2011年02月 - Aquarius

友好的な異星人 

やはりいろいろなところでUFOは目撃されているようです。

2011年はUFO多発目撃の年となる、とこちらのブログhttp://ameblo.jp/matsumotoyoshihiro/entry-10777707934.htmlに書かれていますが、確かにそういう気配はあります。

でもこのブログで書かれているように宇宙人への「法」が必要という考えはいかがなものでしょう。
宇宙人が友好的でない場合も想定してなくては、ということですよね。
人間に害を及ぼすようなら、テリトリーの権利を主張し、宇宙人たちに「勝手に地球に来るな」と言えばいいということでしょうか。

宇宙船はいつでも姿を消すことができるから、「来るな」と言っても・・・
もちろん、本当に来てほしくないと多くの人が願えば、彼らは完全に姿を消すはずですが。
(それは寂しすぎる!)

ベンジャミン・クレーム氏によると、世界教師マイトレーヤが現れてからは宇宙人がいかにフレンドリーであるかが次第に明らかになります。
地球人は異星人と友好関係を持つとのことです。
恐れることは全くないのですね。
スポンサーサイト

[edit]

△top of page

アマゾン 

藤巻幸夫氏の本を読んだときは http://shalona.blog5.fc2.com/blog-entry-256.htmlもっと知らない街を歩いて、探検をしよう!と思っていたのですが、まだ新しいお店は開拓していないです。
あの本を読んでから丸一年たっているとは。。トホホ。

冬は寒いし、夏は暑い、とぼやきながらインターネットで買い物をしていることが多いですね。
アマゾンを結構使っています。
でも環境にいいのかわからないところもあるんです。
なるべくまとめて郵送してもらうために、複数の物を買うように心がけているのですが、メーカーが違ったりすると、一個ずつ送られてきます。また在庫が切れていた時など、同じメーカでも、商品が別々に届くこともあります。
その度に人と車が動いたと思うと、ちょっと罪悪感も感じます。
これから電気自動車が一般的になったら、排気ガスのことも心配しないで済みますが。

あともっともっと簡易包装にできるはずだと思います。
特に小さな商品はりっぱな箱に入れる必要はないです。
商品に対して箱が3倍以上大きい場合など、気が引けます!
ちゃんとアマゾンにメールしたほうが良いのでしょうか。
簡単に壊れないからそのまま封筒に入れるだけでOKです~



[edit]

△top of page

数百人の目撃者 



エルサレムのUFO、そしてカイロで現れた不思議な人物を数百人が目撃したとのことです。
両方とも世界教師マイトレーヤの徴なのですね。
http://www.sharejapan.org/ 

こちらがUFOの動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=uKzcmyf3vRQ 

白馬の騎士の映像はこちらです。
http://www.wnd.com/index.php?fa=PAGE.view&pageId=260049
http://www.youtube.com/watch?v=gWQKOj9Sxkg

UFOは「奇跡の星」の宇宙船の4基のうちの一基であるとのことです。

騎士の姿は正義と自由を求めるエジプト人を応援するマイトレーヤからの祝福であるらしいです。

[edit]

△top of page

おじさん妖精 

先ほどアップしたコラムによると最近圧倒的に多く目撃されているのがおじさんタイプの妖精とのことですが、「圧倒的」という言葉は意外です。
それほど目撃者が多いのですねェ~

目撃したと錯覚している場合もあるのでしょうが、本当に目撃している場合は、妖精のほうも人々の想念に合わせてわざとおじさんの恰好をしているような気もします。
妖精も覚者と同様、自在に姿を変えられるのだと思います。

「数年前、タレントがテレビで目撃談を披露したことから有名になった」とのことですが、これは
「オーラの泉」に出演した某女優のことでしょうか。あと「オーラの泉」では男性の誰かが小さな人たちにいたずらをされたと話していたと思います。場所は京都であったとか。。

あの時の「オーラの泉」が多くの人の潜在意識に残り、妖精を見やすい状態にさせたのでしょうか。
それとも芸能人が公表したことにより以前から目撃してい人たちがもっと積極的に周りに話すようになったのでしょうか。

いずれにせよ、うれしいことです。
UFOと同じで、妖精の目撃者が増えているというのは何か世の中が変わっている証のように感じます。

[edit]

△top of page

今日のNIKKEI プラス1にあった記事 

今日のNIKKEI プラス1にあったコラム

[edit]

△top of page

気付くこと 


-- 続きを読む --

[edit]

△top of page

フィフティ・フィフティでない 

NHK大河ドラマ「篤姫」の脚本を書いた田淵久美子氏がインタビューでこんなことを言っていました。
「「仕事は楽しいもの」という考えを一度捨ててみることではないでしょうか。
この世は苦痛に満ち満ちたところだし、仕事だって苦しいことのほうが多いに決まっています。
そう考えれば、不満と決めつけていたものの中に自分を磨いてくれる何かを発見できることもある。」

美輪明宏氏も同じようなことを言っていたように思います。
この世には修行のために来ている。修行なのだから楽しいはずがないのだと。

楽しさ半分苦しみ半分のフィフティ・フィフティという考え方でなく、
「苦しいことのほうが多い」という覚悟があれば、タフになれそうです。
そして楽しいときやうれしいときをもっと大切にすることができるのかもしれません。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

地球人 

先日、こちらでhttp://shalona.blog5.fc2.com/blog-entry-443.htm
「あるゆるトラウマを乗り越えたら人間卒業」と書きましたが、
正確には「地球人卒業」なのでしょうね。
人間といいますか、「人」は他の惑星にも住んでいるとのことなので。
地球人が終わったら他のもっと進化した星へ行けるようになるらしいです。
進化しても「人」であり続けるのですね。

[edit]

△top of page

UFO目撃 




一昨日のことですが、帰宅中に、近所でこちらのビデオhttp://www.youtube.com/watch?v=RbeyCqyXJPYのようなUFOを見ました。

信号待ちをしていたら目の前に、結構大きい四角い物体がほとんど動かず、空に浮いていました。

一瞬飛行機のように見えましたが、静止しているようなところがあやしかったです。

点滅する光が横に並んでいました。ビデオのUFOほど点滅は派手ではありませんでしたが。

道を渡った時は一段と小さくなり、民家の屋根で隠れてしまいましたが、宇宙船であった可能性はあると思います!

[edit]

△top of page

ブログ 

左側のコラムがずれるという問題が解消されたようですので、(はっきりとはわかりませんが)とりあえずグリーン色のテンプレートに戻します。
こちらのテンプレートはフリースペースがあるため、初めて訪問される方にはわかりやすいと思うので。。。

[edit]

△top of page

「意気に感じて力を出す」 


-- 続きを読む --

[edit]

△top of page