2012年05月 - Aquarius

新しい文明の始まり 

日本ブログ村で「ハジマリ!トーナメント」があったので、参加してみます。

これから新しい文明がハジマリます。

分かち合いをもとにした社会を世界教師と覚者方と共に私たちは作っていくのです。

地球環境の回復と持続可能な経済を実現するための政治的、経済的変革が必要になりますが、まず全ての人が人間的に暮らすことが大前提です。

マイトレーヤが公に出られた後、最初にとりかかるのは飢えている人を救うことです。

食べ物を供給し、飢餓を終えることが第一ステップ。

その次が全ての人に住むところを確保すること。

そして健康管理と教育がすべての人に行き渡るようにすることです。

この三つの最低条件が整う必要があるとのことです。

http://www.sharejapan.org/maitreya/mai_02_01.html
スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・時事問題  ジャンル: 政治・経済

[edit]

△top of page

懐かしさを感じる 

Pauline Baynes Aslan  girls


「ナルニア国物語」を読むと、アスランというキャラクターを子供も大人も自然に慕う気持ちになると思います。

私は読みながらもっとアスランが登場する場面があってほしいと思ったりしました。

アスランに不思議に「懐かしさ」みたいものも感じました。

ベンジャミン・クレーム氏によると、キリストである世界教師マイトレーヤが現れるとき、昔からの友人あるいは兄に再会するように、私たちは懐かしさを感じるようです。

マイトレーヤは既に私たち一人一人についてすべてご存じとのことです。

私たちはマイトレーヤの笑顔を見て、涙が出るほどうれしくなり、社会のために役立とうと奮い立つ気持ちになるようです。

世界中の人々がこのような気持ちになれば、ものすごいエネルギーになるはずですから、短期間で世の中が変わるというのも納得できる気がします。


画像はこちらのサイトから↓
http://smellslikelibrary.blogspot.jp/2012/01/pauline-baynes-narnia-and-more.html
見慣れたアスランのイラストと違いますが、初版本にあったようです。

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

ニューメキシコのUFO 



こちらはニューメキシコ州ロズウェルで撮影されたUFO動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=16ohj-ZNi9Q

「偽物とは思えない」という意見があるらしいですが、http://nsmysteryconnection.com/blog/2012/02/post-110.html 確かにCGとは思えません。

ニューメキシコ州ならUFO基地も広く、UFOも大型のものがありそうです!

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

あらゆる宗教のリーダー 



画像はこちらから↓
http://www.movieposterdb.com/movie/0363771/The-Chronicles-of-Narnia-The-Lion-the-Witch-and-the-Wardrobe.html
「ナルニア国物語」の映画でアスランの声を担当した俳優のリーアム・ニーソンは、アスランはイエスだけでなく、ムハンマドやブッダの象徴でもあると言って、物議をかもしたようです。

http://theweek.com/article/index/210299/narnia-flap-liam-neesons-mohammed-controversy
http://ameblo.jp/jkdibks4mt/entry-11158365996.html

欧米のナルニア愛読者はアスランがイエスであるとしか考えられないでしょうが、アスランを他の宗教の指導者に置き換えても全く問題ないですね。

前にも書いたように、イエス=キリストではないので、ニーソン氏の解釈はある意味で正確だと言えます。

ベンジャミン・クレーム氏によると、イエスは人生の最後の3年間、マイトレーヤにオーバーシャドウされました。

「キリスト」は覚者方のグループの長を指します。

キリストというポジションにおられるマイトレーヤはあらゆる宗教の信者が待ち望んでいるリーダーです。

リーダーといっても政治的指導者ではなく、マイトレーヤはあくまでも人類に知恵を貸して下さる教師であるとのことです。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

アスランと共に 


(画像はアマゾンから)

日本ブログ村の「おすすめのファンタジー」トーナメントのために書きます。

子供時代に印象的だったファンタジーといえば「ナルニア国物語」。

詩的な場面の数々、想像力をかきたてる繊細なイラスト。。

このイラストがなかったら、これほど夢中になれなかったかもしれないと思うほど、絵に魅了されましたが、後半の章を読むころになると、物語のほうにぐんぐんひっぱられていきました。

ナルニアの世界に浸っていたかったので、終わりに近づくと、ずっと続いてほしいと思ったりしました。

物語がキリスト教をべースにしていて、アスランはイエスの象徴であることを教わりましたが、単純にファンタジーとして楽しめました。

最後にはアスランがライオンのようには見えなくなる場面があり、ああ、やっぱりキリストのことを書いていたのだと感動したのを覚えています。

ファンタジーを読まなくなって久しいですが、ベンジャミン・クレーム氏の話を聞いてからは違う次元のことを本気になって考えるようになりました。

クレーム氏によると、間もなくキリストが世界中の人とテレパシーで語りかけます。

まるでファンタジーのような現象が実際起きるとのことです。

キリストご自身が覚者方のグループを引き連れて世の中に現れるとのこと。

これから私たちは「アスラン」と共に生きることになるのです!

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

黄色っぽい白い光 

明日はブログを休むので、今日書きます。

今週、またUFOを目撃しました。
月曜日の夜でしたが、近所の大通りで、空の低い位置に黄色っぽい白い光がひとつだけ目立っているのに気づきました。
とても明るいのです。他の星は見えません。
よく見ると、形は丸いけれど、かすかに帽子をかぶっているように見えました。
でもふわふわと上下などせず、完全に静止しているので、やっぱり星なのかな~と思いながらスーパーに入りました。
そして買い物を終えて、スーパーから出てくると、その光は消えていたのです。
UFOだった~!と心の中で叫びましたね。
同じ通りで3月にもUFOを見ています。あの時は動いていましたが。

少し離れたところに、広いグラウンドと公園があるので、ひよっとしてスペースブラザーズのUFO基地があるのかも、と最近思うようになりました。
(もちろんUFO基地はエーテル状態なので、普通は目に見えません。)
宇宙人はUFO基地として神社など神聖なスポットや歴史的な場所を好むと聞いたことがありますが、ある程度広い空間と自然があれば、基地として使えるのかもしれません。
ベンジャミン・クレーム氏によると地球上には約40万のUFO基地があるのですから、日本だけでもあるゆる場所にあるはずです。

=====

先週に続き、明日も石川道子氏の講演会があります。
予定はこちらです↓
http://www.sharejapan.org/info/event.html

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

スタンリー・フラム氏 

New York

この前の番組http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/120503_1.html を見て、UFOが2010年10月13日にニューヨークの空に現れるのを予言していた人が元パイロットのスタンリー・フラム氏であることを知りました。

こちらがニューヨークのUFOの動画です。↓
http://www.youtube.com/watch?v=1TA_pKVKgKg

フラム氏は「2014年にプレアデス星人が国連で演説をする」とも予言していたらしいです。
http://yogen-blog.com/1562

これから2年後に、異星人が国連で演説するようになるとは不思議な感じがしますが、もしそうだとすると、マイトレーヤが出現された後のことと考えられます。

ということは「大宣言の日」の奇跡は2014年までに起こる可能性が十分ありそうです。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

世界教師の到来を告げる「星」 



ベンジャミン・クレーム氏によると、2009年12月、ノルウェーで目撃された渦巻き状の光は世界教師の到来を告げる「星」です。

http://www.youtube.com/watch?v=IyWrxY15s6Y&feature=related

2010年6月、オーストラリアの上空に現れた光も「星」です。



http://www.youtube.com/watch?v=9pgaw6qFbdk

シェア・インターナショナルの記事はこちら。↓
http://sharejapan.org/sinews/magazines/swl9d8/t1vhdg/il8li2

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

エルサレムの空に現れた「星」 



もう一週間たちますが、ゴールデンウィーク中にテレビをかけたら、たまたまUFOの番組をやっていました。

いろいろなUFO動画を見ながらスタジオにいる芸能人がコメントするという形だったのですが、出演者の多くがUFOの目撃体験があり、一人の女性は日常的に携帯で写真を撮っていると話していました。

「景色を撮ろうとすると、UFOがスーッと画面に入ってくるんですよ」と楽しそうに言っていました。

ユーチューブを見ていると、まさにスーッと現れたようなUFOの動画がたくさんあります。

ビデオカメラや携帯を持っている人がいると、宇宙人たちは絶妙のタイミングで映ってくれているようです。

撮ろうとしなくてもちゃんと撮れているという具合に。。

まるで宇宙船から画面が見えているようです!

番組ではエルサレム上空に現れたUFOも取り上げていましたが、あの光はマイトレーヤの公の出現を告げる四つの「星」(宇宙船)の一つです。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/rwhnd8/pzytyf/mxihst/ignp65

こちらがユーチューブの動画。↓
http://www.youtube.com/watch?v=hbye1OxIACY

宇宙船を操縦しているスペースブラザーズたち(最近「宇宙兄弟」という映画が公開されましたね)はあの速さとあの動きで、目が回りそうですが、そうはならないのでしょうね。

宇宙船はサッカー場五つ分の大きさらしいですが、サイズも自在に変えることができるので、神殿の上まで降りてきたときはずっと小さくなっていたとのことです。
http://sharejapan.org/sinews/magazines/qifgf8/kxz1kf/xchu67

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page