2010年04月 - Aquarius

来月ですね 


5月にベンジャミン・クレーム氏が来日されます。
今年の広告はUFOを前面に出していますね。

宇宙人の話が好きなので、私はついついユーチューブでUFO動画を探してしまいます。
ニセモノを一生懸命作っている人がいて、変なのを見るはめになったりするのですが・・

こちらの動画は本物らしいと思います。光が出る具合とかとても鮮明に撮れています。
http://www.youtube.com/watch?v=jRKa0xMM8ZE&feature=related

こちらも似た形のUFOですね。 http://www.youtube.com/watch?v=3plXZcktFm4&feature=related

これはちょっと怪しいです。
でもCG で作ったものだとしたら、すごく良く出来ています!
http://www.youtube.com/watch?v=1i-aJ7QfJTw&feature=related
スポンサーサイト

[edit]

△top of page

UFOブログ 




意外なところでこちらのブログがランキングされていました。
いつのまにかUFOブログとして認識されているようです。(笑) http://blogram.jp/categories/ranking/?category=B.scn.%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%AB.%EF%BC%B5%EF%BC%A6%EF%BC%AF


こちらはノルウエーの空に現れた「奇跡の星」の動画。↓

http://www.youtube.com/watch?v=pesqQpi6KC0&feature=related

目撃した人が多い分、ビデオも数多くユーチューブに投稿されています。

[edit]

△top of page

世界各地でインタビュー 

シエア・インターナショナルが更新されていました♪
(先週末はブログをお休みしてしまったので、今書きます~)

マイトレヤーはアメリカでこれまで9回インタビューを行っているようです。
9回とも同じテレビ局で、一つのインタビューの長さは平均すると約30分とのこと。
人々を驚かさないよう、マイトレヤーは今のところ、控えめにされているらしいです。
マイトレヤーとはまだ名乗られていません。
インタビューは「ほどほどの成功」といえるそうです。

これから日本や、中国やヨーロッパ等、世界中を回って、主要なテレビ局でインタビューを行い、
インターネットも通して、何百人もの人がマイトレーヤのメッセージを聞くことになるとのこと。
衛星中継のテレビで世界中に語りかける「大宣の日」は私たちの求めにより実現するらしいです。
マイトレヤーのメッセージを聞きたいと大勢の人が要求するため、マスコミが会見のセッティングをするとのこと。

「大宣の日」のメッセージはテレビを見ていないくても、全人類が直接テレパシーで聞こえるわけですが、
それまで各地でインタビューをするマイトレーヤはそれぞれの国の言葉で話すとのこと。
どの国の言葉も話せる超マルチリンガル!
服装は変えても、容姿は国によって変えるということはないようです。
色々な人種の特徴が混ざった、万人向けの容姿なのでしょうか。
テレビで今まで見たことのない外国人が流暢な日本語で分かち合い等について話していたら、
マイトレヤーであるかもしれませんね。

テーマ: スピリチュアル・ライフ☆  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

赤い光 

昨夜、ベランダに立っていたら、赤い光が東の空に向かっていくのを見ました。東の方面によくUFOを見るのはなぜでしょう。時間は大体8時ごろでした。点滅していたので、一瞬飛行機かと思いましたが、点滅のタイミングがゆっくりしているのと、光が赤くて丸いので、UFOだと思いました。動き方も飛行機とは違って、直線的ではなく、漂う感じでした。少しずつ消えていきました。おそらく奇跡の星ではないですね。

UFOといえば異星人を描いた「第9地区」という映画が出ましたが、異星人が難民化するというストーリーがすごいですね。
映画の写真をちょっと見たのですが、あの巨大な宇宙船は私が昔夢で見ていた宇宙船に似ていて、懐かしい感じさえします。
これからこのような映画がいっぱい作られて、実際に異星人と出会うときにはどこかで既視感みたいのを人々は覚えるのでしょうか。

[edit]

△top of page

フライパンの焦げ付き 

frying pan

今年3月のイギリスでの出来事。http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/7424976/Image-of-Jesus-appears-in-a-frying-pan.html
男性が焦げたベーコンをフライパンからはがしたところ、見事なイエスの「肖像画」があったとのこと。
銀行員であるこの男性、料理中にソファで横になったところ、うたた寝してしまい、(料理中に危ないですね!)起きた1時間後、部屋中が煙だらけだったらしいです。

焦げの絵は奇跡だと感じているので、フライパンは洗わず、そのまま部屋に飾ることを考えているとのこと。
「誰かが見守ってくれているようだから、一生手放さない」そうです。
確かにどう見ても偶然にできた焦げつきではないようです。

[edit]

△top of page