2010年10月 - Aquarius

神々の科学 



「アガスティアの葉」の次に同じく夢中になって読んだのが「神々の科学」。
http://www.lightfield.co.jp/aoyama/book/index.htm

青山圭秀氏が経験した不思議な体験はすべて覚者たちが用意したような現象のように思えます。
「アガスティアの葉」も覚者たちが今表している奇跡なのかもしれません。
人間の現在の行動を覚者たちが見ていて、それに応じて昔の予言が書きかえられたり、全く新しい文章が作成されたりするのではないかと思うのですが。。。

人間を卒業した覚者たちは何千年も生きることができるらしいです。
ナザレのイエスとして生まれ、十字架にかけられたイエス覚者は今は様々な奇跡を世界中で起こしているとのこと。
キリスト教徒向けが中心らしいですが、他の宗教の信者のためにも奇跡を起こしているらしいです。
スポンサーサイト

[edit]

△top of page

アガスティアの葉 




最近、青山圭秀氏の本を読みました。

「アガスティアの葉」という本の題名は以前から知っていたのですが、それは木の葉っぱに字が刻まれている奇跡のことだとずっと思っていました。訪れた人の運命に関する言葉が青々とし葉に書かれていて、その不思議な木が森の中にひっそりと佇んでいるイメージがありました。
木が枯れてしまった場合や葉が落ちた場合はどうなるのだろう、なんて思っていました。

でも実際のアガスティアの葉は私の抱いていたイメージとはだいぶ違うことがわかりました~

写真は青山圭秀氏のサイトから↓
http://www.art-sci.jp/aoyama/

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

これからの20年 

ベンジャミン・クレーム氏の師であるマスター(覚者)の最新のメッセージによると、
これからの20年、世の中は目を見張るような変貌を遂げます。
人間はもっと自然と調和して生活するようになり、地球上からスラム街などは消えるようです。
(たったの20年で消えるというのはすごいことですね。)
新しい技術のおかげで同じ作業を繰り返すような労働はなくなり、
様々な分野で学問がさかんになる、とマスターは言われています。
そして人々は輪廻転生の意味をもっと理解するようになり、再び進化の道を歩むようになるらしいです。
今まではあまりにも強い物質主義にまみれたため、道を踏み外し、
崖っぷちまできた私たちですが、この危機から脱し、もう一度あるべき姿に戻るということです。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

クレーム氏応援のUFO 

9月にベンジャミン・クレーム氏がオランダで講演をしたとき、光り輝くUFOが目撃されたらしいです。

こちらは火星からやってきた3基の宇宙船がクレーム氏の講演に合わせて姿を見せたようです。「応援」のための出現ですね。

http://www.youtube.com/abdessammir#p/a/u/2/sR4SqqDRcM8


岡山県では2月にマイトレーヤの宇宙船が目撃されたようです。

日本ではどのくらいの人たちがマイトレーヤの宇宙船や奇跡の星を見ているのでしょうか。

[edit]

△top of page

テレビ出演 

シエア・インターナショナルのサイトが更新されていました。
マイトレーヤはのテレビ出演回数は9月13日現在、23回とのこと。
すべてアメリカで行われているのでしょうか。
ベンジャミン・クレーム氏のマスターによると、テレビインタビューへの視聴者の反応はまずまずというところ。

見た人たちはマイトレーヤが世界教師であることは知らず、ごく普通の人間だと思いながら、
話された内容について深く考えをめぐらしているとのことです。
マイトレーヤは華やかな感じの話し方は避け、非常に控えめに淡々と話をされているようです。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

携帯サイト 



先日久しぶりに美輪明宏氏をテレビで見ました!
こちらが人気の携帯サイトなのですね。
http://www.reijindayori.jp/

美輪氏は江原啓之氏と同じように霊能力があるらしいですから、マイトレーヤが日本でテレビ出演された時は普通の人でないことはすぐにわかるのではないかと思います。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

講演会 



マイトレーヤの出現に関する講演会が来月開催されるようです。

http://www.sharejapan.org/info/event.html

どこかの宗教に入ったり、何かの活動を勧められるということはありませんので、安心して出席できます。

[edit]

△top of page

ブレスレットのようなUFO 




三角形のUFOは宝石箱のようでしたが、こちらはダイアモンドの腕輪のようです。
http://www.youtube.com/watch?v=T1A-kytuTGk

これを見終わると奇妙な雲のような物の動画が始まる設定になっています。
こちらはきれいというよりちょっと不気味。
グーグルのストリートビューにあったらしいですが、これもUFOなのでしょうか。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

もう、怒らない? 

今日は朝から腹立たしい出来事があり、久しぶりにいや~な気分になりました。
さわやかなお天気でしたが、外出の予定もキャンセル。
平静を装うとしても、胸がドキドキし、体に悪影響が出ているのがわりました。

小池龍之介氏の「もう、怒らない」を読んだとき、ここに書いてあることの実践は難しい!と思いましたが、ほんと、ムズカシイ。
日頃から相当意識して、修行していないと、「もう、怒らない」ということはありえないです。

「オーラの泉」の番組で、、自分のことを短気ではないと思っているゲストがいましたが、それは表面的に見せていないだけで、実際は怒っていることを江原啓之氏は知っていました。
怒りを表現しないで済んだとしても、心の中で感じているのであれば、スピリチャルな観点ではダメなのですねー

自分にもまわりにも「無害」であることが必要だと、マイトレーヤは説いていますが、怒るということは確実に自分にも「害」を与えることだと、今日、改めて実感しました。

[edit]

△top of page

スパイラル型UFO 



5月23日にカナダの西海岸の上空にスパイラル型のUFOが現れたようですが、「奇跡の星」だったのでしょうか。

複数のカメラがそれぞれ違うアングルでその様子をとらえたようです。
http://disclosure2009.blogspot.com/2010/05/ufo-spiral-seen-over-western-canada.html

ベンジャミン・クレーム氏によると「奇跡の星」はイエス・キリストが生まれた時の「星」と同様、宇宙船です。
世界中のどこからでも見られるように「奇跡の星」として4基の宇宙船が来ているとのことです。
http://www.sharejapan.org/info/news_091212.pdf

[edit]

△top of page

普遍的な願い 


今日はジョン・レノンの誕生日だったのですね。
グーグルの絵をクリックしたら「イマジン」の曲が流れてきました。
あの曲の歌詞は人間の普遍的な願いを語っていますね。

http://day.aimnet.ne.jp/kanrinin/kanrinin5.htm

飢えや戦争がない、平和な世界。
地球上にあるすべてを分かち合いながら、皆が仲よく生きる。

そういう世界を夢見ながら、現実には戦いばかりが続いた人間の歴史。。

でも、これからは絶対に戦争をやめなければいけないと覚者(マスター)たちは言っています。
マイトレヤーが公に現れた時、人類はみな兄弟であること、そして戦争というのは人類にとって「冒とく」であることを話すようです。戦争を選んだら、もう人間の未来はないとのことです。
マイトレヤーをはじめ、たくさんの覚者たちが人間界に戻られることになったのは、戦争放棄の重要性を人間に再認識させる、という理由もあるらしいです。

[edit]

△top of page

テレパシー 




宇宙人が接触するときはテレパシーを使うらしいので、記事にあるように「言葉が通じるかどうかわかない」という心配はないようです。

今までも、個別に宇宙人と遭った人たちはそれぞれテレパシーでメッセージを受け取っている、とベンジャミン・クレーム氏は言っています。

「私たちは遠い惑星から来ました。人間を助けたいと思っています。」と伝えている、とのことです。

[edit]

△top of page

 

宇宙人と接触する人物を国連が決めたとのことです。

http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=416083

各国の政府がUFOのことを隠そうと必死になっても、ここまで宇宙船が世界中で目撃され、インターネットで映像などが流されると、隠しきれなくなったという感じですね。

スティーブン・ホーキング博士が宇宙人に接触してはいけないと警告しているらしいです。
「もし、地球外の知的生命体が接触して来た場合、地球環境にどのような影響を与えるか不明だ。地球生命の免疫系に致命的な損傷を与える可能性がある。」

ホーキングさん、ご心配なく。

ベンジャミン・クレーム氏によると、宇宙人たちは私たちが汚した地球環境を少しでも改善するよう、清掃活動をしにやってきているのです。私たちが住みやすいように頑張ってくれているのです。そして、地球人と他の惑星に住む人たちはみな同じ兄弟であることを知ってほしいと願っています。

クレーム氏によると、宇宙人は既に何千人も来ていて、何千人もの人間と接触をしているとのことです。
ただ遭遇した人たちはバカにされるのが怖くて、誰にも話していない人が多いらしいです。宇宙人に遭うのは1人か2,3人でいた場合がほとんどらしいですが、信じてもらえないという不安から周りに打ち明けていない、とのことです。

友達が「昨日、宇宙人に遭ったの」といっても笑ってはいけませんね。

[edit]

△top of page

宇宙人と接触 


[edit]

△top of page

持っているものを大事に 


金子由紀子氏の「買わない習慣」を読んだ後、「スッキリ落ち着いた暮らし 68のヒント」と「持たない暮らし」も読みました。こういうシンプルライフ指南書は楽しく、私にはどこか癒される効果があります。

「買わない習慣」なんて小売業にとってはうれしくないタイトルでしょうが、これからは必要以上に買わない人が増えるのではないかと思います。 

数か月前、「しっかり消費して日本の経済を元気にしよう」という趣旨の広告を目にしましたが、もうそういう時代は終わりつつあるようです。

これからデパートはどうなるのでしょう。
百貨店そのものがなくなるとしたら寂しいです。
やっぱり百貨店はホテルと同じように、夢のある憩いの場所だと思いますから。
これからはモノだけでなく、文化的なものをもっと前面に出しながら、進化していくのでしょうか。

新しいモノを買った時のときめきも捨てがたいですが、持っているものをもっと大事にしたい。
金子由紀子氏に触発されて、お客さん用にしまってあったお皿やコップを出し、普段使いすることにしました。
これはなかなか良かったです。
お料理がよりおいしく見えるという意外な効果がありました。
そして使っているときの気分がいい。
毎日のことだからこそ、こういう「贅沢」も大切であることを実感しました。

[edit]

△top of page