2009年07月 - Aquarius

流れ星のような光 

昨夜見た最後の光はまるで流れ星のようでした。
11時半頃、ベランダに立っていたところ、スーッと白いものが上から下へアーチ状に
ものすごいスピードで通り過ぎていきました。
早すぎて良く見えなかったのですが、結構近いところを通った感じがしました。
一キロも離れていないように思いました。
ひょっとしてUFOだった?

ということで、日曜日は光オンパレードでしたが、自信を持ってUFOだったとは言えるものはありません。
すべての光が怪しかったことだけは確かですが!

確実にUFOだったと思えるのは7月25日の土曜日に見た光です。
皆さんはいかがですか?
「奇跡の星」を目撃している人は日本にも結構いるのでしょうね。




スポンサーサイト

[edit]

△top of page

白い光 

オレンジがかった黄色の光が消えるころに、電柱の後ろに白い明るい光が見えてきました。
それを注視すると、ゆっくりと右上に上昇していきました。スローペースでしたが、動きを目ではっきりと追うことができました。

20分くらい私は窓辺で見ていたのですが、そのあと、窓から離れたり、戻ったりして、10時半頃まで見ることができました。空に上った時点で光はほとんど動かず、星のようでした。
「奇跡の星」かも!とずっと思っていました。

でも冷静に考えると、2時間以上も観測できた光は普通の星だった可能性が高いです。ガーン!
だって、「奇跡の星」なら、もう少し特別なことをしそうです。
でも普通の星だったと考えると、電柱の後ろからゆっくりと上昇したのはなんだったの~? と悩んでしまいます。
本当に星だったら、あのペースで移動するはずがないと思うのです。

ということは、電柱の後ろか上昇していった光と、その後じっとしていた星は別ものだったと考えるのが一番すっきりします。最初に目撃した光を後で空に現れた星と混同してしまったということですね。それでも何か腑に落ちませんけど。

[edit]

△top of page

オレンジがかった黄色い光 

昨夜8時5分頃、花火を見るために窓辺に立っていたら、おそらく1-2キロくらい離れた場所に奇妙なオレンジがかった黄色の2つの光が目に入りました。 大きくなったり、白くまぶしく光ったり、消えたり、現れたりして、たわむれているようでした。やがて3つの光になって、消えていったのですが、その直前に一つの光が飛行機のように点滅しました。一瞬飛行機?とも思いましたが、それまでの動きがあまりにも奇妙で、しかも飛んでいる位置がすごく低かったので、飛行機だったとはちょっと信じ難いです。UFOはカモフラージュのために飛行機やヘリコプターの形を取ることがある、とどこかで読んだことがありますが、今回はそういう変身をしたかのようでした。

数年前、同じように窓から花火を見ている時に、似た光を見たことがあります。その時は昨夜のより一回り小さい黄色い光が二つ三つ、花火大会の上空を忙しく回っていました。花火の近くまで来て、まるで観察しているかのようでした。 花火とUFOは何か関係があるのでしょうか。宇宙人が単にきれいな花火を楽しんでいるだけ?!

[edit]

△top of page

ブログ 

昨夜はいろいろな光を目撃し、うれしくなって、ブログに書いたのですが、何だか自分が見たことが変に思えて、消してしまいました。でもやっぱり見たことは記録しておきたいと思うので、まとめて書いてみたいと思います。

[edit]

△top of page

スペース・ブラザーズ 

ベンジャミン・クレーム氏によると、宇宙船は主に火星や金星からやってくるらしいですが、宇宙人のスペース・ブラザーズは汚染された地球環境を少しでも改善するよう、大変な手間と時間をかけて清掃活動をしているようです。(私が見たUFOも汚れた空気をきれいにしていた最中だったのでしょうか。) 地球人はスペース・ブラザーズに「とても大きな借りがある」とのこと。

ちなみに火星は地球より小さい惑星が、地球より人口が高いようです。
昨日更新されたシェア・インターナショナルのサイトを見て初めて知りました。
http://www.shareintl.org/magazine/old_issues/2009/2009-07.htm
私たちのように物質の世界ではないので、人口密度が高くても窮屈に感じるということはないのでしょうね。

ベンジャミン・クレーム氏がテレパシー交信している覚者の最新のメッセージはUFOにも触れています。
60年間、世界中の政府がUFOの事実を隠してきたが、マイトレーヤーが出現すれば、スペース・ブラザーズは知的で、勇敢で、すぐれた技術を持つ人たちであり、彼らと地球人は協力関係にあるという真実が明らかになると語っています。

異星人は私たちに害を及ぼすとか、クロップ・サークルは異星人が作ったものではないなど、各国の政府が長年人々に信じさせていたウソはもうじき暴かれる、とのことです。



[edit]

△top of page

UFO 

先ほど(8時20分頃)東の空にUFOを目撃しました。
そのあと飛行機を見ましたが、やはり動きが全然違うので、宇宙船だったと思います。
今回はその可能性が100%に近いです!
一見、普通の明るい星でしたが、動きだしたのです。
真っすぐ直線を描いていましたが、最後のころは違う星の周辺を緩やかに円を描くかたちで回ったように見えました。そして雲の中に消えていきました。はじめはとても明るい光でしたが、動くにつれてどんどん光が弱くなっていたので、遠ざかっているようでした。

久し振りにUFOを見たと断言できてうれしい。
奇跡の星かどうかはわかりませんが。
でも宇宙船だと確信しているのに、あまり驚きませんね。
昔はUFOなんてありえないと思っていたのに、今では完全に存在するものと受け止めているのだな、とつくづく思います。
もちろん、近くに宇宙船に降りてきて、異星人が出てきたら仰天しますが、遠くの空を飛んでいるのは何か、とても「普通」に思えてきて・・・

[edit]

△top of page

マイトレーヤーのメッセージ 

世界教師マイトレーヤーに関する情報はベンジャミン・クレーム氏しか知らないと書きましたが、正確にいいますと、マイトレーヤーに関する情報を持っている覚者(マスター)とテレパシーできる人間はクレーム氏しかいないということです。
(マイトレーヤーの出現に関してはクレーム氏が世界中で講演をしているので、その情報は多くの人が知っていますね。)

マイトレーヤー自身からのメッセージをオーバーシャドーという形で直接伝えることができるのもベンジャミン・クレーム氏のみです。

こちのビデオでマイトレーヤーのメッセージを見ることができます。


http://www.youtube.com/watch?v=bLG-OGjrYy4

[edit]

△top of page

2012年の一大イベント 

(読みやすいように字を大きくしてみました!)

坂本政道氏の「楽園実現か天地地変か」を読み終えたのですが、書いてあることに納得でき、ほとんどベンジャミン・クレーム氏の話と内容が変わらないと思いました。
クレーム氏の話は江原啓之氏や船井幸雄氏等が言っていることとも矛盾しないですね。スピリチャル系の本は根本が同じだから、大体一致するのが当たり前なのでしょうけど。

もちろん、ベンジャミン・クレーム氏が予告している世界教師の出現については他の人は言及していません。クレーム氏のみが知っている情報ですから。でも詳しくは知らなくても、そのようなことが起きるのではないか、と感じている人は多いようですね。

「楽園実現か天地地変か」では宇宙人のことが書いてありましたが、2012年にかけて地球で起きる一大イベントを観察するために、宇宙人がいっぱいフォーカス34、35というところに集まっているようです。 ヘミシンクを開発したロバート・モンロー氏もこの「大集合」について「魂の体外旅行」の中で触れているようです。
「とてもレアなイベントが起こるので、宇宙中からいろいろな生命体が好奇心で集まってきている」と記しているとのこと。

一大イベントとはやはりマイトレーヤーが世に現れることでしょうね。テレビに出て、記者会見をして、全人類がそのメッセージを聞くその日!大宣言の日!

[edit]

△top of page

飛行機? 

数日前、白い光がまっすぐ夜空を移動しているのを見ました。おっ!UFO? とときめきましたが、UFOだったのか、どうかわかりません。 ビミョーですね。
点滅していなかったし、飛行機にある赤い光はついていなかった。

結構大きな光だったので、距離も近かったと思うのですが、そのわりに音は聞こえてきませんでした。
でも変な飛び方をしなかったので、飛行機ではなかったとも断定できない。
いきなり消えるとか、動くスピードが変わらないとUFO(というか異星人の飛行船)とは言えませんよね~

ちょっと前までは怪しい光とかを目撃した場合、UFOノートに書きとめていたのですが、今はわざわざ記録する気力もなくなりました。目撃したものはほとんどUFOでなかったと思うので。

UFOらしいと思ったのは今まで4回くらいしかありません。
前にも書きましたが、それらしかったのは消えてしまった光、ふわふわと飛ぶ透明なシャボン玉のようなもの、変な動き方をした黄色い光、そして猛スピードで並行に飛二つの光です。

悩ましいのは家の屋根で姿がすぐ見えなくなってしまうことですね。
(二つの光が飛んでいたのは相当高い所だったので、ずっと彼方に進むんで消えるまで見届けることができましたが。)
数日前の白い光も屋根で隠れてしまったのが惜しい。

でもこれからはユーチューブにあるようなUFOを多くの人が見るようになるのだと思います。
あのパリの上空のUFOのようなものを実際見ることができたらすごいですね。

[edit]

△top of page

空を見上げる 

久し振りに今日は夜空を見上げましたが、奇跡の星らしいものはありませんでした。
キラキラと光ったものが動いたので、一瞬UFOか!と思いましたが、飛行機でした~
奇跡の星が見つかり、少しでも報道されれば、全国から情報が集まりそうですが、
まだそのような動きがありませんね。
オタマジャクシが空から降ってくる現象も、ニュースになってから情報が
たくさん寄せられるようになったので、奇跡の星のときも同じようになるのでしょうか。
最初はポツポツとした情報でも、いったん報道されれば、ワーッっとみんなが報告する。

このオタマジャクシ現象はマイトレイヤーと関係しているのかな、と以前から気になっています。
これからの変化の前触れのように感じるのです。
覚者たちが起こしている超自然現象かもしれないし、
異星人が上からバラまいている(!?)のかもしれない・・・

クロップ(ミステリー)サークルと同様、
オタマジャクシ落下も誰かいたずらでやっているという説もあって、面白いですね。
実際は人為的なものなのですかね~
そうとは今のところ思えないのですが。
クロップサークルの場合と同じで、一部いたずらをしている人がいる、と私は思っています。

[edit]

△top of page