世界教師 - Aquarius
FC2ブログ

神を呼び起こす 



イラストは下記サイトより
http://www.chojugiga.com/2017/06/26/12-10/

ベンジャミン・クレーム氏によると、宗教とはハシゴのようなものであるとマイトレーヤは言われています。

屋根の上に行くのに役立つけれど、いったん屋根に登ったら、もうハシゴはいらなくなるとのこと。

宗教はスピリチャルに生きるためのひとつの手段に過ぎないということです。

宗教そのものが真実であるのではない。

真実を見つけるのに役立つかもしれないのが宗教であるとクレーム氏は指摘しています。

下記サイトにある「マイトレーヤが新しい宗教をつくらないのだとすれば、彼は何をするのですか?」という質問への答えの中で、宗教とは別の、神に近づくための方法を教えるためにマイトレーヤは来られる、とクレーム氏は述べています。

https://mgz.sharejapan.org/2019/04/q-and-a/1316

「神の存在を知り、私たちが神であることを知り、神を崇拝するよりも神を呼び起こすための方法です」とのこと。

神は遠いところにいるのではなく、あらゆるものに存在し、人間の中にも存在する。

その神を崇めるのは過去の方法となり、これからは神を呼び起こすのが一般的になるようです。

[edit]

△top of page

イスラエルでの出来事 


画像は下記サイトより
https://mnsatlas.com/?p=40373

ユダヤ教徒にとって救世主の到来を期待させる出来事が3つあったとのこと。

https://mgz.sharejapan.org/2018/12/signs/1190

これらの出来事は聖書やユダヤ神秘主義思想で予言されてきたことであるようです。

一つ目の出来事は2016年、魚類の生息が不可能なはずの死海で小さい魚が泳いでいるのが確認されたこと。

二つ目は「欠陥のない」赤毛の雌牛が2018年8月、イスラエルで誕生したこと。


画像はユーチューブの動画より↓
https://www.youtube.com/watch?v=mOMH2qY6RCY

三つ目の出来事は2018年11月、ヘビがエルサレムの西側の壁に現れたことだそうです。

ユーチューブの動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=IfVepVl5aHk

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

光の模様 



2012年12月、サンフランシスコ近代美術館の壁に光の模様が現れたとのと。

https://mgz.sharejapan.org/2018/11/signs/1160

下は2017年3月26日、オランダのユトレヒトで撮影された光の模様です。



写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.shareintl.org/magazine/old_issues/2017/2017-06.htm

ベンジャミン・クレーム氏によると、光の模様はマイトレーヤが宇宙の兄弟たちとの協働で現されています。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

星の形のミステリーサークル 

July 7 2018 crop circle

写真は下記サイトより
https://www.earthfiles.com/2018/07/07/july-7th-intricate-pentagon-crop-formation-in-wiltshire-england/

星は「人の子」の徴であるとベンジャミン・クレームは述べていたようです。

星の形のミステリーサークルは、先週書きましたように、2009年4月23日、2010年7月3日、2017年7月18日、イギリスの畑に現れています。

そして今年の7月7日、イギリスのウィルトシャー洲で星のミステリーサークルが目撃されました。

シェア・インターナショナルの記事によると、これはマイトレーヤの星を象徴するものであると考えられます。

「キリストが今ここにおられることを、彼の愛のエネルギーがわれわれすべてを包んでいることをわれわれに保証する意味もあるだろう」と記事の筆者ウィリアム・アレン氏は書いています。

https://mgz.sharejapan.org/2018/09/signs/1098

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

イギリスのミステリーサークル 

2009 crop circle

写真は下記サイトより
http://www.cropcircleuniversity.com/2009/04/23/2009-04-23-rutlands-farm-avebury/

ミステリーサークルの大半は火星と金星からやってくる宇宙船によって作られているようです。

下記サイトにミステリーサークルに関する記事があります。
https://mgz.sharejapan.org/2018/09/signs/1098

ベンジャミン・クレーム氏によると、宇宙の兄弟たちはミステリーサークルを名刺代わりにし、自分たちの存在をさりげなく私たちに知らせています。

同時に、ミステリーサークルは世界中につくられているエネルギーグリッドを構成するエネルギーの渦であるとのことです。

地球には網目状になっている磁気のグリッドがあり、宇宙の兄弟たちは同じようなグリッドを物質界に作っているのだそうです。

このエネルギーグリッドは将来、光のテクノロジーに使われるとのこと。

多くのミステリーサークルがイギリスの南西部に現れるのはマイトレーヤがロンドンを拠点とされていることを示唆しているそうです。

一番上の写真は2009年4月23日、イギリスのウィルトシャー州に現れたミステリーサークルです。

これはマイトレーヤがアメリカのテレビに現れることを知らせる「星」(正体は宇宙船)の形であることをクレーム氏の師であった覚者は確認されました。

クレーム氏によると、マイトレーヤは2010年1月にアメリカのテレビに出演されました。

下の写真は2010年7月3日、ウィルトシャー州に現れた星型のミステリーサークルで、マイトレー ヤのテレビ出演が続いていることを知らせていたようです。

2017 7 crop circle
写真は下記サイトより
http://cropcirclesdatabase.com/20100703UKwl

こちらは2017年7月18日、イギリスのウォーミンスター州に現れメタトロンキューブの模様のミステリーサークルです。
2017 July crop circle

写真は下記サイトより
https://galacticconnection.com/new-beautiful-crop-circle-warminster-wiltshire-18-july-2017/

師である覚者とテレパシーで会話していたクレーム氏が2016年に他界されたので、このミステリーサークルに関する覚者のコメントはありません。

でもメタトロン(ユダヤ教の天使)はマイトレーヤであるとクレーム氏が述べたことがあるので、こちらもマイトレーヤの存在を示すものであると考えられます。

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page