家のグループ」が大統領に替わる計画があるそうです。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/lutefl/60wbw5/pl3j2q

今年が最後の米大統領選挙であったかもしれないと思うと、不思議な気持ちになります。

これから4年ほどの間にきっと「大宣言の日」の奇跡は起きるでしょう。

アメリカの政治のあり方も変わり、選挙の「お祭り騒ぎ」の要素もなくなっていきそうです。

計画によると、もし長生きすれば、ジミー・カーター元大統領が「年長の賢明な政治家のグループ」の一員になることです。

同じシェアのQ&Aで 国際通貨基金(IMF)はなくなる、とクレーム氏は予言しています。

分かち合いの社会になれば、IMFは必要なくなるとのことです。

世の中がガラリと変わるのですね。



写真はウィキペディアより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

消える星はUFO 




こちらに「消える星」について書かれたブログ記事がありますが、http://blogs.yahoo.co.jp/putaro_sky_joker/38282478.html
星らしい光が消えた場合、UFOであったと考えて間違いないと思います。

前にも書いた通り、UFOを操縦している異星人(多くは火星人)がエーテル物質のUFOの振動率を上げると、人間の目には見えなくなります。

突然消えたように見えても実際は同じ場所にいることもあるようです。

写真はマイトレーヤの出現を告げる「星」(UFO)です。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/g8owm6/xh4l0x

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

スペースブラザーズからのヒント 



にほんブログ村の「宇宙・宇宙人 トーナメント」にエントリーします。

海にある不思な議物体はUFOではなく、USO(Underwater Submarine Objects) と呼ぶようですが、
バルト海のUSO http://shalona.blog5.fc2.com/blog-entry-671.html は火星のものであることをベンジャミン・クレームの師が確認しています。

本物の火星の船のレプリカで、宇宙の兄弟たちが人間のために落としたものです。

ジャンボジェットの大きさとのことですから、本物には大勢の火星人が乗ることができるのでしょうか。

近くにある小さな円盤型の物体はセンサーのレプリカであるとのこと。

http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/04zpzf/ill1ry/5sf0ph

画像はこちらのサイトから↓(写真のように見えますが、イラストであるようです)
http://www.huffingtonpost.com/2012/09/11/baltic-sea-anomaly-now-rumored-to-have-nazi-origin_n_1872393.html

ブラジルの空から落ちてきたこちらの球体も火星人からのおみやげです。




放射能などの汚染をモニターする情報収集宇宙船のレプリカであるとのこと。

「人類に彼らの存在を示し、彼らのテクノロジーへの大きなヒントを与えるため」宇宙の兄弟たちが空から落としたとのことです。

スペースブラザーズは「気づいて!」と思っているのですね。

人々が球体を見ている動画はこちら↓ 
https://www.youtube.com/watch?v=olUqvef2SdY

明日はブログの更新をお休みします。 

良い日曜日を。

テーマ: 文明・文化&思想  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

マイトレーヤの光の船 



シェア・ジャパンのトップページにもありますが、http://www.sharejapan.org/
オリンピック開会式に目撃されたあのUFOはマイトレーヤの光の船(lightship)だったのですね。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/r63ukg/x48rlw

キリストの再臨を告げる「星」のUFOとは別で、マイトレーヤが移動されるために使われている乗り物であるとのことです。
こちらが動画です↓
http://www.youtube.com/watch?v=TnDWjKPqbKc&feature=related

ベンジャミン・クレーム氏によると、光の船には不思議な装置があります。

大きな光の玉の中に入ると、過去の出来事と未来の出来事がまるで現在起きているように見えるとのことです。

(実際は過去も未来もないのが「リアリティ」らしいです。)

クレーム氏自身も光の船に乗り、「覚者たちがどのように現実(実相)を見ているかということを見せられた」と語っています。

光の玉の中で、クレーム氏はこれから起きる現象も眺めました。

「大宣言の日」に喜びはしゃぐ人々の姿も見たとのことです。

以下はクレーム氏の言葉のです。

「そして、私は自分が大勢の人々に話しているのを見ました。群衆が街を喜び勇んで叫びながら走り回って、キリストが戻って来られたと叫んでいるのを見ました。
それは、お分かりのように、とてつもないことだったのです。大宣言の日の後は、全く普通ではないでしょう。
その後数週間は、人々は完全にゾクゾクワクワクしているでしょう。私はこれらすべてを見たのです。それはすでに起こっているのですが、物質界に下降してきていないのです。私たちは、過去も現在も未来もないことを理解しなければなりません。
あるのは今、この瞬間だけなのです。それだけが存在するのです。この瞬間だけが実在(リアリティ)なのです。」

http://sharejapan.org/sinews/magazines/swl9d8/kxz1kf/me1xzd

テーマ: 文明・文化&思想  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

私たちを待ち受ける未来 

にほんブログ村の「イイシラセ トーナメント」に参加します。

信じるか信じないかによって、受け止め方は違ってきますが、以下の話を本当だと思えば、これ以上「良い知らせ」はないように思います。

キリストは今、人間として、世の中におられます。

キリストは覚者方のグループのリーダーであり、世界教師です。

名前はマイトレーヤ。http://www.sharejapan.org/maitreya/mai_01_01.html

様々な宗教で様々な名前で呼ばれていますが、同一人物です。

ベンジャミン・クレーム氏によると、まもなく起きるテレパシーの奇跡により、世界中の人々がマイトレーヤが世界教師であることを知ります。

マイトレーヤは1977年にヒマラヤから人間界に入られ、ロンドンをひとつの「拠点」としていますが、偏在なので、あらゆる場所におられます。

普通の人間の姿で現在ブラジルでマスコミに出演されています。

マイトレーヤと共に14人の覚者方が今、地上におられます。

途方もなく進化された覚者方のアドバイスを聞けば、大半の社会問題、経済問題は解決できます。

餓死をまず撲滅する必要がありますが、クレーム氏によると、覚者方の弟子たちは世界の資源を再配分する計画を既に作成していて、これを実行すれば餓死する人はいなくなります。

「資源は存在します。私たちの必要以上の食料が存在し、その多くは先進国の倉庫で腐っている」とクレーム氏は言っています。

餓死を撲滅し、自然環境を回復させ、マイトレーヤと覚者方のグループと共に新しい分かち合いの社会を作り上げていく。

このような未来が私たちを待ち受けているのです。



http://sharejapan.org/sinews/magazines/lutefl/kxz1kf/3hhiid/k7i52q

テーマ: 政治・経済・時事問題  ジャンル: 政治・経済

[edit]

△top of page