スピリチャル - Aquarius

「死」は恐ろしいものではない 


写真は下記サイトより
https://japan-year.info/archives/2543.html

死後の世界は素晴らしい。

遺された人は悲しみますが、旅立った人はこの上なく楽しい思いをするようです。

ベンジャミン・クレーム氏によると、人間は、肉体から離れた時、本当の意味で生き生きするようです。

死後の世界をかいま見ているのが臨死体験者です。

アメリカでベストセラーになった本を書いた臨死体験者ベティー・イーディー氏は、この世へは戻らず、あの世にずっといたかったと述べています。

私たちはあの世へなるべく行きたくないと思っていますが、あの世に行くと、この世は魅力的に見えないのです。(!)

イーディー氏の著書「死んで私が体験したこと」を訳した鈴木秀子氏も臨死体験をして、あの世をかいま見たそうです。

このことは鈴木氏の「幸福な死に方」という本の中に書かれています。

階段から転げ落ち、床に横たわっている自分を、宙に浮いている、もう一人の自分が見つめたらしいです。

美しい光に包まれ、至福と完全な自由を味わったとのこと。

この経験により鈴木氏は、死後の世界があると確信したそうです。

「死」は恐ろしいものではないばかりか、「生」以上の輝きと恵みに満ちていると感じたとのこと。

臨死体験が単なる幻想や妄想だとか、脳内物質によって起こる快感であるといった主張に鈴木氏は異を唱えています。

次は「幸福な死に方」からの抜粋です。

「臨死体験で体験するのは、夢心地で見るボーっとした映像や音声ではありません。その体験は、一つひとつがあまりにも鮮明で、幻想や妄想、あるいは夢想とは明らかに違うのです。楽しい夢を見ている感覚とは全く異なり、その鮮明さは、現実の記憶と同じものです。陶酔感を感じるといっても、心は澄み切っており、麻薬を打たれたような混乱状態とも違い、とても冷静にそのすべてを味わうのです。しかも、この体験は以後の生き方に大きな変化を及ぼしています。これを、死へのプロセスの中で弱り切った脳のなす「いたずら」というには、どうしても無理があります。私には、死後の世界の存在を確信するに十分な体験としか思えないのです。」
スポンサーサイト

テーマ: 大切なこと  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

新しい世界 


写真は下記サイトより
https://www.businessinsider.com.au/european-markets-open-27-jan-2015-2015-1/

「世界不平等報告書2018」によると、世界の国家間の格差は縮まる傾向にある一方、各国内の格差は拡大しているそうです。

ベンジャミン・クレーム氏の師であった覚者が言われているように、「金持ちの富は日毎に倍増し、貧乏人は落ちこぼれた小銭を拾っている」状況です。

とどまるところを知らないお金に対する欲望は悪影響を及ぼし、多くの人を苦しめていると覚者は言われています。
http://mgz.sharejapan.org/2017/12/from-master/779

人々は「より大きな正義と公正さを切望している」とのことです。

格差がさらに拡大することを予想する専門家がいるようですが、幸い、そのような世の中にはなりません。

ローマ帝国が滅亡したように、今の文明はいったん滅びます。

「車輪は回り、大ローマは再び崩壊しつつある」と覚者は言われています。

世界中で、多くの人が時代が変わりつつあることを感じ取っているようです。

「昔のようなやり方はほとんど終わっており、それらのフォース(エネルギー)は使い果たされたことを感じる。彼らは、他に、より良い生き方があることを感じており、明日を期待している」と覚者は指摘されています。

現在の株式市場と銀行制度が必要だと信じている人はまだ多いものの、違うシステムが必要だと思う人はますます増えているとのこと。

そして人々はマイトレーヤの愛のエネルギーに刺激され、発言し、行動するようになっています。

「マイトレーヤの火は数え切れない何千万の人々の心(ハート)に灯され、彼らは反応し、正義と調和が支配する新しい世界を築くことを願っている。マイトレーヤの約束はこの新しい世界がやってくる途上にあるということである。」

素晴らしい未来はすぐそこまで来ているのです。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

戦争ほど無駄なことはない 



画像は下記サイトより
http://www.clipartpanda.com/clipart_images/slippery-slope-picture-15346415

戦争をやめなければ、人類に未来はない。

小さな紛争が人類滅亡の危機という事態まで発展し得る。

まるで危険な坂道を転げ落ちるように、それはまたたく間に起きる可能性がある。

出現された時、マイトレーヤは平和を選ぶ必要性について話されるとベンジャミン・クレーム氏の師であった覚者は言われています。

マイトレーヤは「厳粛に勧告し」、「人間の行動を賢明に導いてくださる」とのことです。

http://mgz.sharejapan.org/2017/11/from-master/741

マイトレーヤと覚者方によると、戦争によって何かが解決されたり、改善されたりするということはありません。

解決策として戦争を必要とする問題や状況はひとつも存在しないとのこと。

戦争ほど無駄なことはないらしいです。

「代価を数える時が来るとき、人間は戦争の空費に仰天し、そして恥じ入るだろう」と覚者は言われています。

必ずしも自己防衛のためではなく、「領土の拡大や略奪品の蓄積、あるいは最も忌まわしき奴隷捕獲のために」人間は戦争を度々起こしてきたとのこと。

現在、人間は人類史上最も破壊的な凶器を持っています。

もしそれが大きな戦争に使われれば、地球は「永劫の時の間、生命の存在しない死んだもの」になってしまうと覚者は指摘されています。

戦争放棄に真剣に取り組むべき時期に来ているとのことです。

世界大戦を経ても戦争をやめられなかった人間ですが、マイトレーヤの言葉を聞いて、今度こそやめるようになるようです。

「われわれは忌まわしき戦争の終焉を目撃する」と覚者ははっきりと言われています。

マイトレーヤの助言に従って、食料と資料を分かち合うようになれば、人々の間に信頼関係ができるとのこと。

「分かち合いは信頼を生み、それが扉を、そして人間の心を、祝福された平和に向けて開くだろう」

多くの人が人類愛に目覚め、協力すようになり、あふれる善意の中で、様々な問題は自然に解決されていくとのことです。

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

愛されてきたもの 


記事は下記サイトより
https://mainichi.jp/articles/20180105/k00/00m/020/096000c

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

年末から相場が上昇している東京株式市場ですが、これからはどうなるのでしょうか。

いずれ世界の市場が崩壊することをマイトレーヤと覚者方は予言されています。

今年起こるのか、それとも来年になるのか。

市場崩壊によって、人々の価値観は変わり、より公平な社会機構をつくる気運が高まります。

そして「大宣言の日」が近づきます。

資本主義経済の根幹とされていますが、株式市場は存在しないほうがよいものらしいです。

マイトレーヤによると、株式市場は「賭博カジノ」に過ぎません。

これから生まれるシンプルな社会には、別のシステムが必要であるとのことです。

株が下がってきたら、不安に思うより、新しい時代が始まる徴候と考えればいいようです。

マイトレーヤは次のように言われています。

「多くの愛されてきたものが捨て去られねばならない。古い形にしがみついていてはならない。役に立たなくなった機構を放棄し、新しい、より単純な世界を創造していく人間の能力に、多くのことがかかっている。これをよく記憶しておきなさい。忘れてはならない――わたしは、すべてのものを変えるためにやってくるのだということを」

http://mgz.sharejapan.org/wp-content/bn201607/sinews/magazines/j540f8/kxz1kf/jqkp67/sr8lto.html

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

新しい機構 


Designed by Freepik

新しい時代には新しい社会機構が必要です。

マイトレーヤは次のように言われています。

「前進するために、人は古きものに対して死なねばならない。いつの時代もそうであった。だから、我が友よ、この転換の時に、古き機構を放棄しなければならない。」

現在の機構は、平和と協力の社会をつくるには役に立たないとベンジャン・クレーム氏の師であった覚者は「新しい機構の創造」と題したメッセージで言われています。

目指すべきは、個人の自由や才能が尊重されながら、同時にコミュニティーの権利が守られ、搾取が起きないような機構。

覚者によると、人間は自分の人生に関するすべてのことに関わりたという願いを持っているのだから、その願望をうまく生かした機構が必要です。

今の政党政治は「このような参加を助長するのには明らかに不適切であり、他の形態の代表制に道を開けなければならない」とのこと。

地域レベルで住民一人ひとりがいろいろな事柄に関して意見を言うようになれば、社会はあっという間に変貌するようです。

大事なのは皆が意志決定プロセスに参加すること。

社会的責任を持つこと。

誰もが自分の意見を社会に反映できるようなシステムを世界中に広めるのが今後の課題であるそうです。

全員が意思決定できるようになれば、社会の分断はなくなるとのことです。

また分かち合いの原則を取り入れば、様々なグループが協力し合うようになるようです。

これからは余暇が増え、「地域社会や国家の出来事や組織により密接に関与する」ことが可能になると覚者は言われています。

休みを取れなかった人たちが、余暇の時間を利用して、じっくり議論できるようになるのです。

そうすれば、貧困や犯罪や戦争などの問題の解決策が見つかるとのこと。

今でも地域で有意義な活動をしている人は多いけれど、一番大事なことに人類はまだ気付いていないと覚者は指摘されています。

それは分かち合うことです。

分かち合いの原則は神聖なもので、「未来の扉を開き、新しいより充実した人生を保証する鍵」であると覚者は言われています。

http://mgz.sharejapan.org/2017/10/selection/708

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page