スピリチャル - Aquarius

人生をコントロール 



写真はこちらのサイトより

人間は一人ひとりが神。

「これは単なる文学的で詩的な表現ではなく、現実です」とベンジャミン・クレーム氏は述べています。

http://mgz.sharejapan.org/2017/06/q-and-a/567

でも覚者方と違い、人間は神のように振る舞うことができません。

神性を顕現できるレベルまで到達していないからです。

例えて言うならば、私たちは実らない木です。

栗の木だとしたら、いつかたわわに実る日が来ますが、まだその段階まで成長していません。

でも実らなくても、栗の木であることに変わりはないのです。

クレーム氏の師であった覚者は、多くの人は神は自分の外にある存在だと思っていると指摘されています。

http://mgz.sharejapan.org/2017/06/from-master/577

そのため人々は「人間の諸事をコントロールする」と思われる神に向かい、宗教や思想やカルトに慰めを求めているとのこと。

実際は私たち自身が神であることに気付く必要があると覚者は言われています。

人生をコントロールするのは自分。

私たちの行為次第で、世の中には争い、あるいは平和が生まれる。

人間は自分の役割、そして本来持っている力を自覚しなければならないと覚者は言われています。

「人生の質と方向に対する責任」を取ることによって、はじめて人間は「大人」になれるとのことです。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

一般的な知識 



写真撮影:NGe(エヌジィ)氏
http://www.ashinari.com/

ベンジャミン・クレーム氏によると、人間には血の通う肉体とは別にエーテル体があります。

エーテル体の中にはアストラル(情緒)体とメンタル体があり、人が死ぬと、これらの体はすべて肉体から抜け出していきます。

下記Q&Aのサイトで、死後は人は肉体を離れ、アストラル体でしばらく過ごすとクレーム氏は述べています。
http://mgz.sharejapan.org/2017/06/q-and-a/567

アストラル体では感情の世界であるアストラル界を経験するようです。

下記の語彙集にあるように、アストラル界は「希望と不安、感傷的愛と憎しみ、幸福と苦しみのような反対の極にあるものをふくむ感情の界。幻想(イリュージョン)の界」で、肉体を持っていた時とさほど変わらない世界であるようです。
http://sharejapan.org/wisdom/wisdom-04

その後、アストラル体を放棄し、その人の進化段階に応じて、メンタル体で過ごすとのこと。

メンタル体で経験するメンタル界は知識と知恵の世界であるようです。

死が怖いのは「命が終わってしまう」という感覚があるあるからですが、本当は命は終わりません。

いろいろな宗教の教えがあるのに関わらず、ほとんどの人は死後の世界や人生の意味に関して確信を持っていないと覚者は指摘されています。
http://mgz.sharejapan.org/wp-content/bn201607/sinews/magazines/ahjzfl-1/60wbw5/cc5yqx/0tkrdr.html

でもこれからは死に関する疑問や生きる目的に関する疑問は解消されるようです。

「来るべき時代には、これらの積年の心配や不安に対する答えがすべての者の一般的な知識になるだろう」と覚者は言われています。

誰もが輪廻転生の事実を知り、進化するために生きていることを確信するようになるとのこと。

マイトレーヤと覚者方の公の臨在によって私たちの意識は刺激され、「比較的短期間に途方もない目覚めが起こる」とのことです。

==================

来週はブログの更新をお休みします。

良いお盆休みをお過ごしください。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

スワミ・プレマナンダ 



写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2011/2011-04.htm

2011年2月21日にインドのスピリチャルな指導者、スワミ・プレマナンダが59歳で亡くなりました。

ベンジャミン・クレーム氏によると、彼は偉大な霊的アバター(大聖)でした。

それなのに、(だからこそ、なのかもしれませんが) いわれのない罪で長年、投獄されていたようです。

「あなたに対し偽りの申し立てを捏造し、あなたの投獄を引き起こした人々に対し憎しみを感じますか?」という質問に対し、スワミ・プレマナンダは次のように答えています。

「人間が行なうどの行為も、その一つ一つは、その行為に対応する反作用を持つ。その結果を知らなくても火の中に手を入れれば、指は火傷するだろう。したがって、もし誰かがあなたに対して冤罪を捏造するなら、故意であろうとなかろうと、彼らの行為それ自体が彼らの生涯あるいは彼らの子供たちの生涯にさえ、因果をもたらすだろう。では一体なぜ、私が憎しみを感じるのだろう?彼らは、彼らのすべての行為に報いを受けなければならないのだから、私は、彼らを不憫に思う。」

http://www.xn--6ckta2b2aze0b.jp/sadhana/contents/17questions.html



亡くなった後に執り行なわれた儀式で、大きな卵型のリンガムが見つかったとのこと。

スワミ・プレマナンダによって物質化されたものであることをクレームの師であった覚者は確認されています。

http://mgz.sharejapan.org/wp-content/bn201607/sinews/magazines/rwhnd8/kxz1kf/tr7ht1/zm1xr1.html

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

ますます強くなる民衆の声 



写真は下記サイトより
http://www.tallshipkaskelot.com/

多くの国で、多くの人々が政治家に対する不満を持っています。

「世界中に衝突と苛立ちのしるしが現われている」とベンジャミン・クレーム氏の師であった覚者は指摘されています。

http://mgz.sharejapan.org/2016/06/from-master/46

覚者によると、今の政治家や指導者たちは、様々な問題にどう対処すべきか知りません。

「国家という船を水平に保たせておくことがますます困難」になっています。

バランスを取ろうとしても、船は「抑えがきかずにひとりでに疾走」しているとのこと。

うまく行かないのは、旧態依然とした政治家が時代の変化に気付いていないからです。

「彼らが用いるルールや方法は過去のものであり、今日の問題や必要にほとんど適応しないということを、彼らは理解しない。」

ビジョンがない政治家より、これからは人々のほうが未来を形作っていくとのこと。

民衆の声はますます強くなり、「今後の世界の出来事に主要な役割を果たすだろう」と覚者は言われています。

「マイトレーヤは民衆の声の力と影響を増大させて、そのコースの舵を取る機会を待っておられる」とのこと。

どの国の人も、皆、心の中では平和を願っています。

平和を築くには信頼が必要で、信頼を築くには分かち合いが不可欠。

世界の資源を分かち合い、飢餓と貧困をなくすしかありません。

マイトレーヤは「分かち合って、ありがたい信頼を築きなさい、そして正義と平和のしあわせを知りなさい」と助言されます。

人々はマイトレーヤの助言に賛同し、分かち合うことを呼びかけるようになる、と覚者は予言されています。

やがてこれは非常に強い「世界の世論」になり、現在の政治家の策略などは過去のものになるようです。

そのような状況になったとき、マイトレーヤが世界の人々にテレパシーでご自身を公に宣言される「大宣言の日」が起きるとのこと。

そしておよそ2350年続くアクエリアスの時代を通して、キリストは「人類への奉仕に御自身を捧げられる」とのことです。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

魔術的な科学 



画像は下記サイトより
http://karapaia.com/archives/52229128.html

キリスト(覚者方のリーダー)であるマイトレーヤと覚者方が980,000年ぶりに人間社会に戻られる。

これは歴史的な出来事で、人類はこれからものすごい影響を受けます。

覚者方は理想的な生き方を教えてくださるとのこと。

「いかにして平和と正しい関係の中で簡素に、そしてよく生きるかを、人間に教えるだろう」とべンジャミン・クレーム氏の師である覚者は言われています。

http://mgz.sharejapan.org/2017/05/from-master/532

覚者方の臨在によって、人々の意識は大きく拡大するとのことです。

この地球に生きているのはただの偶然ではなく、進化するため、転生を繰り返しているということを皆が理解するようになります。

「生命の性質についての途方もなく新しい意識と進化の展望が人類に与えられる」とクレーム氏は言っています。

http://mgz.sharejapan.org/2017/05/q-and-a/518

そして私たちはいずれ「魔術的な科学」を使うようになるらしいです。

クレーム氏によると、このマジック・サイエンスによって、人間は考えなくても、すぐに「知る」ことが可能になります。

直観で物事を把握できるようになるのです。

また声を出して話さなくても、テレパシーで会話ができるようになるとのこと。

話し言葉は日常生活から消えるようです。(!)

テレパシーの能力はもともと人間に備わったもので、訓練さえすればいいようです。

「もしあなたがこれから先の進化、来るべきアクエリアス時代の2,500年について知れば、あなたは驚くでしょう」とクレーム氏は言っています。

これまでになかった素晴らしい文明が築かれるとのことです。

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page