スピリチャル - Aquarius

変化の時代 

March for Science

写真は下記サイトより
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180415/k10011404531000.html

今の時代は非常に特殊であるとベンジャミン・クレーム氏の師であった覚者は言われています。

ものすごく大きな変化が起きている時で、そのため、世界中で様々な問題が発生しているとのこと。

政治、経済、社会、環境の分野で問題が山積し、経済的に豊かな国でさえ、簡単に解決策を見いだせずにいる。

なぜ国々はバランスを取ることができないのか。

なぜ豊かな国でさえ突然、混乱に陥るのか。

なぜ多くの人々が苦しみ、和合を表現できずにいるのか。

質問への答えは多様だけれど、ひとつ共通している要素は今という時代であると覚者は言われています。

「この時代は、世界の歴史の中で例のない時である。起こっている変化は途方もないものであり、人間の理解を超えるものであり、われわれが今知っている生活を全くそして永久に変えるだろう」

各界で変化は起きており、速い変化もあれば、地殻変動のようにゆっくりとした変化もあるとのこと。

変化の時代に、古い体質の政治家の考え方は役に立たないようです。

政治家より進んでいるのが国民であるとのこと。

人々が望むものは平和と仕事、そして、未来への希望。

自分たちと同じ思いの人たちが世界中に大勢いることを知り、国民の声はより明確になっているそうです。

「このようにして、マイトレーヤの臨在と教えに気づかなくても、彼らはマイトレーヤのエネルギーと影響に反応しつつあり、将来の枠組みを築きつつある」と覚者は言われています。

今は混乱が目立つ世の中ですが、私たちは和合へ向かっているのです。

http://mgz.sharejapan.org/2018/03/from-master/876
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

法則の理解 

tanemaki
写真は下記サイトより
http://www.kagome.co.jp/vegeday/grow/201712/8549/

輪廻転生の法則について、人間はこんがらかっているとベンジャミン・クレーム氏の師であった覚者は指摘されています。

東洋では人々は転生を信じ、現在の状況がどんなに非人間的でも、それを受け入れる姿勢があるとのこと。

つらい生活だとしても、カルマによるものだから仕方ないという宿命観があるためです。

一方、西洋では、6世紀にユスティニアヌス皇帝がオリゲネスの教えを除外したため、ほとんどの人が転生の概念を持っていないとのこと。

因果の法則と輪廻転生の法則を知らないため、人々は不安に陥るのだそうです。

でもこれからのアクエリアスの時代には、正しい知識が広まると覚者は言われています。

「人間自身が思考と行動を通して自分の生活環境をつくることを知るようになるだろう。そしてまたこの同じ法則の働きによって、人間の性質や状態をより良い方向に変えることができることを知るだろう」

転生のことを知ると、この世にいてもいなくても、生命が続くことがわかり、死によってすべてが終わってしまうという恐怖はなくなるとのこと。

因果の法則を本当に理解することにより、私たちは寛容に生きることを目指すようになるようです。

「自分で蒔いた種は自分で刈り取るというあのキリストの格言の真の理解が、人間の存在をすべての面において変容させるだろう」と覚者は言われています。

人々は人生を冒険としてとらえるようになるとのこと。

人間と神が一体であり、皆が目指すゴールは神性の実現であることを発見する冒険です。

覚者のレベルに到達するまで、私たちは冒険の旅に出ます。

「大いなる再生誕の法則のもとに、われわれはその旅路を何度も何度も繰り返したどり、そしてついには自己を完成した「神の子」として、われわれ自身の理解の光の中に入るのである」と覚者は言われています。

「再生誕の法則」と題した覚者のメッセージは下記サイトにあります。
http://mgz.sharejapan.org/2018/02/selection/850

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

両方が不可欠 



写真は下記サイトより
https://www.chosyu-journal.jp/kokusai/6755

資本主義は共産主義を倒したとアメリカ人は思っているとベンジャミン・クレーム氏は言っています。

でも共産主義が上手くいかなかったのは資本主義に負けたからではなく、人々に自由が与えられなかったからだそうです。

自由がなかったため、ソ連の共産主義は滅びた。

では自由のあるアメリカの資本主義が理想かというと、そうではありません。

アメリカには真の正義がないとクレーム氏指摘しています。

資本主義を暴走させて、世の中を破壊させているとのこと。

世界一豊かな国と呼ばれているけれど、アメリカは日本と中国に国債を売り、借金でしのぐ世界一の債務国。

何百万もの人々が家と職を失い、車の中やテントで寝泊まりしている。

一方で、アメリカは軍事基地を世界に2,000以上持つという無断なことをしています。

クレーム氏によると、アメリカはまだ魂の側面を見せていません。

パーソナリティの側面しか見せていないとのことです。

(パーソナリティは肉体人間を指すようですが、国にもパーソナリティと魂があるようです。)

ロシアは正義、アメリカは自由を提供しました。

でも正義だけがあれば大丈夫、自由だけがあれば大丈夫ということはありえないとクレーム氏は言っています。

正義と自由の両方が不可欠で、分離することはできないとのことです。

http://mgz.sharejapan.org/2018/02/q-and-a/834

テーマ: 哲学/倫理学  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

大計画を実施する 

sunlight-flowers
写真は下記サイトより
https://www.pexels.com/photo/wood-light-vacation-picnic-60006/

今の世の中は、悪のほうが善より勢いがあるように感じるかもしれません。

でも実際は、善のほうが勝っているとベンジャミン・クレーム氏の師であった覚者は言われています。

人間にはわかりにくいのものの、世界は大変貌を遂げるている最中であるとのこと。

あらゆる面で古い秩序が崩れ、新しい精神が芽生えているとのことです。

社会が両極化する中、人類はこれからどちらの道を進むかを選択しなくてはいけません。

人々は現在の生き方は危険であることを感じ、新しい生き方を探すようになります。

そして神の意志に気付くようになるとのこと。

神の意志はすべての背後にある「大計画」に表されています。

「人間は、知ろうが知るまいが、今やその大計画を実施する用意ができている」と覚者は言われています。

各国には善意の人たちがいて、健全でよりシンプルな世界を心に描きながら、奉仕しているとのこと。

覚者は奉仕を通して、光の勢力(フォース)と共に働くことを奨励されています。

「あなたの心(ハート)の命令に従い、世界の必要に目覚めなさい。奉仕の道に入り、大計画の中におけるあなたの位置を受け入れなさい」

善が勝つことは決まっているけれど、人間側の努力も必要であるとのこと。

「勝利は保証されている。しかしそれは戦い取らなければならない」と覚者は言われています。

http://mgz.sharejapan.org/2018/02/from-master/844

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

マイトレーヤの手形を見つめて 



写真はシェア・インターナショナルのサイトより

http://www.share-international.org/maitreya/Ma_approach.htm

上はマイトレーヤの手形です。

ベンジャミン・クレーム氏によると、手形は2001年8月、スペインのバルセロナの浴室の鏡に奇跡的に現れました。

手形の写真の上に手をかざしたり、眺めたりすると、マイトレーヤの癒しと助けを喚起できるとのことです。

この写真が印刷されたカードを見て、不思議な体験をした読者の手紙がシェア・インターナショナルの最新号に載っています。

2017年12月18日、イギリスのサリー州のA.T.氏は家に一人でいました。

気分が悪くなり、息苦しくなったので、8年前から炉棚の上に置いてあるマイトレーヤの手形のカードに目を向けたそうです。

すると驚いたことに突然、マイトレーヤの顔が手形の上に現れたとのこと。

短い髭のある、とてもハンサムな顔で、額にかかった茶色の髪は緩やかなウェーブがかかっていたそうです。

若く見えたけれど、同時に年齢を超えているように見えたとのこと。

A.T.氏はマイトレヤーの愛に包まれていることを感じ、とても穏やかな気持ちになったようです。

しばらくすると、顔は横を向き、それから正面に戻り、またA.T.氏を見つめたとのこと。

慰めと祝福を感じながら、A.T.氏は数時間、座ったままマイトレヤーを見つめていたと書いています。

http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2018/2018-01.htm#letters

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page